☆続・こんなアルバムが出ていたなんて...♪【Chocolate cosmos】 - 玉置浩二

  ジャケットは玉置浩二の【Chocolate cosmos】(2020年) これは昨年暮れにリリースされた模様。じぇんじぇん知らなかった (^^; 。 セルフカバー・アルバムと言うことらしいですが同じくセルフカバーの【Offer Music Box】とはかなり印象が違いますね。おそらく【Offer~】の方はオリジナルを知って…
コメント:0

続きを読むread more

☆こんなアルバムが出ていたなんて...♪【Live In Tokyo '79】 - Chick Corea

先日カセットに録音したLive Under the Skyでの「Spain」を聴きまくったと書きましたが、何と!その音源がリリースされてたんですね!思わず手が (^^) 。   ジャケットはChick Coreaの【Live In Tokyo '79】(2021年) Chick Corea:key Tony Williams…
コメント:0

続きを読むread more

☆ベスト盤は2枚組がベスト?...♪Jolene - Olivia Newton-john

ベスト盤は未知のアーティストを手っ取り早く知るにはいいと思う一方でお気に入りのアーティストにドップリ浸るのにもこれまた最適な企画ですね。選曲の問題と言うのはどうしても付きまといますがほとんどの場合代表曲は収録されているわけだし多少はしょうがないかな。 で、今回はドップリ浸る場合のお話。自分の感覚ではどうもCD1枚では物足りない…
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウル・バラード129:♪My Dream - The Softones

  ジャケットはThe Softonesの【The Softones/Black Magic】 (2in1CD/オリジナル:1973/1977年) これはファルセットのソロが魅力のボーカル・グループThe Softonesの1、2枚目(間にライブ盤が1枚あり)。彼らはとてもポップなグループで帯の解説にはThe Stylistics…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル129:♪Candlelight Afternoon - Phyllis St. James

  ジャケットはPhyllis St. Jamesの【Ain't No Turnin' Back】(オリジナル:1984年) これは例のガイドブックに掲載はなくどこで興味を持ったか覚えてないですが、ジャケットが記憶に残っていて一度は聴いてみたかったアルバム。昨年たまたま掘り出し物中古を見つけゲット \(^^)/ 。Phyllis S…
コメント:0

続きを読むread more

☆なるほど!ザ・カラヤン...♪交響曲第1番ハ長調 - ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

今現在ベートーヴェンの交響曲で好きなのは「第4番変ロ長調」と「第7番イ長調」。多分カルロス・クライバーの影響が大きい。ベートーヴェンの作品に相応しい表現かどうかわかりませんが、クライバーによる演奏のウキウキする感じが楽しいのですね。なので「第5番ハ短調 (運命)」もやはりカルロス・クライバー/ウィーン・フィルがいいのですが、ただなぜか冒…
コメント:0

続きを読むread more

☆デュエット・ソング42:♪Two To Tango - Al Di Meola & Chick Corea

Chick Corea逝く。享年79。 数年前にはJoe Sample、松岡直也が逝き、昨年はLyle Mays。Keith Jarrettは復帰が難しいと言われ、今度はChick Coreaが逝った。贔屓のピアニストたちがこう次々と倒れていくとやはり寂しいですね。 Chick Coreaを最初に聴いたのは高校生の頃。多分R…
コメント:0

続きを読むread more

☆これは宝探し的?...♪Empires Never Last - Galahad

ジャケットは【- Greatest Ever! - Prog Rock:The Definitive Collection】(3CD:2012年) 今回の企画ものはプログレッシブ・ロック。その内容はと言えばプログレ・ファンなら知っているアーティストの作品はそれなりには収録されているが本当にポピュラーな名曲と言えるのは1曲目の「R…
コメント:2

続きを読むread more

☆江戸っ子だってねぇ...♪東京 - マイペース

昨年のいつ頃だったか小型機墜落のニュースを見ながらの会話。 A 「なに?機体から出血?」 B 「違うよ、死体から!」 A 「死体でもおかしいだろ?」 B 「死体じゃなくて、し・た・い!!!」 A 「???」 結局「額(ひたい)」だったという実話ですよん (^^) 。最初に何も考えず軽い気持ちでおバカなことを口走ったA…
コメント:0

続きを読むread more

☆テーマソングの宝石箱や~!...♪うわさの男 - ハリー・ニルソン

ジャケットは【NOW 100 Hits Movies】(5CD:2019年) 今回の廉価セットは映画、TVドラマのテーマソング集。ここのところこういった企画ものに嵌っている。最近のものは価格もさることながら意外とやっつけ仕事感がないのもその理由。このセットで言えば音質も問題なく新旧いろんな音源が使われているにもかかわらず音量のバラ…
コメント:2

続きを読むread more

☆バリトン・ギターを聴く...♪My Song - Pat Metheny

本日のバリトンはギターでやす!   ジャケットはPat Methenyの【One Quiet Night】(2003年) これはPat Methenyのバリトン・ギターによるソロ作品の第1弾。過去に紹介した同じくバリトン・ギター・ソロ作品第2弾【What's It All about】(2011年)は名曲ばかりのオール・カバー…
コメント:0

続きを読むread more

☆バリトンを聴く...♪バリトン三重奏曲 - フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

  ジャケットは【ハイドン:バリトン三重奏曲選集】(4CD/録音:2006-2008年) 演奏はエステルハージ・アンサンブル バリトンと言っても声楽ではなく弦楽器。ウィキペディアによればヴィオラ・ダ・ガンバと似た擦弦楽器でネックの表には6~7本のガット弦が裏には9~24本の金属の共鳴弦があるという。共鳴弦は指で爪弾いて音を出すこと…
コメント:0

続きを読むread more

♪My Sentimental Friend - Herman's Hermits

前回からさらに時代はさかのぼり60年代へ。   ジャケットは【The Best Of Herman's Hermits】(1998年) イギリス出身のHerman's Hermitsは1960年代に活躍したポップ・バンド。最近知ったバンドですが本国イギリスはもとよりアメリカ、この日本でもかなり人気のバンドだったらしい。これは国…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード128:♪I Believe In You - Joe

ジャケットに一言「立つんだジョー!」(^^; 本日は優しいバラードを!   ジャケットはJoeの【My Name Is Joe】(2000年) このアルバムも久しぶりに聴いたもの。 例のガイドブックにはR.Kellyフォロワーと書かれているJoeさん。R.Kellyもそんなに聴いているわけではないですが確かに曲調にして…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル128:♪Been So Long - Anita Baker

  ジャケットはAnita Bakerの【Rapture】(1986年) これはクワイエット・ストームの代表作として必ずと言っていいほど名前の上がるアルバム。実際に手にしたのは昨年ですが聴いたのは随分前のこと。ソウルを本格的に聴き始めて間もなくの頃、レンタルで。 第一印象は芳しくなかったですね。そのジャズっぽいヴォーカル・スタ…
コメント:0

続きを読むread more

☆当日限り!無理やりランキング~!...木住野佳子オリジナル作品編

木住野佳子のオリジナル作品のランキング。ベストや企画ものを除けばオリジナル・アルバムはほぼ揃ったので(2013年の【Hope】までですが)やってみようかなと。彼女は演奏も素晴らしいですがオリジナル作品もまた魅力のひとつなんですよね。現状ではご覧の12枚を所有。【You Are So Beautiful】(1999年)と【Timesc…
コメント:0

続きを読むread more

☆何となく目に付いたので...♪One Chance - Eric Clapton

  ジャケットはEric Claptonの【Pilgrim】(1998年) これも随分ご無沙汰な気がする。クラプトンはベストほかほぼ企画ものしか聴いてないのでそんなに詳しくないのですが、打ち込み主体のこのアルバムは少々異色なのかな?と。かすかな記憶ではリリース当時はあまり評価されてなかったような。今はレビューなど見ると人気あるみたい…
コメント:0

続きを読むread more

☆1月の季語は初物づくし...♪夜想曲 - ジュゼッペ・マルトゥッチ

昨年ちょっと話題にした「365日季語手帖」ですが1月の季語には「初」が付くものが多い。「初東風(はつごち)」「初日」「初明り」「初詣」「初春」「初雀」「初笑」など。情緒的にみればどれも正月気分の似たようなものでひとつひとつ別々に俳句を詠むとなると難しい。そんなに発想が浮かびません (^^; 。 表紙は【超カンタン俳句塾】(20…
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウルに燃える...♪Am I Wasting My Time? - Eli "Paperboy" Reed

  ジャケットはEli "Paperboy" Reedの【Roll With You】(2008年) 最近はジャンルを問わず新たにアルバムを入手するにしても既出のものが多くリアルタイムの音楽に対する関心は何気に薄い (^^; 。ただこのアルバムのリリース時は確かまだ情報誌の新譜記事などはそこそこ気にしていた頃でこのアルバムの評価が高…
コメント:0

続きを読むread more