テーマ:グルーヴィン・ソウル名曲選

☆グルーヴィン・ソウル126:♪Deeper Than Love - The Temptations

  ジャケットはThe Temptationsの【Touch Me】(1985年) これは名シンガーAli-Ollie Woodson在籍中の1枚。もうだいぶ前のことですが入手困難な時期があり確か国内盤が出てから普通に手に入るようになったんじゃないかな。アリ・オリ参加のものでは【Truly for You】の方が好きですがもちろんこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル125:♪Let's Stay Together - Margie Joseph

  ジャケットはMargie Josephの【Margie Joseph】(オリジナル:1973年) 解説にはAretha Franklinを支えた名プロデューサーがアレサの次代を担うシンガーと見初めたのがMargie Josephと。なるほど素敵な歌声だなと思いつつも例のガイドブックには載ってない人なんですね。何でも器用に歌いこな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル124:♪Come With Me - Paul Kelly

  ジャケットはPaul Kellyの【The Best Of Paul Kelly】(1996年) Paul Kellyは70年代から活躍するサザン・ソウル・シンガー&ライター。例のガイドブック(1991年発行)の古い情報しかないので現状など詳しいことは不明。でも歌声を聴けば名シンガーであることはわかるかと (^^) 。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル123:♪Mojo Hand - Lightnin' Hopkins

本日はブルースのコンピ盤から!   ジャケットは【ブルース入門(The Introduction To The Blues)】(1997年) これは過去にPヴァイン・レコードからリリースされた編集盤。先日たまたま中古で見つけたもの。確認しようと現在のPヴァインのページで検索したが出てこない (^^; 。どうも「ブラック・ミュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル122:♪On The Real Side - Larry Saunders

確かタワレコさんからのメールに載っていたスタックス音源を集めたセット【101 Stax Records】がきっかけだと思う。101曲とか100曲とかジャンルを超えていろんなセットが出ていることを知り一番面白そうなこのセットを入手した。   ジャケットは【Northern Soul:The Ultimate Collection】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル121:♪Freak Around - Miami

  ジャケットはMiamiの【Miami】(オリジナル:1978年) Miamiはマイアミ・ソウルを支えるスタジオ・ミュージシャンを中心に結成されたファンク・バンド。マイアミ・ソウルと言われてもピンと来ない私ですが (^^; そこにはKC and the Sunshine Band、Betty Wrightをはじめとした名アーティス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル120:♪Street Walkin' Woman - Marlena Shaw

  ジャケットはMarlena Shawの【Who Is This Bitch, Anyway?】(オリジナル:1975年) ソウルと言うよりはジャズ系シンガーであるMarlena Shaw。このアルバムはLarry Carltonをはじめ豪華なバックがサポートした魅力的な1枚。彼女の名盤とされ歌も演奏も素晴らしい! 大好きな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル119:♪Rome Wasn't Built in a Day - Johnnie Tayl…

表紙は【ブルース&ソウル・レコーズ No.153】(2020年6月号) 「ブルース&ソウル・レコーズ」の最新号と次号(No.153、154)ではSam Cookeを特集。Sam Cookeであれば2号連続も当然かな。 と言うことでこんなアルバムを引っ張り出してきました。   ジャケットは【Sam Cooke's Sa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル118:♪Get It Together - Seal

  ジャケットはSealの【Best:1991 - 2004】(2004年) 本日はイギリスのSeal。聴いているのはこのベストだけです。前回とは打って変わってコンテポラリーな音楽ですね。何でもここにも収録されているAdamski(←知らない人です (^^; )の「Killer」にヴォーカルとして参加したことで注目されたんだとか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル117:♪Start Stoppin' - The O'Jays

これがラストなんてもったいないぞ~!   ジャケットはThe O'Jaysの【The Last Word】(2019年) これはThe O'Jaysの公式ラスト・アルバムである。 冒頭のわくわくするような「I Got You」からリズミカルな曲が並び、最後はEddie Levertの魅力たっぷりのバラード2曲で締める。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル116:♪T-Bone Shuffle - T-Bone Walker

【ブルース&ソウル・レコーズ】の最新号は多くのミュージシャンの憧れの的、モダン・ブルース・ギターの父と言われるT-Bone Walkerの大特集! 表紙は【ブルース&ソウル・レコーズ No.152】(2020年4月号) ここには1972年のロング・インタビューの他、アルバム解説、代表曲「Call It …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル115:♪Shotgun - Jr. Walker & The All Stars

  ジャケットはJr. Walker & The All Starsの【Shotgun】(オリジナル:1965年) このアルバムも例のガイドブックに掲載され以前から気になっていたもの。昨年暮れ入手。 そのガイドブックによればJr. Walker & The All Starsはヴォーカル&インスト・グループのハシリでファンキー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル112:♪Use Me - Demetrius Perry

タワレコさんより広告メールが届き「◆SOUL名盤 SUPER PRICE 980円(税抜)〈全202タイトル〉が発売」との情報が。覗いてみたら懐かしのこのアルバムを見つけたので本日はちょっと予定変更!(^^)   ジャケットはDemetrius Perryの【Another World】(1990年) 解説によればDemetr…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル111:♪Last Night In My Dreams - Karin Jones

  ジャケットはKarin Jonesの【Under The Influence Of Love】(オリジナル:1982年) Karin Jonesも例のガイドブックで興味を持った人。とは言え制作にEddie Levertがかかわっているのが大きなポイントだったかも (^^; 。 これは彼女の唯一のアルバム。今も手軽に入手でき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル110:♪Changes - King Curtis

本日はインストで!   ジャケットはKing Curtisの「Live at Fillmore West」(オリジナル:1971年) これはアメリカのR&Bサックス奏者King Curtisのソウルフルな傑作ライブ。 ボーカル・レスとは言えサックスをはじめソロはよく歌い、Procol Harumの「青い影(A White…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル109:♪Just Like Magic - Lovesmith

Michael Jacksonでひらめいた!   ジャケットはLovesmithの【Lovesmith】(オリジナル:1981年) Michael Lovesmith率いる3兄弟による70年代のスウィートなヴォーカル・ユニットThe Smith Connectionが母体となり、そこにもう一人兄弟を加え4兄弟になったヴォーカル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル108:♪Sleep Talk - Alyson Williams

ラグビーW杯の熱き戦いに気分も高揚。気合の入る1曲を!   ジャケットはAlyson Williamsの【Raw】(1989年) これは元High FashionのメンバーAlyson Williamsのソロ・デビュー・アルバム。彼女は久保田利伸とのデュエット「Forever Yours」でも知られる人ですね。 前半だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル107:♪裏切り者のテーマ - The O'Jays

The O'Jaysの15年ぶりのスタジオ・アルバム【The Last Word】がリリースされたらしい(知らなかった (^^;)。彼らとしてはこれが最終作だそうで、ついにその時が来たかという感じ。彼らの大ファン!であり、そして何よりソウル界№1ヴォーカリストはEddie Levertだ!と自認する私にとってはちょっと複雑な1枚ですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル106:♪I Want To Be Your Everything - High Fashi…

  ジャケットはHigh Fashionの【Feelin' Lucky】(オリジナル:1982年)。 前回に引き続き3人組グループから。と言っても今回は男女混合。High Fashionはよくある紅一点ではなく両手に華状態 (^^) 。それもAllison WilliamsとMeli'Sa Morganという超ド級の歌姫が華なのが凄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル105:♪The Day I Found Myself - Honey Cone

 ジャケットはHoney Coneの「Soulful Sugar」(2006年:2CD)。 本日はいかした女性3人組Honey Cone。 このアルバムはHoney Coneの全4枚のアルバムとシングル・バージョンをCD2枚に詰めこんだコンプリートなお徳用盤。軽快なジャンプ・ナンバーからミディアム、スロー、ファンキーなものま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル104:♪Open Sesame - Kool & The Gang

  ジャケットはKool & The Gangのベスト「Spin Their Top Hits」(オリジナル:1978年)。 デビュー当時はインスト中心のジャズ・ファンク・バンドだったKool & The Gang。70年代後半にヴォーカリストJames 'J.T.' Taylorを加えてからはプロデューサーにEumir Deo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル103:♪Get It Right - Glenn Jones

ついに音源めっけたぞ~! ジャケットはGlenn Jonesの「Here I Go Again」(1992年)。 これはソウル界屈指のシンガーGlenn Jonesのアルバムではとりわけ親しみやすいもの。「Here I Go Again」「In You」といったバラードやGenobia Jeterとのゴージャスなデュエット曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル101:♪Hang On To Your Love - Sade

ジャケットはSadeの「Diamond Life」(1984年)。 Sadeは最初の2枚で歴史が止まっていたので(汗)今さらですがグラミー賞受賞作「Lovers Rock」(2000年)を先日入手してみた。ん~これがなかなか自分には極渋で現状ではちょっと馴染めず。なのでとりあえず原点に戻ってみます(笑)。 初期の2枚では何て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more