☆Lyle Maysが亡くなっていたなんて...♪燃えつきるまで - Mark Isham

  ジャケットはMark Ishamの【Film Music】(1985年) 何とLyle Maysが今年の2月に逝去。ん~全然知りませんでした。かなりのショック...。享年66。同年代の相棒Pat Methenyが今もって精力的に活動しているしまだ亡くなるには早いですよね。 実はメセニー・グループとしては少々異色とも思えるア…
コメント:0

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ22:♪Sandu - Keith Jarrett

Keith JarrettもPat Methenyと同様ある時期から新譜をまったく聴いてなかったので手に入れやすいものから聴いてます。なのでアルバムのセレクトには計画性はなく行き当たりばったり (^^; 。ま、何を聴いてもまずはずすことはないのでその辺もPat Methenyと同じですね (^^) 。   ジャケットはKeith…
コメント:4

続きを読むread more

☆まもなく桜が咲こうというのに...♪狂詩曲「春の始まり」 - フランク・ブリッジ

写真がへたくそで分かりづらいか (^^; 。昨日近くの公園でここだけ桜の開花を見ました。あと2、3日もすればどっと咲いてくるかも。しかしながらこのウィルス禍で何となく愛でるという気分にはならないのですね...とは言え否応なしに春はやって来るわけで、願わくば早く収束して穏やかな春の朝を迎えたいもんです。   ジャケットは【ブリ…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード118:♪Before You Walk Out Of My Life - Monica

  ジャケットはMonicaの【Miss Thang】(1995年) これはMonicaのデビューアルバム。10代半ばでのデビューは早熟のシンガーとして大きく取り上げられていたと思う。その後、Brandyとのコラボも話題に。ウィキペディアによれば今も活躍している模様。 Monicaで聴いているのはこれ1枚。このアルバムがリリー…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル116:♪T-Bone Shuffle - T-Bone Walker

【ブルース&ソウル・レコーズ】の最新号は多くのミュージシャンの憧れの的、モダン・ブルース・ギターの父と言われるT-Bone Walkerの大特集! 表紙は【ブルース&ソウル・レコーズ No.152】(2020年4月号) ここには1972年のロング・インタビューの他、アルバム解説、代表曲「Call It …
コメント:0

続きを読むread more

☆ちょい渋極上のギター・アルバム...♪Sahara - Camel

何故かただいまプログレ・モード。もう1枚お付き合いくださいまし (^^) 。   ジャケットはCamelの【Rajaz】(1999年) これは昨年暮れに手にしたもの。Camelもオリジナルをあまり聴いてなかったので興味があったこちらを入手。BGM的に聴いたせいか正直最初はあまりピンと来ず何となく終わってしまった (^^; 。し…
コメント:2

続きを読むread more

☆美しくポップなプログレを!...♪Isadora - Illusion

  ジャケットはIllusionの【醒めた炎(Out of the Mist)/幻想の翼(Illusion)】 (2in1CD/オリジナル:1977、1978年) Illusionはイギリスのプログレ・バンドRenaissanceのオリジナル・メンバーを中心として1977年に結成されたバンド。バンド名はRenaissanceの2n…
コメント:2

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ21:♪Birk's Works - Junior Mance

ジャケットはJunior Manceの【Junior】(録音:1959年) これはジャズ・ピアニストJunior Manceの名盤とされるもの。のけぞるくらいに気持ちいいブルースがいっぱいです (^^) 。解説によればJunior Manceはブルースの名手で、Oscar PetersonがアイドルでありそのOscar Peter…
コメント:0

続きを読むread more

♪レクイエム - アンドリュー・ロイド・ウェッバー

もういっちょレクイエムを!再び現代に舞い戻ってきました (^^) 。 ジャケットは【アンドリュー・ロイド・ウェッバー:レクイエム】(録音:1984年) このアンドリュー・ロイド・ウェッバー(Andrew Lloyd Webber:1948年3月22日~、イギリスの作曲家)の「レクイエム」ですが、巷ではわりと人気があるにもかか…
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウル・バラード117:♪Love At Second Sight - Dionne warwick

  ジャケットはDionne warwickの【Friends】(1985年) このアルバムを手にした頃はまだDionne warwickをよく知らなかったはず。なのでお目当ては楽曲「愛のハーモニー(That's What Friends Are For)」でありElton John、Stevie Wonderといったアーティストだ…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル115:♪Shotgun - Jr. Walker & The All Stars

  ジャケットはJr. Walker & The All Starsの【Shotgun】(オリジナル:1965年) このアルバムも例のガイドブックに掲載され以前から気になっていたもの。昨年暮れ入手。 そのガイドブックによればJr. Walker & The All Starsはヴォーカル&インスト・グループのハシリでファンキー…
コメント:2

続きを読むread more

☆ザ・ロック・レクイエム...♪Gypsy Soul - Tommy Bolin

先日ジャズの本を探していたらこんなものが出てきました。   表紙は「The Rock'n Roll Requiem」(1991年/監修、訳:宝島編集部) これはイギリスのプレクサス社が出版した「The Day The Music Died」を翻訳、再編集したものだそうです。内容は英米の著名な評論家が夭折したロック、ソウルの天才…
コメント:2

続きを読むread more

♪レクィエム - ジャン・ジル

「レクィエム」をただボケ~っと聴いていてもしょうがないので (^^; こういったものを入手してみました。 表紙は【レクイエム・ハンドブック】(高橋正平著) 初版は90年代とそこそこ古いもの。私はほぼ送料だけという中古でゲットしましたが (^^; 今でも現役で流通していて「レクィエム」の解説書としてはベストセラー的存在なのかも…
コメント:0

続きを読むread more

☆こりゃたまらん!...♪朝日のようにさわやかに - Keiko Lee

  ジャケットはKeiko Leeの【Fragile】(2009年) 昨年ちょっと話題に上げたこのアルバムですが私が聴いたKeiko Leeの作品(5枚ほど)の中ではひときわ味わい深い1枚に。ヴォーカルが魅力的なのはもちろんのこと選曲とともにバックがまた良ろしい!ワンホーン(サックス)カルテットにパーカッションというほぼアコースティ…
コメント:0

続きを読むread more

♪Love, Peace, Happiness - The Isley Brothers & Santana

CDをレンタルするようになってからは何かと借りただけで済ますケースが多い。ここにきて借りっぱなしのアルバムをぼちぼち買い直している。特にSantanaは新しいものでもお手頃価格の中古が出回っているので購入が進む。ただ、ありがたいことはありがたいですが嬉しいかどうかはビミョーですな (^^; 。   ジャケットはThe Isley…
コメント:2

続きを読むread more

☆心が洗われるぜ!...♪レクイエム - ジョン・ラター

何曲かレクイエムを聴いた。それも3大レクイエムのようなよく知られたものではなく隠れた名曲のような作品を。レクイエムは宗教的側面はさておき (^^; 聴くだけで癒しをもらえるのがいい。声楽作品が少々苦手な私でもそれなりに楽しめちゃう。本日は中でも飛び切り癒された1枚をご紹介。 ジャケットは【ラター:レクイエム、宗教音楽集】(録…
コメント:2

続きを読むread more

♪The Last Waltz - The Band

ジャケットは映画【The Last Waltz】(2DVD/オリジナル:1976年) これはThe Bandの解散コンサートの模様を映画化したもの。昨年の映像作品まとめ買いセールで入手。 この作品は学生時代友人に連れられて見に行った記憶があります。当時はブリティッシュ・ハードのようなやかましいものばかり聴いていたので、正直あ…
コメント:2

続きを読むread more