☆デュエット・ソング31:♪61+60 - 沖仁&渡辺香津美

エン・ビーボ!~狂熱のライブ~

CD1CD2
01 ラ・ジュビア・リンピア・エル・アイレ
02 リベルタンゴ
03 パトリシアの恋
04 地中海の舞踏~広い河
05 サクラ・ポル・ブレリア
06 沖仁 con 渡辺香津美のテーマ
 
01 スカボロー・フェア
02 ネコビタン・エックス
03 パポ・フラード
04 61+60
05 マイ・ウェイ
06 スペイン
07 アントニア

ジャケットは沖仁、渡辺香津美によるライブ「エン・ビーボ!~狂熱のライブ~(2CD)」(2015年:レンタル入手)。

前回に引き続きのギタ-作品。本日はフラメンコ・ギターの名手/沖仁と何でもござれなジャズ・ギタリスト/渡辺香津美による壮絶バトルなアルバムを!

魂が揺さぶられるとはこのことか!アルバム冒頭はそれほどでもないかと思いきや何の何の徐々に盛り上がり「地中海の舞踏~広い河」あたりからは汗だくの世界(笑)。やはり「地中海の舞踏~広い河」ではいやがおおにも盛り上がっちゃいますね。

何と言っても強烈なのはチック・コリア作品「スペイン」。フラメンコ・ギターとエレキ・ギターという面白い取り合わせで、特にフラメンコ・ギターのリズムの凄いこと!かきむしられるようなギターに鳥肌の立つ思い。もう私は完全燃焼さ!(笑)

ところでフラメンコと言えばパッションはもちろん哀愁のメロディにも関心が行くところで、バラード「61+60」がいい!沖仁のご両親が還暦を迎えたときに贈った曲とのことですが、これが優しさ一杯の作品で泣けます。「61+60」「マイ・ウェイ」と続くあたりは言葉にできないほど。美しすぎ!

他にも馴染みのある「リベルタンゴ」、「スカボロー・フェア」、童謡「サクラ」の変奏曲「サクラ・ポル・ブレリア」や三三七拍子やら「悪魔の呪文」(フォーカス)のようなスキャットまで飛び出すという遊び心たっぷりな「パポ・フラード」など全てに熱気溢れるこのアルバムは、一度聴きはじめたら一気に最後までは必然。

そして最終曲「アントニア」はパット・メセニー作。パットのアルバム「Secret Story」(1992年)に収録された作品で彼らしい優しく切ないその曲は、それまでの熱気をクールダウンするにはもってこいな作品ですね。これで眠れます(笑)。



残念ながら「61+60」の音源がなかったので「My Way」を。

"☆デュエット・ソング31:♪61+60 - 沖仁&渡辺香津美" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント