テーマ:ソウル・バラード名曲選

☆ソウル・バラード114:♪That'll Be the Day - Big Jim

  ジャケットはBig Jimの「Commitment Episode 1」(2003年) これはあのIII Frum Tha SoulのメンバーのひとりJimmy JohnsonことBig Jimのソロ・アルバム。III Frum Tha Soulはなんてったって1stが凄すぎてその他の関連アルバムはなかなか聴く機会がないのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード113:♪I Know You Well - By All Means

I Lve ”By All Means”   ジャケットはBy All Meansの【Beyond A Dream】(1989年) これは実力派男女3人組ヴォーカル・ユニットBy All Meansの2ndアルバム。3枚しかない彼らのアルバムの中では一番影が薄い?とは言えそこはBy All Means…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード112:♪真実の愛 - Oleta Adams

  ジャケットはOleta Adamsの【Evolution】(1993年) Oleta Adamsはこれを聴くのがはじめて。イギリスのポップ・グループTears for Fearsのメンバーが惚れこんで見出した人らしい。ゴスベル、ソウル、ジャズのフィーリングを生かしたオールラウンドなシンガーという印象。とにかくエモーショナルで恐ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード111:♪Loving you - The O'Jays

  ジャケットはThe O'Jaysの【Let Me Touch You】(1987年)。 バラードもやはりThe O'Jays。鉄板の「Loving you」で。こちらも名作ですね!Eddie Levertのヴォーカルに圧倒されます (^^) 。 このアルバムを聴くのはかなり久しぶりですが、陽気なラテン・ナンバー「True …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード110:♪Footsteps in the Dark - Body

  ジャケットはBodyの【Easy To Love】(1990年)。 しつこく女性3人組で!(^^) Bodyは姉妹によるヴォーカル・グループ。ソロは一人でやっているのか定かではありませんが、チャーミングな声質ながら勢いがありいい感じ。さすが姉妹、息の合ったソロ、コーラスですね。 これは彼女たちの2ndで最終アルバム。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウル・バラード109:♪I'm A Good Woman Looking For A Good Man - S…

 ジャケットはSweet Obsessionの「Sweet Obsession Too」(1991年)。 グルーヴィンに続き女性3人組を取り上げてみる。こちらは3姉妹によるSweet Obsession。例のガイドブックで紹介されている1stアルバムが中古でも万を超えるぶっ飛び価格だったので2nd(国内盤中古)をそろりと入手 (^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード108:♪Spread my wings - Troop

  ジャケットはTroopの「Attitude」(1989年)。 これも例のガイドブックを参考に購入したもの。ニュー・ジャック・スウィング時代の代表作と言えそうですね。制作スタッフにはGerald Levert、Chuckii Booker、Michael Lovesmithの名も。 Troopはこれ1枚しか聴いてないです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード107:♪No Getting Over Me By-Willie Clayton

ジャケットはWillie Claytonの「No Getting Over Me By」(1995年)。 60年代から歌い続け今も現役のサザン・ディープ・ソウル・シンガーWillie Clayton。今年も新作がリリースされたらしい。Willie Claytonの場合ほとんどがインディーズ・レーベルからのリリースで音がチープに感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード106:♪Young Doctor Feel Good - Blu

ジャケットはBluの「Out Of The Blu」(1995年)。 このアルバムはBluことByron Mitchelのおそらく唯一のアルバム。プロデュースはTony! Toni! Tone!のDwayne Wiggins。 解説によると「子供のくせにいつもブルースを歌ってやがる」ということであだ名がBluになったんだとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード105:♪Suddenly - Billy Ocean

ジャケットは、Billy Oceanの「Suddenly」(1984年)。 トリニダード・トバゴ生まれ、イギリスのソウル・シンガーBilly Ocean。ソウルというよりポップス・フィールドで活躍した印象が強いですね。このアルバムから数年はかなり流行っていたような気がします。このアルバムがデビュー盤と思いきやBilly Ocean…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード103:♪The Closer I Get To You - F.L.O.

Terry Weeks、ここにいたぁ~! ジャケットはFor Lovers Onlyの「For Lovers Only」(1994年)。 前回のバラードAli Ollie Woodsonの記事で話題に上げた現テンプスのメンバーTerry Weeksは3人組ヴォーカル・グループFor Lovers Only出身だったのですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード101:♪I'm Going Thru - The Rude Boys

ジャケットはThe Rude Boysの「Rude Awakening」(1990年)。 The Rude Boysは例のガイドブックでも絶賛されていた4人によるコーラス・グループ。これは彼らのデビュー・アルバム。彼らは90年代に3枚のアルバムを出して以降音沙汰ないようですがとにかくGerald Levertの肝いりでデビューした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード97:♪If You Move I'll Fall - Soul Children

今回はマイ・フェイバリット・グループから最高にエモーショナルなバラードを! ジャケットはThe Soul Childrenの「Finders Keepers」(1994年/オリジナル:1976年)。 The Soul Childrenは所属していたレーベルであるスタックスが倒産の憂き目にあいエピックへ移籍。そこでは女性が一人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード95:♪It Hurts Like Hell - Aretha Franklin

バラードもAretha Franklinで! ジャケットは映画「ため息つかせて(Waiting to Exhale)」のオリジナル・サウンドトラック(1995年)。 このアルバムはChaka Khanの歌うスタンダード「My Funny Valentine」を除き全てソウルの歌姫たちがBabyface作品を歌うというBaby…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード94:♪You Got What I Need - Wayne Arnold

ジャケットはWayne Arnoldの「Tough Life」(1992年)。 今回のバラードはグルーヴィンに登場したAnthony T. Gibsonと同じレーベルから出ているWayne Arnoldのアルバムから。こちらも(特にリズム系の)音が少々チープなのはご愛嬌ですがWayne ArnoldはAnthony T. Gibs…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード93:♪Tonight's The Night - Blackstreet

こちらもTeddy Rileyで! ジャケットはBlackstreetのベスト「No Diggity:Very Best of Blackstreet」(2003年)。 これは最近手に入れたもの。もちろんBlackstreetを聴くのははじめて。名前だけは知っていたのですがあまり興味がわかなくて。なのでTeddy Riley…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード92:♪Tell Me It's Real - K-Ci & JoJo

ジャケットはK-Ci & JoJoの「It's Real」(1999年)。 K-Ci & JoJoはコンテンポラリーR&BグループJodeciのメンバー。例のガイドブックによればJodeciには2組の兄弟が存在しK-Ci & JoJoはその1組だとか。ちなみにJodeciのアルバムは2枚ほど聴きましたがだいぶ前に売っちゃいました(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード91:♪Reason For Breathing - Babyface

ジャケットはBabyfaceのベスト「A Collection Of His Greatest Hits」(2000年)。 Babyfaceと言えば提供した楽曲はいろんなアーティストでお世話になってますが本人歌唱の音源はこれがはじめて。この人も少々歌声がネックで(汗)。誰でも楽しめるジャンルを超えたメロディ・メイカーという点で彼は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード89:♪You Are Everything - The Stylistics

ジャケットはThe Stylisticsのベスト「愛がすべて/ユー・アー・エブリシング」(1986年)。 ポップス・フィールドでもよく知られたヴォーカル・グループThe Stylistics。たぶんこのアルバムは本格的にブラック・ミュージックを聴く前に手に入れたもののはず。とにかく「愛がすべて(Can't Give You Any…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード88:♪Doesn't That Mean Something-G.Mcbride

ジャケットはGeoff Mcbrideの「Do You Still Remember Love」(1990年)。 これは極上のソウル・ヴォーカル・アルバム!例のガイド・ブックの改訂版に載っていたものです。現状廃盤なのが何とも残念ですが今でも中古市場では出回っているみたい。私はブックオフで300円だったかな?(笑) オールド・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード87:♪I'm In Love - Ollie Nightingale

ジャケットはOllie Nightingaleの「Sweet Surrender」(2005年/オリジナル:1973年)。 本日はブルース&ソウル・レコーズ最新号(№140)に再発記事があったこのアルバムから。 自身の名前を分解した?ような名称のグループOllie & The Nightingalesから独立したOllie …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード86:♪Like Water - Levert

ジャケットはLevertの「The Whole Scenario」(1997年)。 これはGerald Levert率いるユニットLevert最後のアルバム。そのLevertですがジェラルドが亡くなったあと残された弟のSean LevertとMark GordonによりLevert IIが計画されていたらしい。結局、弟のシーンも亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード85:♪A House Is Not A Home - C.P.Riley

ジャケットはCheryl "Pepsii" Rileyの「Chapters」(1991年)。 これは例のガイドブックの改訂版に追加されていたもの。見ればレンタル落ちなのでさてはツタヤのワゴン・セール?とにかく後から載せられると余計に気になりますよね(笑)。 Cheryl "Pepsii" Rileyの2ndで1stと同じくコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more