☆ジャズ・ピアノ24:♪Libido ~ Mediterranean Sundance - Akiko Grace

ジャズというとボーカル、ピアノは圧倒的に女性が多いですね。日本だけ?メディアの取り上げ方の問題?とにかく今時の日本のジャズ誌を見ると女性しかいない感じ (^^) 。

Akiko Grace:Manhattan Story Akiko Grace:Manhattan Story
ジャケットはAkiko Graceの【Manhattan Story】(2002年)

Akiko Graceもはじめて聴く人。れっきとした日本人だそうでアーティスト・ビザを得てアメリカを拠点に活動しているジャズ・ピアニストとのこと(ウィキペディアより)。何でもデビュー盤【From New York】(2002年)が話題となり一気にブレイクしたんだとか(解説より)。

本日のアルバムは彼女の第2作でバックの2人がPat Methenyトリオのメンバーというのも興味深いところ。懐かしの「スウィングジャーナル選定ゴールド・ディスク」に輝いておりスリリングで美しいピアノ・トリオが聴けます。

冒頭の「Libido ~ Mediterranean Sundance」はAl Di Meolaの作品を取り入れた意欲的なオリジナル曲。印象に残る力強い作品でアルバムの代表曲と言えそうですね。他にもスタンダードの「Fly Me To The Moon」「Over The rainbow」やオリジナル「That Morning」、Charlie Haden作「First Song」もいい感じで、特にスロー・バラードの「First Song」はマイ・ベストかも。うっとりと聴き惚れちゃうのね!

ベースがRon Carterというデビュー盤もぜひ聴いてみたくなりましたよ!

Libido ~ Mediterranean Sundance










"☆ジャズ・ピアノ24:♪Libido ~ Mediterranean Sundance - Akiko Grace" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント