☆デュエット・ソング38♪Message to a Friend-C.Haden&P.Metheny

またまた秋らしい極上の1枚を!

Charlie Haden、Pat Metheny:ミズーリの空高くCharlie Haden、Pat Metheny:ミズーリの空高く
ジャケットはCharlie Haden & Pat Methenyの「ミズーリの空高く(Beyond the Missouri Sky:Short Stories)」(録音:1996年)。

ずっと気になっていたこちらを入手してみました。懐に優しい出物があったので(笑)。

デュエットアルバムということもあってか聴きはじめはちょっと地味だなぁ渋すぎるかなぁと思いきや、なんのなんの3曲目Pat Methenyのオリジナル「Message to a Friend」のあのどこか懐かしいような牧歌的な調べを聴いたらそんな思いは吹っ飛んでしまった。Charlie Hadenのソロでは何となく「生と死の幻想」(1974年:Keith Jarett)も蘇ったりして、結局夢心地のまま一気に最後まで。時折さりげなくバック(シンセかな?)も入り、ん~実に良かった!

カバー曲ではHenry Manciniの「いつも2人で(Two for the Road)」、Jimmy Webbの「The Moon Is a Harsh Mistress」やお馴染みEnnio Morriconeの「ニュー・シネマ・パラダイス(Nuovo cinema Paradiso)」など超絶魅力的な演奏もあったりしてほんと沁みる1枚でしたね。そう言えばJimmy Webbと言えばArt Garfunkelの楽曲ではよく見かける人ですが「The Moon Is a Harsh Mistress」もいい曲でした。はじめて聴きましたがこの二人の世界にはぴったり!

どちらかというと秋というよりは夜の音楽かな。しばらくは手放せそうにないです。思いっきり得した気分~!(笑)

Message to a Friend


The Moon is a Harsh Mistress

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント