☆70年代ヒット歌謡大全集:♪オレンジの雨(野口五郎)&乙女のワルツ(伊藤咲子)

またまた時事ネタから。

先日、ちあきなおみの特集がBSジャパンであったそうです...って、冷静に言ってる場合じゃないですね。うぅぅぅぅ、知らなかったぁ(涙)。絶対録画したのにぃ~~~!あの~、ラグビーW杯のどさくさに紛れてこっそり放送するのやめてくれます?(汗)このところ、ラグビーに夢中になっていて、あんまり他の番組を気にかけていなかったんですよね。こちらも再放送を願うしかないか...。

今年で10周年を迎えたという松原健之。以前紹介したように10周年の記念シングルは出たのですが、そう言えばアルバムはどうなの?とふと思い出し、オフィシャルサイトを覗いて見たのですがリリースされてないみたい。ん~予定はないんでしょうか。出たら絶対借りるのに...(汗)。

ここでちょっと余談ですが、本日のラジオによれば、「小間切れ」を「こかんぎれ」と読んだ人がいたそうで(汗)。ん~小股の切れあがった人は美しいが、こかんが切れてしまった人は病院へ行くがよろし(笑)。「細切れ」と書いておきゃぁよかったのにね。

野口五郎:ゴールデン☆ベスト伊藤咲子:ゴールデン☆ベスト

ジャケットは、野口五郎の「ゴールデン☆ベスト」(2003年)と伊藤咲子の「ゴールデン☆ベスト」(2002年)。どちらもレンタル入手。

さて、先週BS-TBSで「70年代ヒット歌謡大全集」なるものをやってました。事前に番組の内容を知っていたわけではなかったのですが、邦楽、洋楽ともに70年代がもっとも肌に合うので、何気なく見始めました。

進行役は、野口五郎、クリス松村、林みなほ(アナウンサー)で、ゲストは、アグネス・チャン、あべ静江、伊藤咲子、大場久美子、石野真子(←どうでもいいけど、なぜか全部あ行だね)。その他、映像のみの歌手多数。

さわりを見る限りではアイドル主体の番組かなぁ、ということでちょっと見てやめよう(汗)と思っていたのですが、結局最後まで鑑賞。アイドルはあまり得意じゃなかったのですが、そんな中でも気に入っていた伊藤咲子が出ていたのと、野口五郎の歌(としゃべくり...笑)は好きだったので、何となく見ちゃいましたね。

やはり、アイドルの作品でも、メロディ、歌詞、それに、リズムなんかも今の作品よりはずっと自分に合うみたいで、石野真子、意外によかったです(驚)。また、伊藤咲子ご本人の話によれば、デビュー当時は岩崎宏美とよく比べられたとか。なるほど、このベストを聴いてみるとそれもわかるような気がします。ちょっと歌唱はおませな感じですもんね。70年代と言えば、今ほど音楽が多様化してなかったせいか、流行歌であればほとんどの曲は耳に馴染んでいるので、ほんと懐かしく聴かせていただきました。

とにかく、「オレンジの雨」(1973年/歌:野口五郎、作詞:吉田栄子{補作:大日方俊子}、作曲:筒美京平)、「乙女のワルツ」(1975年/歌:伊藤咲子、作詞:阿久悠 、作曲:三木たかし)といったところは好きだなぁ。

BS-TBSさん、今度は、演歌/歌謡曲部門の70年代ヒット大全集をお願いしますよ~(笑)。

オレンジの雨


乙女のワルツ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント