テーマ:ソウル・バラード名曲選

☆ソウル・バラード87:♪I'm In Love - Ollie Nightingale

ジャケットはOllie Nightingaleの「Sweet Surrender」(2005年/オリジナル:1973年)。 本日はブルース&ソウル・レコーズ最新号(№140)に再発記事があったこのアルバムから。 自身の名前を分解した?ような名称のグループOllie & The Nightingalesから独立したOllie …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード86:♪Like Water - Levert

ジャケットはLevertの「The Whole Scenario」(1997年)。 これはGerald Levert率いるユニットLevert最後のアルバム。そのLevertですがジェラルドが亡くなったあと残された弟のSean LevertとMark GordonによりLevert IIが計画されていたらしい。結局、弟のシーンも亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード85:♪A House Is Not A Home - C.P.Riley

ジャケットはCheryl "Pepsii" Rileyの「Chapters」(1991年)。 これは例のガイドブックの改訂版に追加されていたもの。見ればレンタル落ちなのでさてはツタヤのワゴン・セール?とにかく後から載せられると余計に気になりますよね(笑)。 Cheryl "Pepsii" Rileyの2ndで1stと同じくコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード84:♪On Bended Knee - Boyz II Men

ジャケットはBoyz II Menの「II」(1994年)。 Boyz II Menの代表曲と言えばやはりBabyface作、映画「ブーメラン」(1992年)の挿入曲「End of the Road」。大ヒットしましたよね。ウィキペディアによれば1992年にリリースされた彼らのファースト「Cooleyhighharmony」にこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード83:♪愛はかげろうのように - Charlene

ジャケットはCharleneの「愛はかげろうのように(I've Never Been to Me)」(1992年:オリジナル1977年)。 おそらく洋楽好きなら知らない人はいないだろう、切ないバラードの代表作Charleneの「愛はかげろうのように」は、まぁ洋楽好きでなくても一度は耳にしているでしょうか。大ヒットし今でもよく流…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード81:♪I'm Living Good - The Ovations

ジャケットはThe Ovationsの「I'm Living Good」(1990年)。 今回はバラードもSam Cookeのそっくりさん。The OvationsのリードLouis Williamsはかなり本格的なフォロアーだそうで、確かにちょっと聴いただけではご本人と間違えちゃいそう(汗)。私はSam Cookeの歌い方は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード80:♪This Love - Shirley Brown

ジャケットはShirley Brownの「Intimate Storm」(1989年/オリジナル:1984年)。 Shirley Brownと言えば1974年の「Woman To Woman」が圧倒的に有名ですがそちらを持ってないので(汗)本日はこちらのアルバムから。解説にもあるとおりミディアム・アップな作品に恵まれていて「B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード79:♪You're a Part of Me - Rufus Thomas

ちょっと変り種な1曲を。 ジャケットはRufus Thomasのベスト「You're a Part of Me:The Best Of」(1993年)。 この「You're a Part of Me」はチェイサー(トヨタの車ですね)のCMに使われていた曲で極渋なジャズ・ブルースといったところ。Rufus Thomasが日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード77:♪I Love The Way You Love-Betty Wright

しつこく、これでもかとタワレコ・セール第4弾! ジャケットはBetty Wrightの「The Platinum Collection」(2007年)。 Betty Wrightはわりと有名なシンガーだと思いますが聴くのはこれがはじめて。11才でスカウトされ13才でレコード・デビューという早熟シンガーだそうですが、ライノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード76:♪Bless You With My Love

グルーヴィンに続きタワレコ・セールからの第2弾! ジャケットはHeaven Sent and Ecstasyの「The Greatest Love Story」(オリジナル:1980年)。 このアルバムは例のガイド・ブック(「USブラック・ディスク・ガイド」ですよ!)では究極のLPコレクション《グループ編》に上がっていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード75:♪I'm At Your Mercy - The Jones Girls

ジャケットはThe Jones Girlsの「The Best Of The Jones Girls」(2000年)。 The Jones Girlsはデトロイト出身の3姉妹によるヴォーカル・グループ。あまり詳しいことはわかりませんが売れない頃はダイアナ・ロスなど大物のコーラス隊をやっていたようで、ゴスペル経験もある実力派。フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード74:♪Seriously In Love - Detroyt

ジャケットはDetroytの「Detroyt」(2013年/オリジナル1984年/レンタル入手)。 昨日に続きこちらも衝動借り。Detroytははじめて聞く名でしたが何となく手が出ました。 解説によるとDetroytはデトロイトを地場とするBoone4兄妹(女性一人)による制作からプロデュース、歌、演奏までほとんどを自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード73:♪I'd Give Anything - Gerald Levert

ジャケットはGerald Levertの「Groove On」(1995年)。 グルーヴィンがパパLevertだったのでこちらは息子Levertで。 本当はGerald Levertの在籍したグループLevertのラスト・アルバム「The Whole Scenario」(1997年)から紹介する予定だったのですが音源が削…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード72:♪Find A Reason - Jason Champion

ジャケットはJason Championの「Reflections」(1992年)。 これは内容はまったくわからなかったのですが、車で言えば新古車扱いだったので何となく買ってみた。パッケージに多少問題があったらしく(包裝ビニールの破損もなくそんな感じはなかったですが...)新品同様が300円程度でしたけど(汗)。 解説に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード70:♪太陽のあたる場所 - Stevie Wonder

ジャケットはStevie Wonderの「Love Songs : 20 Classic Hits」(1986年)。 Stevie Wonderは私にはちょいと不思議な存在で、はじめは熱心に聴いていたのですがブラック・ミュージック(ソウル)を本格的に聴くようになってからは徐々に聴かなくなってしまった人(汗)。少々癖の強い歌い方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード69:♪I'd Still Say Yes - The Braxtons

ジャケットは、The Braxtonsの「So Many Ways」(1996年)。 The BraxtonsはToni Braxtonを長女とするBraxton5人姉妹により結成されたグループだそうですが、このアルバムがリリースされた時にはToni BraxtonがBabyfaceに見初められソロ・デビュー、またTraci …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード67:♪Make Me The Woman That You Go Home To

ジャケットは、Gladys Knight & the Pipsの「Standing Ovation」(1972年)。 アルバムを聴いているというよりはステージを見ているような、それもコンサートではなくショーという言葉が似合いそうな作品がこの「Standing Ovation」。取り上げているカバーが「明日に架ける橋」(1970…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード66:♪These Arms Of Mine - Otis Redding

グルーヴィン同様こちらもタイトルを短縮したのでよろしく! ジャケットは、Otis Reddingの「Great Soul Ballads」(1990年)。 Otis ReddingはKing Of Soulと言われるなど多くのファンに親しまれている人ですが、少々あくが強いせいか個人的にはイマイチその魅力に開眼しているとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選65:♪Please Don't Let Our Good Thing...

ジャケットは、Z.Z.Hillのベスト「Greatest Hits」(1990年)。 Z.Z.Hillはブルースの代表作「Down Home Blues」をもつやはりブルーズン・ソウルな人。 ちなみに彼の初期の音源を持っていたのですが売ってしまった(汗)。いろいろ調べた結果、たぶんP-VINEから出てたKENT音源の2枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選64:♪Same Old Blues - Freddie King

グルーヴィンに続きこちらもブルース・ナンバーから。 ジャケットは、Freddie Kingのベスト「The Best Of ...」(1990年)。 Freddie KingはEric Claptonに多大なる影響を与えた人だそうですが、なるほど歌声がよく似てます。ぼ~っと聴いているとどちらかわからほどで(汗)。このアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選63:♪So Tied Up - Sam Dees

ジャケットは、Sam Deesの「Cry To Me - Deep and Mellow Soul of Sam Dees」(1994年)。 これはSam Deesのアルバム「The Show Must Go On」(1975年)を中心にボートラも収録された日本で編集されたCDですが、そのアルバムからはタイトル・ナンバーを含む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選62:♪Give A Little More Lovin'

ジャケットは、Al Jarreauの「L Is for Lover」(1986年)。 今月に入ってAl Jarreauが亡くなったそうで享年76とのこと。正直、Al Jarreau、Bobby Mcferrinといった超絶技巧な歌唱はあまり好まないのですが、それでもAl Jarreauの歌う「Your Song」(Elton …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選61:♪When U Cry I Cry - Jesse

ジャケットは、Jesseの「Never Let You Go」(1995年)。 今回はたぶん知名度は低いと思われるシンガーJesseのアルバムから。3枚ほどアルバムを出しているようですが、これがデビュー・アルバム。ここではJesseの名でのリリースとなってますが、その後はJesse Campbellとして出してるみたいですよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選60:♪Love Hurts - LSG

ジャケットは、LSGの「Levert.Sweat.Gill」(1997年)。 LSGは、Gerald Levert、Keith Sweat、Johnny Gillによる、まぁ何というか才能のかったまりのようなユニットですね(笑)。残念ながらGerald Levertが亡くなってしまったので(涙)、2枚のアルバムだけで打ち止めに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選59:♪Till Death Do Us Part - Solo

バラードもソロでそろえてみました...。 ジャケットは、Soloの「4 Bruthas & A Bass」(1998年)。 こちらはSoloの2nd。残念ながら今のところは最終盤ですね。1stのJam & Lewisからプロデュースが変わりました。Raphael Saadiq(Tony Toni Tone)、 Geral…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード名曲選58:♪You Taught Me How - Perri

ジャケットは、Perriの「Tradewinds」(1990年)。 Perriは4人姉妹によるヴォーカル・グループ。一度聴いてみたかった人たちなんですが、何と!アマゾンの1円中古(と言っても送料込みで351円でしたけど...)でゲット!それにしても中古CDには1円、2円、3円...とあるんですが、その違いは何なんでしょうか(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more