♪三枚の写真、ガキの頃のように、風雪ながれ旅

最近TV等でちょいと気になった3曲です。

プロフィールプロフィール

ジャケットは、石川ひとみのベスト「プロフィール」(1982年:LP)

先日「新・BS日本のうた」で聴いた西田あい歌唱による「三枚の写真」(歌唱:1977年-三木聖子、1981年-石川ひとみ/作詞:松本隆/作曲:大野克夫)は、サビを聴いてあ~そう言えばと思い出した曲だったんですが(汗)、これが三木聖子のオリジナルであることをテロップを見てはじめて知りました。石川ひとみによる三木聖子のカバーでは「まちぶせ」(歌唱:1976年-三木聖子、1981年-石川ひとみ/作詞、作曲:荒井由実)が有名ですがこれもそうだったんですね。三木聖子の歌声をネットで聴いてみるとなるほど石川ひとみとは雰囲気がよく似ているのでカバーも頷けるところ。

アイドルとしては何となくお気に入りだった石川ひとみ。それでも聴いていたのは「恋」(1983年/作詞:岡田冨美子/作曲:玉置浩二)だけと言ってよく、このアルバムも見事に新品同様(笑)。収録作品のソングライターを見ると、荒井由美、谷山浩子、大野克夫、吉田拓郎、(へ~と思ったN.S.P.の)天野滋などなど錚々たるメンバーで、力が入っていたのがよくわかりますね。楽曲に対する力の入れようは近年のアイドル以上だったのかもしれません。アルバムを聴いてみてやはり最近のアイドル作品よりはこの頃の方が肌に合うみたいで。まぁしゃ~ないか(笑)。

三枚の写真/三木聖子






ニューセレクション2ニューセレクション2

ジャケットは、谷村新司、堀内孝雄の「ニューセレクション2」(1993年)。

ゲスト堀内孝雄による「地球劇場」(ホスト:谷村新司)を見ましたが、アリスの同僚ということでなかなかいい雰囲気の内容でした。このアルバムは「昴~すばる~」(1980年/歌唱、作詞、作曲:谷村新司)と「影法師」(1993年/歌唱、作曲:堀内孝雄/作詞:荒木とよひさ)が同時に聴けるなんてラッキ~!と思って買ったもの(笑)。お二方の初期の名作が入った一石二鳥なアルバムですね。

で、これで出合って気に入ったのが「ガキの頃のように」(1988年/歌唱、作曲:堀内孝雄/作詞:荒木とよひさ)。堀内作品の多くはTVドラマ「はぐれ刑事純情派」の主題歌として有名ですが、何でもこの作品は初代の主題歌だとか。まぁそれも納得の名曲だと思いますね。やっぱり堀内メロディも好きなんだな、これが(笑)。その他の主題歌では「東京発」(1995年/作詞:たきのえいじ、作曲:堀内孝雄)あたりもお気に入り度高し!五木ひろしの歌った「山河」(2000年/作詞:小椋佳、作曲:堀内孝雄)ももちろん最高!

ガキの頃のように






北島三郎ベストヒット北島三郎ベストヒット

ジャケットは、「北島三郎ベストヒット」(1990年)。

「風雪ながれ旅」(1980年/歌唱:北島三郎、作詞:星野哲郎、作曲:船村徹)と言えば先日亡くなられた作曲家船村徹による言わずと知れた名作。船村作品に詳しいわけではないですが北島三郎ファンとしては船村徹と言えばどうしても「風雪ながれ旅」が思い出されます...。

ちなみにこの曲、ウィキペディアによれば当初は村田英雄を想定していたらしいですが津軽三味線の題材が自分には合わないと難色を示したため北島三郎に回ってきたとか。また、これは私の記憶なので確かではないのですが(汗)、その北島三郎も当初はこの作品を固辞したらしく、しょうがないので最初は作曲家ご本人が歌ってたらしい?ん~この話はたぶん北島三郎が冗談半分に言っていたようにも思うので、それこそ話半分でよろしく(笑)。

やはり「風雪ながれ旅」は永遠の名曲、名唱ですね!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2017年09月04日 17:37
石川ひとみさんは、ベストアルバム持ってるんですよ。
「まちぶせ」は、三木聖子のカバー曲は知ってましたが、
三枚の写真もそうだったんですね。知らんかった。
今でも、BSで歌番組出てるのときどき見かけますが、可愛いですね。
劣化してないなぁ。
「ハート通信」ヒットしなかったのが、残念、拓郎さんの作品だったんで、期待してたんですが。
2017年09月04日 20:26
mickさん、コメありがとうございます!

石川ひとみは私の数少ないアイドルの一人でして(笑)。今も変わらず感じのいい人ですよね。
拓郎さんは「襟裳岬」などいっぱい名曲を提供してますよね!最近彼の作品と知った曲もありますけど...。若い頃は誰が作ったとか誰のカバーだとか全然気にせずに聴いてたので今になってそうだったの?ってことは多いです(汗)。