☆ゆずジャム作ってみた!:♪途中下車 - 山川豊

ゆずジャム


ゆずを頂いたのでジャムを作ってみました。もちろんこれまでにジャムなんて作ったことはありません。冬と言えば鍋~!ぐらいしか思いつかない人ですから(笑)。

で、考えてみればゆずなんてそんなに使わないですよね?皮を薬味にちょっと使うぐらいで。あとは風呂に入れるくらい?(汗)とにかく1㎏以上頂いたのでジャムにするしかないかと。いっぺんに作ってもどうせ失敗するだけなので半分ずつ結局2回作りました。レシピはクックパッドで。

案の定1回目は失敗。どうも煮過ぎてしまったようで冷めたらまるで真冬のバター。こりゃぁ絶対パンには塗れませんね。かっちかちやで~(笑)。それにその砂糖の量のあまりの多さにたじろいでしまい少々遠慮した結果ジャムにするには甘さが足りませんでした(汗)。結局そのまま食べてちょうどよかったみたい(笑)。

画像は2回目のもの。まあまあの出来だったかな?とにかくやってみないとわからないことが多いですね。それにしてもあんなに砂糖入れるんですか。ちょっと恐怖を感じましたけど。ジャムはほどほどに!(笑)

螢子ー山川豊全曲集2015ー
ジャケットは山川豊の「螢子ー山川豊全曲集2015ー」(2015年)。

01 螢子
02 優しい女に会いたい夜は
03 アメリカ橋
04 函館本線
05 夜桜
06 我が娘へ
07 ナイアガラ・フォールズ
08 ニューヨーク物語り
09 流氷子守歌
10 愛待草より
11 しぐれ川
12 途中下車
13 北斗星
14 雪舞橋
15 アーバン ボクサー
16 神戸の落葉

(Amazon Music Unlimitedにて鑑賞)

ところで聞いた話なので細かいことはご勘弁いただくとして、何でも山川豊の「途中下車」(1994年/作詞、作曲:吉幾三)は氷川きよしが高校時代に出合った思い出の曲だそうで今でも泣けちゃう曲らしいです。興味がわいたので聴いてみました(こういうときはUnlimitedって便利!)。

タイトルは覚えてませんでしたが聴き覚えはありますね。結構テレビで歌われていたようにも思いますけど。作者が吉幾三と知ってなるほどというかやっぱりというか。この曲が心に残るのもわかるような気がします。しみじみとしたいい曲ですね!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント