テーマ:ジャズ

☆プラハより...♪Just Before The Light - 木住野佳子

ドヴォルザークの「新世界より」。ランキング作成のため出来る限り1日1演奏は聴くようにしているがこれがなかなか評価には至らず。曲が良すぎてどの演奏も素晴らしく聴こえる (^^; 。   ジャケットは木住野佳子の【Praha】(録音:2003年) 本日は木住野佳子の【Praha】。レコーディングはプラハ。エンディングもピアノ・ソロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Creation - Keith Jarrett

先日ネットで目にした情報では何とKeith Jarrettが2018年に2度の脳卒中を起こし現在も左半身に麻痺が残り復帰困難であると。その辺の事情は本人の弁として載っていたのできっと確かなことなんでしょうね。回復を祈りたい。   ジャケットはKeith Jarrettの【Creation】(録音:2014年) とりあえずPat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆夏の珍客...♪思い出の夏 - 今田勝

8月初旬物干し台のパイプの中にひょっこり現れたアマガエル。ピンボケはご愛嬌 (^^; 。実は数年前にも一度同じ場所に。今回2度目のご来訪。でも同じカエル?よほど居心地がいいのかな (^^) 。 それにしてもこ奴が何処から来たのかが真夏のミステリー。池、川など近くに水源はなし。田んぼも歩って来るにはちと遠い。家の周りは全て舗装されと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆メセニーだって燃えてるぜ!...♪Questions And Answer(Live) - Pat Methen…

ジャケットはPat Methenyの【Trio → Live】(2CD:2000年) これはPat Methenyのギター・トリオ・ライブ。アメリカ、日本、ヨーロッパの各公演から集めたものでおそらくライブ・ハウスのような小規模なステージによる音源ではないかと。リアルな臨場感が味わえます。選曲もバラエティに富んだものでジャコ・パスと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆かっちょい~!...♪Blue Bossa - Pat Martino

本日はジャズ・ギタリストPat Martino。PatはPatでもMethenyでなくMartinoですよん (^^) 。   ジャケットはPat Martinoの【Exit】(オリジナル:1976年) おそらく一般的知名度はそれほど高くない知る人ぞ知る的存在のMartino。かなりのテクニシャンで解説によればWes Mont…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Evening Tide - 松岡直也&ウィシング

忘れた頃にやって来たシャープマスクの当選通知。 そういえばいつだったか応募したっけ (^^; 。 マスクが手に入らない時期だったので念のためにと応募したんだけど。 品質は良さげですが今やマスクも十分あるしどうしようか...。 今年は夏らしい音楽を取り上げてなかったのでここはやはり松岡直也で!   ジャケットは松岡直也…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆総決算?...♪From This Place - Pat Metheny

  ジャケットはPat Methenyの【From This Place】(2020年) これはPat Methenyのソロ最新作。いきなり長尺のストーリー性のあるドラマティックな「America Undefined」で始まるからか、今まで以上に密度が濃く重量感を感じます。らしくない?といったレビューも見かけましたがなるほどそうかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆これもナイス!...♪The Flame - Keiko Lee

ここはひとつケイコ・リーというビタミン剤で!   ジャケットはKeiko Leeの【Vitamin K】(2003年) これは全編Keiko Leeのオリジナル(作曲)による作品集。4曲の新作とセルフカバーによるアルバムとのこと。作曲、アレンジ、プロデュースを全て自らが手掛けているせいかなかなかリラックスした雰囲気のアルバムで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪American Garage - Pat Metheny Group

  ジャケットはPat Metheny Groupの【American Garage】(録音:1979年) おそらくPat Methenyを最初に聴いたのがこれ。学生の頃、友人が集まった時に誰かがこのLPを持ってきたんじゃなかったかと...うろ覚え~!(^^; ただその時の印象はあまり芳しくなかったはず。その頃盛んに聴いていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆Lyle Maysが亡くなっていたなんて...♪燃えつきるまで - Mark Isham

  ジャケットはMark Ishamの【Film Music】(1985年) 何とLyle Maysが今年の2月に逝去。ん~全然知りませんでした。かなりのショック...。享年66。同年代の相棒Pat Methenyが今もって精力的に活動しているしまだ亡くなるには早いですよね。 実はメセニー・グループとしては少々異色とも思えるア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆こりゃたまらん!...♪朝日のようにさわやかに - Keiko Lee

  ジャケットはKeiko Leeの【Fragile】(2009年) 昨年ちょっと話題に上げたこのアルバムですが私が聴いたKeiko Leeの作品(5枚ほど)の中ではひときわ味わい深い1枚に。ヴォーカルが魅力的なのはもちろんのこと選曲とともにバックがまた良ろしい!ワンホーン(サックス)カルテットにパーカッションというほぼアコースティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Soul Search - Pat Metheny

Pat Methenyは手に入りやすいものを片っ端から聴いているので何の脈絡もなくやって来ます (^^; 。今回はこちらを!   ジャケットはPat Methenyの【Orchestrion】(2010年) 「オーケストリオン」とは何じゃらほい?とリリース元ワーナーのサイトを見ると「19世紀末から20世紀初頭に実在した、オーケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆どこかで聴いたぞ...♪Take Me To The Mardi Gras - Bob James

  ジャケットは【The Very Best Of Bob James】(2015年:2CD) これもまとめ買いの折たまたま見つけたもの。Bob Jamesはあまり聴いてなかったのでゲット。300円ほどで。\(^^)/ 昔はギター中心で聴いていたこともあり何となく物足りなさを感じたものですが、今聴けばこういった優しいフュージ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Country Roads - Gary Burton

実はPat Methenyのランキングをやろうと思っていたのですが、よせばいいのに確認のため音源を聴いてたら収拾がつかなくなっちいました (^^; 。自身のグループ、ソロ、コラボ、複数のユニットなど演奏スタイルもそうですが、ジャズ、フュージョン、映画音楽、ヴォーカル・サポートなど作品のコンセプトも違うなど、すべてひっくるめてランキング化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Turn Me On - Norah Jones

最近新たに聴くポップ・ミュージックは80年代後半~現在に至るヒット作が中心。その間リアルタイムな音楽をほとんど聴いてこなかったのでどうしてもそこに集中しますね。今回はNorah Jonesで!   ジャケットはNorah Jonesの【Come Away with Me】(2002年) ウィキペディアを見て思い出しましたがそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆音楽ブルーレイを作ってみた!...♪アントニオの歌 - 木住野佳子

パソコンの移行作業が思いのほか順調なので余裕こいてちょいと遊んじゃいました (^^) 。 トップ画面 タイトル・リスト画面 再生画面 パソコンのスペックが上がったらぜひやって見たかったのが音楽用ブルーレイディスク(BD)の作成。もちろん私的観賞用に。お気に入りのアーティストを聴いているとアルバムをまたいで聴きたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Death Letter - Cassandra Wilson

  ジャケットはCassandra Wilsonの「New Moon Daughter」(1996年) Cassandra Wilsonもとりあえずこのアルバムしか聴いてないですがこの人も古いスタイルとは無縁の独自スタイルで聴きやすかったです。生音中心で極シブながらディープ、それになかなかポップで美しさも。ハスキーで低い声というのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆今宵はこんな映像で...♪Live In Paris - Diana Krall

  ジャケットはDiana Krallの【Live in Paris】(2002年:DVD) ついに映像にまで手を出してしまった。日本仕様ではない(リージョン1)というのもあってかごっつ安かった。案の定我が家のプレーヤーでは見られずパソコンで鑑賞 (^^;) 。 ジャズ・ボーカルはイマイチ苦手でこれまであまり聴いてこなかったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆秋めいて...♪Love Your Spell Is Everywhere - Curtis Fuller

ようやく気持ち玉が復活しましたね。とは言えそれほど手放しでは喜べないかな。 クローラーとかの扱いを変えた関係でアクセス数が激減してます。折しもラグビーW杯で気持ちも高揚している今、盛り下げてどうすんだ!って感じ。より実態に則したリニューアル前の数値に戻したと言うことなんでしょうが、理由がどうあれ数が減るのは何だか寂しい。やけに秋風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆記事別訪問者数を取り出してみた!...♪Morning Dance - Spyro Gyra

リニューアルからほぼひと月。7月分の記事別訪問者数を取り出してみました。かなり原始的な方法なので参考にならないと思いますが (^^;) とりあえず書いてみますね。 編集にはテキストエディタ(VxEditor)、CSVエディタ(Cassva)を使用。もともとエクセルに投稿記事の一覧は作ってあったのでそこに訪問者数を載せます。なお説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Cry Me A River - Diana Krall

昔はジャズ・ヴォーカルを聴こうなんて思いもしなかったのですが (^^;) 、最近何となく興味がわいてきました。Keiko Leeの影響もあるかな?とにかく今回はこちらのアルバムを!   ジャケットはDiana Krallの「The Look of Love」(2001年)。 カナダのジャズ・シンガー&ピアニストDiana …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Hide & seek - Chuck Mangione

ジャケットはChuck Mangioneのベスト「Magic」(1980年:LP)。 70~80年代のラッパによるフュージョンではトランペットのHerb Alpertとともに人気だったのがフリューゲルホルンのChuck Mangione。「Feels So Good」や冬季オリンピックのTVテーマ「栄光をめざして(Give It …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪New Native - 菊地雅章(feat.日野皓正)

日野皓正が旭日小綬章に選ばれたということでまずはここ↓から。 ジャケットは菊地雅章の「ススト」(CD選書盤/オリジナル:1981年)。 とにかく日野皓正のオリジナル・アルバムは一枚もないので(汗)彼の演奏しているものが何かないかな?と見つけたのが菊地雅章の名盤とされるこの「ススト」。このCD選書盤はおそらく90年代に初CD化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪孤軍 - 秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンド

ジャケットは秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンドの「孤軍」(オリジナル:1974年/レンタル入手)。 1. Elegy 2. Memory 3. 孤軍 4. American Ballad 5. Henpecked Old Man あまり聴く機会のなかった秋吉敏子でしたが名盤のひとつとされるアルバム「孤軍」を聴いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Walking Shoes - Gerry Mulligan

前回に続きGerry Mulliganの演奏から。 ジャケットは「Jazz Collection 6:Gerry Mulligan」(2002年)。 今も通う眼科は予約しても2時間待ったりするので(汗)昔は受付だけ済ませ許可をもらって外出したことも。そんな時暇つぶしに立ち寄った100均で買ったのがこれだった。ネットによればダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Night Lights - Gerry Mulligan

ジャケットはGerry Mulliganの「Night Lights」(録音:1963, 65年)。 これは先日来ちょっとしたマイ・ブームだったボサノバで思い出したアルバム。と言ってもボサノバと言えるのは「カーニバルの朝」(映画「黒いオルフェ」の主題歌)だけですけど(笑)。ジャズ・バリトン・サックスの第一人者Gerry Mulli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Since I Fell for You - Kenny Burrell

ジャケットはKenny Burrellの「'Round Midnight」(オリジナル:1972年)。 1 A Streetcar Named Desire 2 Make Someone Happy 3 'Round Midnight 4 I Think It's Going To Rain Today 5 Since I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Harlem River Drive - Bobbi Humphrey

ジャケットはBobbi Humphreyの「Blacks and Blues」(オリジナル:1973年)。 これは女性フルート奏者Bobbi Humphreyによるフュージョン作品。本人を含め内容についてはまったく知らずにいたのですが、以前よりジャケットには見覚えがあり確か名盤と呼ばれていたよな?とこれまた中古でせしめました(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more