☆グルーヴィン・ソウル110:♪Changes - King Curtis

本日はインストで!

King Curtis:Live at Fillmore West King Curtis:Live at Fillmore West
ジャケットはKing Curtisの「Live at Fillmore West」(オリジナル:1971年)

これはアメリカのR&Bサックス奏者King Curtisのソウルフルな傑作ライブ。

ボーカル・レスとは言えサックスをはじめソロはよく歌い、Procol Harumの「青い影(A Whiter Shade of Pale)」やLed Zeppelinの「胸いっぱいの愛を(Whole Lotta Love)」を取り入れるなどとても親しみやすい1枚。Cornell Dupreeのギター、Billy Prestonのオルガンもグ~!

ウィキペディアによればセッション・マンとしての経験も豊富で多くのミュージシャンに愛されたKing Curtisは、このライブのほぼ半年後、麻薬中毒者に刺され37歳の若さで亡くなっている。この作品が素晴らしいだけに何とも残念です。

とにかくオープニングの「Memphis Soul Stew」からノリ全開。「Changes」かっこいいっすよ!

Memphis Soul Stew


青い影


Changes










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント