☆ジャズ・ピアノ16:♪Feel Like Making Love - 木住野佳子

木住野佳子:Tenderness木住野佳子:Tenderness
ジャケットは木住野佳子の「Tenderness」(2000年)。

木住野佳子は3回目の登場。強烈なマイブーム到来!

ベスト盤『Portrait』に惚れて以降、アルバムは5枚ほど購入し借り物等含めるとすでに10作品以上鑑賞。ボサノバ集『bossa nostalgia』、心暖まるオリジナル集『Heartscape』、ノスタルジックな『Praha』、スタンダード集『You Are So Beautiful』、フュージョン志向の『RENDEZ-VOUS』などアルバム毎にコンセプトが違ったりして聴き返してもフレッシュさは失われず聴き飽きない。ファン選出による代表曲の再録音集『Anthology』や最新盤『nuage ~ニュアージュ~』ももちろん(笑)。

収録曲はジャズ、クラシック、ソウル、ポップスからオリジナルまで多岐にわたり、ストレート・アヘッドな演奏からコンテンポラリーな演奏までアルバムのコンセプトにあったアレンジが眩い。ストリングス、打ち込み等のアレンジも自然に溶け込み違和感は感じられない。『Heartscape』では二胡、尺八まで登場する。『RENDEZ-VOUS』収録の「星に願いを」では打ち込みにエレピという斬新なアレンジが面白くこれがなかなかにエグイ!(笑)

今一番のお気に入りはバラード集『Tenderness』に収録の「Feel Like Making Love」。ソウル・シンガーRobert Flackのオリジナルでカバーも多くもはやスタンダード・ナンバーと言っていい名曲。そもそもこの曲が好き!ということもあるのですが生ピアノとエレピ(フェンダー・ローズだそうですよ!)を弾きわけたそのオシャレな演奏は何ともゴージャスでセクシー。もう言うこと無いですね(笑)。最高!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント