♪鳥取砂丘 - 水森かおり

またまたいつもの「新・BS日本の歌」から。

10周年記念~オリジナルベストセレクション

ジャケットは、水森かおりの「10周年記念~オリジナルベストセレクション」(2005年)。レンタルで入手。

前回のスペシャルステージは、水森かおり&キム・ヨンジャでしたね。二人揃ってのお出まし姿は、まるでリカちゃん人形のようでしたよ(笑)。

ところで、水森かおり、いつもより気合入ってませんでした?もしかして、鬼気迫るようなものを感じたのは自分だけかなぁ。何か普段と違っていたような気がしたんだけど。横でキム・ヨンジャが闘魂込めてたから、というわけでもないとは思いますが(笑)。二人とはいえ、TVの全国ネットでリサイタルのような枠をもらえることもあまりない?ので、燃えたぎるのがわかるような気もしますね。久しぶりに「鳥取砂丘」(2003年/作詞:木下龍太郎、作曲:弦哲也)を聴きましたが、いつも以上に胸に迫るものがありましたよ。


これはその時の映像ではありませんよ~。




韓国ヒットソング選集韓国ヒットソング選集

ジャケットは、「韓国ヒットソング選集」(2000年?)。

続いては、歌前に何ともいえない小芝居があった(笑)「黄色いシャツ(番組歌唱:水森かおり)」(1972年/歌:李成愛、作詞、作曲:孫夕友、訳詞:黒沢東男)。

楽しい歌だなぁ、なんて思いながらもどこかで聴いたことがある?と探してみたらこのアルバムに。これは確か門倉有希の「J」(作詞、作曲:李世建、訳詞:佐藤純子)が流行ったころに買ったもので、そういえば、なかなか面白いラインナップだった。オリジナル歌手の歌唱ではないみたいですが懐かしいっす。



さて最後に、イマオシ!コーナーでは、なんと大城バネサが。久々に見たような。

確か「NHKのど自慢」のグランドチャンピオンから歌手になった日系の方だったですよね、チャンピオン大会での熱唱、「女の漁歌」(歌:門倉有希、作詞:荒木とよひさ、作曲:浜圭介)はよく覚えてます。かなりインパクト大でしたね。ん~、あの時はもっと幼かったかな(笑)。今回の新曲も「俺の漁歌」(2015年/作詞:青山るみ、作曲:景山時則)という熱い漁歌で、これぞバネサ節でしょうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント