☆高橋真梨子「THE BOX」を買う!:♪So in Love

ジャケットは高橋真梨子の「THE BOX」(2001年:11CD)。 以前からず~と初期の作品の音源が欲しいと思っていて、でも最初期のものはレンタル出来ないようだし懐具合とかいろいろあって(笑)結局あ~だこ~だ悩んだ末この「THE BOX」を買っちゃいました。 廃盤になっている高橋真梨子の初期のアルバムを手に入れようとすれば…
コメント:0

続きを読むread more

♪New Native - 菊地雅章(feat.日野皓正)

日野皓正が旭日小綬章に選ばれたということでまずはここ↓から。 ジャケットは菊地雅章の「ススト」(CD選書盤/オリジナル:1981年)。 とにかく日野皓正のオリジナル・アルバムは一枚もないので(汗)彼の演奏しているものが何かないかな?と見つけたのが菊地雅章の名盤とされるこの「ススト」。このCD選書盤はおそらく90年代に初CD化…
コメント:0

続きを読むread more

☆ザ・懐メロ:♪青い影 - Procol Harum

昨年のシルバー川柳に「懐メロが新し過ぎて歌えない」と。なかなか実感ですね。安室ちゃんが懐かしいとか言われてもピンと来ないです(汗)。やっぱり懐メロはここ↓までこないと(笑)。 ジャケットはProcol Harumの「青い影」(1978年LP/オリジナル:1967年)。 オルガン・ロックの金字塔。たとえロック・ファンじゃなくて…
コメント:0

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ17:♪The Island - 木住野佳子

もう抜け出せない~! 現在とにかく木住野佳子にドはまり中。このままだと延々と彼女の演奏が続きそうなので本日はまとめて思いの丈を。思いつきで好き勝手に書いちゃうのでこの先は話半分ならぬ1/4程度でよろしく!(笑) 特殊な企画ものを除けば彼女のアルバムはほぼ揃った(借り物が多いが...汗)。たぶんワン・アーティストのインスト作品…
コメント:0

続きを読むread more

♪交響曲ハ長調 - リヒャルト・ワーグナー

ジャケットはワーグナーの「交響曲ハ長調、ジークフリート牧歌」(録音:1978年)。演奏はハインツ・レグナー指揮/ベルリン放送交響楽団。 先日ある方のブログでワーグナーに未完の交響曲があることを知り(Thanks!)こんなアルバムを引っ張り出して来ました。なるほどこのアルバムの解説にも第1楽章だけで破棄された交響曲の存在が書かれてま…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル100:♪Give Me Just A Little More Time

ジャケットはThe Chairmen of the Boardのベスト「Give Me Just A Little More Time」(2002年)。 前回のThe Intrudersで思い出したThe Chairmen of the Board。別に似ているとかではなくクセの強さで(笑)。例のガイドブックによれば彼らは4人組ヴ…
コメント:0

続きを読むread more

☆令和と決まったそのときに:♪交響曲イ調 - イルデブランド・ピツェッティ

新元号が「令和」に決まっていの一番にしたことは...単語登録~!「れいわ」と打っても変換してくれないのでね(笑)。一方TVでは手話の表現をどうするか?と。なるほど手話も決める必要がありますね。「令和」は胸の前で上向きにつぼみの如き指を閉じ、腕を前に押し出しながらゆっくりと指を開いていくらしい。 せっかくなので他の元号も調べてみまし…
コメント:0

続きを読むread more

♪Slave To Love - Bryan Ferry

ジャケットはBryan Ferryのベスト「The Ultimate Collection」(1988年)。 自分にとってBryan FerryはCMで流れていた「Slave To Love」と「Don't Stop the Dance」が全てと言ってもいい存在。Roxy Music時代、ソロ時代ともにオリジナル・アルバムは未聴で…
コメント:0

続きを読むread more

☆令和初日にはじめての...♪二人の架け橋 - Bread

令和初日、乃が美のパンをはじめて食す! 普段朝はお手軽なのでパン食にしてますが実は生粋のご飯党。基本的にパッサパサが苦手。パンが嫌いなわけではないですがクロワッサンとかパイ生地とかのどを通りづらいのがね(汗)。なのでパンにはあまり興味がなかったこともあり乃が美のパンを食するのはこれがはじめて。ふんわりしっとり甘みもあって旨…
コメント:0

続きを読むread more

♪シンフォニア・ダ・レクイエム - ベンジャミン・ブリテン

ジャケットはBBC Radio Classicsシリーズからの1枚で「ブリテン:シンフォニア・ダ・レクイエムほか」。 4/12に東京芸術劇場コンサートホールで開かれた天皇陛下ご即位30年奉祝コンサートでは皇紀2600年奉祝曲(1940年に当たる日本の紀元2600年を祝うために作曲された曲)のひとつ「交声曲『海道東征』」が演奏された…
コメント:0

続きを読むread more

♪孤軍 - 秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンド

ジャケットは秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンドの「孤軍」(オリジナル:1974年/レンタル入手)。 1. Elegy 2. Memory 3. 孤軍 4. American Ballad 5. Henpecked Old Man あまり聴く機会のなかった秋吉敏子でしたが名盤のひとつとされるアルバム「孤軍」を聴いてみ…
コメント:0

続きを読むread more

☆パイプオルガンを聴く

ジャケットは「トッカータとフーガ」(1995年)。演奏はパイプオルガン:松居直美。 先日のノートルダム大聖堂の火災。ニュースでは演奏家のパイプオルガンを心配する声が。なるほどパイプオルガンは聖堂の顔と言える存在なんだなぁと。そのオルガンは消火時の事故による損傷はあるものの焼失は免れ復旧は可能らしい。その他の文化財、美術品もほぼ無事…
コメント:0

続きを読むread more

☆さらば愛しきルパンよ...

ジャケットは「ルパン三世:メモリアルボックス」(1990年:LD7枚組)から新ルパン三世「死の翼アルバトロス/さらば愛しきルパンよ」2話収録LD。 モンキー・パンチさん死去。享年81。 初代ルパンの山田康雄さん、納谷悟朗さんといった声優陣も亡くなりついに原作者も逝ってしまった。まもなく平成が終わり令和が始まろうとしている今、…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード106:♪Young Doctor Feel Good - Blu

ジャケットはBluの「Out Of The Blu」(1995年)。 このアルバムはBluことByron Mitchelのおそらく唯一のアルバム。プロデュースはTony! Toni! Tone!のDwayne Wiggins。 解説によると「子供のくせにいつもブルースを歌ってやがる」ということであだ名がBluになったんだとか…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル98:♪Smooth Talk - Evelyn'Champagne'King

ジャケットはEvelyn 'Champagne' Kingのベスト「Essential Works of」(1993年)。 ダンスクラシックの名作「Shame」で知られるダンスクイーンEvelyn 'Champagne' King。聴いているのはこのベストだけです。 個人的にはその「Shame」がちと苦手なんですが(バックコ…
コメント:0

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ16:♪Feel Like Making Love - 木住野佳子

ジャケットは木住野佳子の「Tenderness」(2000年)。 木住野佳子は3回目の登場。強烈なマイブーム到来! ベスト盤『Portrait』に惚れて以降、アルバムは5枚ほど購入し借り物等含めるとすでに10作品以上鑑賞。ボサノバ集『bossa nostalgia』、心暖まるオリジナル集『Heartscape』、ノスタルジッ…
コメント:0

続きを読むread more

♪レクイエム - モーリス・デュリュフレ

ジャケットは「デュリュフレ:レクイエムほか」(録音/レクイエム:1959年、その他:1963~71年)。演奏はモーリス・デュリュフレ指揮/ラムルー管弦楽団ほか。 めったに聴くことのないレクイエムですが先日の記事の中でその名を上げたのでいくつか聴いてみました。三大レクイエム(モーツァルト、フォーレ、ヴェルディ)をはじめブラームス(ド…
コメント:0

続きを読むread more

♪炎の欲望 - Kansas

本日はネアカ・プログレで(笑)。 ジャケットは「The Best Of Kansas」(1984年)。 Kansasはアメリカのプログレッシブ・ロックバンド。さすがアメリカのバンド、曲調は明るくストレートな楷書の演奏といったところ。彼らの一番のヒット曲が「全ては風の中に(Dust in the Wind)」(1977年のアル…
コメント:0

続きを読むread more