☆デュエット・ソング名曲選14:♪地中海の舞踏-Al Di Meola、Paco De Lucia

スーパー・ギター・トリオ・ライブ(Friday Night In San Francisco)スーパー・ギター・トリオ・ライブ(Friday Night In San Francisco)

ジャケットは、Al Di Meola、Paco De Lucia、John Mclaughlinによる「スーパー・ギター・トリオ・ライブ(Friday Night In San Francisco)」(1981年:LP)。

「地中海の舞踏(Mediterranean Sundance)」は衝撃的だった!

それまでアコースティック・ギターといえば、吉田拓郎「元気です。/1972年」、井上陽水「もどり道/1973年」、かぐや姫「LIVE/1974年」やら、S&G、John Denverといった、どちらかといえばフォークの歌伴奏などの繊細で美しいものを楽しんでいたのが、この作品に出合ってから状況は一変。Lee Ritenour、Larry Carltonらの登場によりエレキ・ギターの方でもフュージョン志向に方向転換したように、アコースティックの世界でもAl Di Meola、John Mclaughlin、Larry Coryellを中心としたデュオ、トリオといったこのようなギター・アンサンブル作品を聴くようになりましたね。そういう意味ではこの「地中海の舞踏」は私にとってはギター・アンサンブルの象徴的作品。

この曲のオリジナルはAl Di Meola1977年のアルバム「Elegant Gypsy」に収録されてますが、このライブ・バージョンはさらにスピーディにより熱く展開され、ライブということもあり興奮度高し!Al Di Meolaの場合、その驚異的な速さの面白味もあるんですが、やはりそのメロディ・ラインの美しさ、パッションの高さがラテン好きの自分にとってはのめり込みやすかったのかもしれませんね。とにかくこの演奏、Paco De Luciaともどもとても人間技とは思えましぇ~ん(笑)。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント