テーマ:ジャズ

♪Joe Pass - How High The Moon

今日のギターはジャズのソロで! ジャケットはJoe Passの「Virtuoso」(1973年)。 このアルバムはジャズ・ギタリストJoe Passによるソロ演奏集ですが正直言うともはやお手上げの1枚。ここまでくるともう私のキャパを超えてます(笑)。テクニックは凄いんだろうけど時折難解なアドリブが出現し原曲が見えなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Slow Move - Prism

ジャケットはPrismの「Second Thoughts / Second Move」(録音:1978年/レンタル入手)。 01 Shake Your Head 02 Daydream 03 Bang Your Head 04 Spanish Soul 05 Crystal Night 06 Slow Move 0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Sunspot Dance - 松岡直也

ジャケットは松岡直也のライブ「ウェルカム」(1983年)。 このアルバムが私のCDデビュー盤。栄えあるCDプレーヤー1号機と一緒に買ったものです。ただ、購入後わくわくしながら自宅へ向かいながらも別にレコードでもいいんじゃね?(汗)といった気持ちもありながらの帰宅でしたね。音質の良さには少々懐疑的だった(と言うか、こだわらなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Big Apple Jam - Manhattan Jazz Quintet

ジャズ入門に一役買った? ジャケットはManhattan Jazz Quintetの「The Sidewinder」(1986年)。 ちょっと前に雑誌「Jazz Japan」をぱらぱらと見ていたら彼らの記事を見つけたので、本日は懐かしいもうひとつのM.J.Q.ことManhattan Jazz Quintetのアルバムから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪誰かが誰かを恋してる - Dean Martin

ジャケットはDean Martinの「誰かが誰かを恋してる」(シングル・レコード/オリジナル・リリース:1964年)。 アメリカの喜劇俳優Jerry Lewisが亡くなったそうです、享年91。Jerry Lewisと言えばやはりDean Martinとの映画「底抜けコンビ」シリーズ、確か昔TVで放映してたはず。映画館で見た記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆スーパー・スター&スーパー・ライブ - Cobham/Khan/Johnson/Scott

ジャケットはB.Cobham、S.Khan、A.Johnson、T.Scottによるライブ・アルバム「スーパー・スター&スーパー・ライブ(Alivemutherforya)」(1978年:LP)。 かなりベタな邦題の付いた(笑)このアルバムは自分で買ったものではないので実際に聴いたのはリリースよりもだいぶ経ってから。Billy…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Once It's Gotcha - Carlos Santana & Hiram Bullock

Hiram Bullockを調べてたら面白い動画を見つけたので...。 ジャケットはHiram Bullockの「From All Sides」(1986年)。 これも爆買い中古です(笑)。 Hiram BullockもDavid Sanbornのバックで弾いているぐらいしか知らないのでリーダー・アルバムを聴くのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Danger Zone - Larsen-Feiten Band

爽やか系フュージョンと思いきや意外と○○だった? ジャケットはLarsen-Feiten Bandの「Larsen-Feiten Band」(1980年)。 これも先日爆買いした中古盤の1枚(笑)。Larsen-Feiten Bandの名前は知っていましたが聴くのは今回がはじめて。ジャケットの二人を見ても何となく爽やかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Upside Downside - Mike Stern

ジャケットはMike Sternの「Upside Downside」(1986年)。 ずっと音源の購入を我慢していたので溜まったストレス解消のため中古盤を爆買い(笑)。何気にフュージョンが多いのですがその中の1枚がこれ。今回入手したものの中では気に入ったアルバムのひとつ。Mike SternはMiles Davisのアルバム「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Morning Light - Prism

懐かしのフュージョン名盤がぞくぞくとCD化? そろそろ松岡直也の季節だなぁなんて何気なく検索してみたら、何と!松岡直也&ウィシングのあのロマンティック・バージョンがリリースされるとな!この7月に「J-FUSION 40th ANNIVERSARY SHM-CD COLLECTION 1300」とやらで出るらしい。効果音付きはあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Wild Is the Wind - The Dave Pike Quartet

ジャケットは、The Dave Pike Quartetの「Pike's Peak」(録音:1961年)。 今年はジャズがレコードに録音されてからちょうど100年ということらしい。「ジャズ批評5月号」には「ジャズ100年の名曲&名演」という特集が組まれていて、60人が選ぶジャズの名曲&名演が載ってました。 で、だいたいこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Basin Street Blues - Duke Ellington, Johnny Hodge

数十年越しの恋? ジャケットは「ヴァーヴ不滅の大全集:栄光のジャズメンたち」(?年:10LP)。 中学の頃だったか何気にジャズでも聴いてみようと思ったら、ちょうどいい具合に(笑)そばにあったのがこの「栄光のジャズメンたち」。それほどジャズに深い関心があったわけでもないのであまり楽しめたとは言えませんが、それでもそこそこ気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Honky Tonk - The Gadd Gang Live

ジャケットは、The Gadd Gangの六本木ピット・イン・ライブ「The Gadd Gang Live」(1988年:LD)。 先日のJimmy Smithのアルバムに収録されていた「Honky Tonk」でひらめいたぞ~!なグループがThe Gadd Gang。ほぼStuffなメンバーにサックスをフューチャーしたStev…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Prime Time - Jimmy Smith

ジャケットは、Jimmy Smithの「Prime Time」(1989年)。 ジャズ、ブルースと言えばギターとともに欠かせないのがやはりオルガン、と言うことで本日はジャズ・オルガンの第一人者Jimmy Smithのアルバムから。 このアルバムは彼の作品の中では比較的新しいもので、時代もあるのか全体的に洗練された演奏なが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆不思議ちゃんだったLarry Coryell

ギタリストLarry Coryell死去。享年73。就寝中のベッドで亡くなっていたそうです。自然死だとか。ん~実は彼のことを取り上げようと関係する音源を整理していたところだったんですよね。LPやLDが多いこともありまだあまり聴いてないのですが...以前紹介したものもありますがとりあえず以下がその全音源です。 ♪「Duster」:G…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Midnight Blue - Kenny Burrell

「ジャズはブルースだ!」...なんてかっこいいこと言ってみた~い!(笑) ジャケットは、Kenny Burrellの「Midnight Blue + 2」(1989年/オリジナル:1963年)。 ジャズは時として聴くものにも何か難しい解釈を求めてくる(と感じている)ので、あまり深入り出来ず何だか宙ぶらりんのまま来ているわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ニューヨークの想い - Keiko Lee

前回に続きブックオフ入手盤第2弾!(笑) ジャケットは、Keiko Leeのベスト盤「Voices」(2002年)。 Keiko Leeの音源はカセットしか持ってなかったのでこれは嬉しい!とにかく彼女の歌声は大好きである。前にも似たようなことを書いたかもしれませんが、ジャズ・ヴォーカル、特に女性ヴォーカルはともすればチャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪あなたに逢うまで - Duke Ellington & Count Basie

ジャケットは、Duke Ellington & Count Basieの「First Time!(The Count Meets The Duke)」(1986年/録音:1961年)。 ジャズと言ってもJohn Coltraneの「至上の愛(A Love Supreme)」(1965年)あたりを聴いてもよくわかんない人なので(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Al Di's Dream Theme - Al Di Meola

寺内タケシを聴いてたらAl Di Meolaが聴きたくなった...。 ジャケットは、Al Di Meolaの「Original Album Classics(5CD)」(2010年)。 これはAl Di Meolaのソロ・デビュー作「白夜の大地(Land of the Midnight Sun)」(1976年)から5枚目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪So Far Away(Live)- The Crusaders

ジャケットは、 The Crusadersのライブ「Scratch(Live At The Roxy)」(1974年:LP)。 ブラス、管楽器といえばやはりThe Crusadersも忘れがたい。彼らを聴き始めた頃は「ジャズ=大人の音楽」なんてイメージがあったので、何とな~く大人の仲間入りをしたようなちょいといい気分になれるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Guernica - Lenny Whiteほか

ジャケットは、Lenny Whiteプロデュースによる「The Griffith Park Collection」(1982年:LP)。 これは錚々たるメンバーによるジャズ・アルバムで、アコースティックなChick Coreaとしては「Three Quartets」(1981年)に続いてリリースされたもの。ん~、今聴くと結構楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Summertime - 伊藤君子

ジャケットは、伊藤君子のベスト「The Best of Kimiko Itoh」(1992年)。 昨日ちょっと話題に出した伊藤君子のアルバムがこれ。笠井紀美子がファンキー路線ならこちらはしっとり路線。このアルバムの収録作品もまぁよく知ったものばかりで耳に優しいです。で、聴きなおしてみたらやはりこちらもよかった(汗)。意外と言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪The Right Place - 笠井紀美子

只今、宝の持ち腐れ解消のため縁遠かった音源を探索中。お宝をまた1枚発見しましたよ~! ジャケットは、笠井紀美子のベスト「Love Me」(1984年)。 ジャズ、フュージョン・ヴォーカリスト(だった)笠井紀美子は、現在は宝飾デザイナーだそうで、歌手は引退されたみたいですね。そんな彼女のこのアルバムはあまり聴かなかったもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Do It Again(Live) - Deodato

掘り出し物めっけ! ジャケットは、Deodatoのベスト盤「Deodato」(1982年:LP)。 レコード・プレーヤーを購入してからのLPの旅で特に印象深いのがこれ。このアルバムを聴くのは何十年ぶりだろう?(汗)これを買った当時はあまり面白くなかったのに今聴くとめっちゃ楽しい。その頃はメリハリがあってガツンと盛り上がる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪101 Eastbound - Fourplay

こちらは少数精鋭で! ジャケットは、Fourplayの「Fourplay」(1991年)。 これは前回の大所帯とは打って変わってグループ名その名のとおりの4人編成によるスーパー・フュージョン・グループFourplayのデビュー・アルバム。彼らはメンバー・チェンジをしながらも現在も活動中のようですが、聴いているのは2枚目ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪サヴォイでストンプ - Michel Legrand

レギュラー価格でほんとにいいの? ジャケットは、Michel Legrandの「Legrand Jazz Alpha Plus」(1987年/録音:1958年、1962年)。 Michel Legrandと言えば名作「シェルブールの雨傘(Les Parapluies de Cherbourg)」に代表される映画音楽の作曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Easy Evil - Larry Carlton

「♬僕、僕、歌っちゃいます、おさえきれずに~...」 ジャケットは、Larry Carltonの「Singing / Playing」(1973年:LP)。 これはLarry Carltonの2ndアルバム。ちょうどThe Crusadersのアルバムを買い揃えているときに(ついでに...汗)買ったものかと。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Travels - Pat Metheny Group

ジャケットは、Pat Metheny Groupのライブ・アルバム「Travels(2CD)」(1983年)。 これはスタジオ・アルバム「Offramp」(1982年)リリース後に出されたライブ・アルバム。ライブとは言えスタジオ・アルバムを含めた初期の作品の中では1,2を争う大傑作ではないかと。 それまでリリースされたア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆「Jazz LP Record Collection」創刊号はMiles Davis!

ついに出ちゃいました、LP付きマガジン「Jazz LP Record Collection」。そこまで来たか!といった感じ。それほどまでにレコード・ブームが来ているんでしょうか。ちょっとびっくり。今回も創刊号は低価格990円でレギュラー価格は2,980円だとか(ただし第2号は1,990円)。ん~、私は(興味がわかないので)買わない、いや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆多くの名ピアニストに出会える楽しいセット:♪Blue Concept - Nat Adderley

ジャケットは、Nat Adderleyの「Eight Classic Albums」(2013年:4CD)。 ジャズも少々クラシックに似てるところがあって「自分にあう作品を探す」ということに加え「自分の好む演奏を探る」必要があるので、何だか面倒臭いなぁ、なんて思いもあったせいかマイ・ブーム期間は短く(汗)結局は口当たりの良いフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more