♪コバルトの季節の中で - 沢田研二

Super BestSuper Best

ジャケットは、沢田研二の「Super Best(2CD)」(1989年)。

久しぶりに沢田研二を。

以前書いたように、一番気に入っている作品は、「許されない愛」(1972年/作詞:山上路夫、作曲:加瀬邦彦)なんですが、ただ、一般的に三大傑作と言ったら「危険なふたり」(1973年/作詞:安井かずみ、作曲:加瀬邦彦)、「時の過ぎゆくままに」(1975年/作詞:阿久悠、作曲:大野克夫)、「勝手にしやがれ」(1977年/作詞:阿久悠、作曲:大野克夫)といったところでしょうか。ん~でも、こればかりはたっぷりと異論を認めましょう(笑)。あまりにもヒット作が多すぎて、3曲に絞れというのは無理がありそうですね。

さて、そんな多くの名作のなかで、これまた好きなのが、「コバルトの季節の中で」(1976年/作詞:小谷夏(演出家の久世光彦のペンネーム)、作曲:沢田研二)です。ちょうど、「時の過ぎゆくままに」と「勝手にしやがれ」のビッグ・ヒットの合間にそっと?リリースされた爽やかな作品で、作曲は沢田研二ご本人でしたね。

もう、私の鼻歌レパートリーの筆頭に上げられる作品で、沁みる歌詞も気に入っている要因のひとつ。カラオケを演る人は、ぜひこの曲をレパートリーに入れてほしいもんです。いやぁ~、好きだなぁ...。ほんとに。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント