☆心洗われる作品の数々...♪グリーグ:ピアノ独奏曲集

  ジャケットは【グリーグ:ピアノ独奏曲集(14CD)】(録音:1993-1994年) ピアノ演奏はアイナル・ステーン=ノックレベルグ パソコンとともに私を財政難に陥れたのがこれ。今年はもうCDには手が出せないな (^^; 。ま、とにかくどうしても欲しかったセットです。   ジャケットは【グリーグ:ピアノ曲全集(12CD)…
コメント:0

続きを読むread more

♪Death Letter - Cassandra Wilson

  ジャケットはCassandra Wilsonの「New Moon Daughter」(1996年) Cassandra Wilsonもとりあえずこのアルバムしか聴いてないですがこの人も古いスタイルとは無縁の独自スタイルで聴きやすかったです。生音中心で極シブながらディープ、それになかなかポップで美しさも。ハスキーで低い声というのも…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード114:♪That'll Be the Day - Big Jim

  ジャケットはBig Jimの「Commitment Episode 1」(2003年) これはあのIII Frum Tha SoulのメンバーのひとりJimmy JohnsonことBig Jimのソロ・アルバム。III Frum Tha Soulはなんてったって1stが凄すぎてその他の関連アルバムはなかなか聴く機会がないのですが…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル110:♪Changes - King Curtis

本日はインストで!   ジャケットはKing Curtisの「Live at Fillmore West」(オリジナル:1971年) これはアメリカのR&Bサックス奏者King Curtisのソウルフルな傑作ライブ。 ボーカル・レスとは言えサックスをはじめソロはよく歌い、Procol Harumの「青い影(A White…
コメント:0

続きを読むread more

☆おめでとう!南アフリカ!...♪Cherry Bomb - The Runaways

大方の予想はイングランド有利だったかな?でもやっぱり南アフリカは強かった! とにかく鬼のようなディフェンスでしたね (^^) 。あれだけ勢いのあったイングランドを実質シャットアウトは凄すぎ!これでジャパンの健闘も立証されたかな。あ~でも終わっちゃいましたね。寂しいですがしばらくは録画見てその余韻を味わいたい。 本日の音楽はた…
コメント:0

続きを読むread more

♪弦楽四重奏曲変ホ長調 - アーネスト・ジョン・モーラン

本日はほのぼのとするような音楽を。   ジャケットはモーランの【弦楽三重奏曲、弦楽四重奏曲集】(録音:1995年) 演奏はマッジーニ四重奏団 先日、マッジーニ四重奏団の「イギリスの弦楽四重奏曲集(20CD)」がリリースされた。彼らのアルバムは何枚か持っていて重複もあるのですがぜひとも欲しいところ。マッジーニ四重奏団の演奏は好…
コメント:0

続きを読むread more

☆当日限り!無理やりランキング~!...プログレ編

プログレッシブ・ロックも意外と馴染みの曲が決まっているのでランキング化してみた。 いわゆる5大プログレと言われるグループではPink Floyd、King Crimson以外はあまり聴かないかも。私的にはもっとイタリアン・プログレを入れたいところですがバランスを取ってこんな感じで (^^) 。1位は生涯不動、2~3位と4~10位が…
コメント:0

続きを読むread more

♪Who Else - Poco

イングランドつよ!エディー・ジョーンズ恐るべし!ジャパンvsイングランドもまんざら夢でもなかったか...。 ところで今回のラグビーW杯での印象的な出来事のひとつはやっぱりスコットランド戦を前にしたリーチ主将の「ボコりたい!やっちゃいます!」発言。結構衝撃的でしたよ。主将がそんなこと言っちゃっていいの?みたいな。気持ちは良くわかりま…
コメント:0

続きを読むread more

♪Livin' On A Prayer - Bon Jovi

もう拡散した情報かな?朝の情報番組で紹介された映像が面白かったのでちょっとだけ。 アメリカの地下鉄だったか、走行中の車内で乗降口のドアから外を眺めながらヘッドホンステレオに没頭している一人の男性。かなり入れ込んでいるらしくほとんどまわりは見えていないのかBon Joviの「Livin' On A Prayer」を本気で歌っている。…
コメント:0

続きを読むread more

☆やっぱり南アフリカは強かった!...♪Mack The Knife - Barney Wilen

対南アフリカ戦もまた大熱戦でしたね! スクラム、ラインアウト、モール、ラックのほとんどを支配していた南アフリカに対し、満身創痍の中最後まで切れずに戦ったジャパンも凄かった!あまり得点差を感じさせない見ごたえのある試合でした。 とは言え一方で南アフリカの手堅い試合運びも光りました。攻めよりも守りの意識が強…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル109:♪Just Like Magic - Lovesmith

Michael Jacksonでひらめいた!   ジャケットはLovesmithの【Lovesmith】(オリジナル:1981年) Michael Lovesmith率いる3兄弟による70年代のスウィートなヴォーカル・ユニットThe Smith Connectionが母体となり、そこにもう一人兄弟を加え4兄弟になったヴォーカル…
コメント:0

続きを読むread more

☆ありがとう、ラグビーに感謝!...♪行進曲「威風堂々」第1番ニ長調 - エドワード・エルガー

対スコットランド戦は死闘だった。 最後の20分、互いに点は入らずも意地と意地のぶつかり合いは見事! ジャパン勝利のノーサイド・ホイッスルに泣けた~! その日は、 カナダ・チームのボランティア参加に泣き、 スコットランド戦の激闘に泣き、 そして翌日、 試合再放送でもまた泣いた (^^;) 。 不思議とラグビーはどの…
コメント:0

続きを読むread more

♪Heal The World - Michael Jackson

  ジャケットは【The Essential Michael Jackson】(2005年:2CD) これはMichael Jacksonの全経歴にわたりコンパクトにまとめたベストであまり詳しくない私には好都合なアルバム。 実は前回取り上げたアルバム【Dangerous】の前に購入していたのがこれ。この【The Essenti…
コメント:0

続きを読むread more

☆再び猛烈な台風がやってくる...♪アルバム【Dangerous】 - Michael Jackson

先月の台風15号は強烈でした。停電もあり真っ暗な中、強風、大雨、そして轟音とともに揺れる家。2時間ほど続きほんと怖かった。 結果、我が家のバルコニーも崩壊。遺跡にもなりそうな家なのでそんなこともあろうかとは思いましたが、でもまさかこれほどとは。 ただその時は停電は午前中に解消され断水もなし。今もご苦労されている方々を思え…
コメント:0

続きを読むread more

☆今宵はこんな映像で...♪Live In Paris - Diana Krall

  ジャケットはDiana Krallの【Live in Paris】(2002年:DVD) ついに映像にまで手を出してしまった。日本仕様ではない(リージョン1)というのもあってかごっつ安かった。案の定我が家のプレーヤーでは見られずパソコンで鑑賞 (^^;) 。 ジャズ・ボーカルはイマイチ苦手でこれまであまり聴いてこなかったの…
コメント:2

続きを読むread more

☆サモア戦勝利!...♪アイズのテーマ - Barbra Streisand

サモア戦勝ちましたね!(^^) いやぁ~応援には力も入りアイルランド戦より疲れた (^^;) 。絶対勝ってほしい!みたいな気持ちが強かったのかも。 実際サモア戦は結構苦戦してました。相手の圧力に前半からジャパンには疲労の色も。解説ではサモアがもっと個の力で縦に突進してたらやばかったと。とは言え結果はボーナスポイント付き勝利!…
コメント:0

続きを読むread more

☆秋めいて...♪Love Your Spell Is Everywhere - Curtis Fuller

ようやく気持ち玉が復活しましたね。とは言えそれほど手放しでは喜べないかな。 クローラーとかの扱いを変えた関係でアクセス数が激減してます。折しもラグビーW杯で気持ちも高揚している今、盛り下げてどうすんだ!って感じ。より実態に則したリニューアル前の数値に戻したと言うことなんでしょうが、理由がどうあれ数が減るのは何だか寂しい。やけに秋風…
コメント:0

続きを読むread more

☆当日限り!無理やりランキング~!...交響曲編

無謀な企て第2弾! 何ともやっかいなものをはじめたもんで、ふと気がつくと頭の中はランキングの嵐!この企画だったらどうだ?とかそんなことばかりの日々 (^^;) 。 そんな中、順位はともかくすっきりセレクト出来たのが交響曲。自分にはまだクラシックの歴史が浅い分視野も狭く好みの作品を取り出すのは意外と簡単。最後の1曲だけは何だか…
コメント:2

続きを読むread more