テーマ:ジャズ

♪Soul Search - Pat Metheny

Pat Methenyは手に入りやすいものを片っ端から聴いているので何の脈絡もなくやって来ます (^^; 。今回はこちらを!   ジャケットはPat Methenyの【Orchestrion】(2010年) 「オーケストリオン」とは何じゃらほい?とリリース元ワーナーのサイトを見ると「19世紀末から20世紀初頭に実在した、オーケ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆どこかで聴いたぞ...♪Take Me To The Mardi Gras - Bob James

  ジャケットは【The Very Best Of Bob James】(2015年:2CD) これもまとめ買いの折たまたま見つけたもの。Bob Jamesはあまり聴いてなかったのでゲット。300円ほどで。\(^^)/ 昔はギター中心で聴いていたこともあり何となく物足りなさを感じたものですが、今聴けばこういった優しいフュージ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Country Roads - Gary Burton

実はPat Methenyのランキングをやろうと思っていたのですが、よせばいいのに確認のため音源を聴いてたら収拾がつかなくなっちいました (^^; 。自身のグループ、ソロ、コラボ、複数のユニットなど演奏スタイルもそうですが、ジャズ、フュージョン、映画音楽、ヴォーカル・サポートなど作品のコンセプトも違うなど、すべてひっくるめてランキング化…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Turn Me On - Norah Jones

最近新たに聴くポップ・ミュージックは80年代後半~現在に至るヒット作が中心。その間リアルタイムな音楽をほとんど聴いてこなかったのでどうしてもそこに集中しますね。今回はNorah Jonesで!   ジャケットはNorah Jonesの【Come Away with Me】(2002年) ウィキペディアを見て思い出しましたがそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆音楽ブルーレイを作ってみた!...♪アントニオの歌 - 木住野佳子

パソコンの移行作業が思いのほか順調なので余裕こいてちょいと遊んじゃいました (^^) 。 トップ画面 タイトル・リスト画面 再生画面 パソコンのスペックが上がったらぜひやって見たかったのが音楽用ブルーレイディスク(BD)の作成。もちろん私的観賞用に。お気に入りのアーティストを聴いているとアルバムをまたいで聴きたく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Death Letter - Cassandra Wilson

  ジャケットはCassandra Wilsonの「New Moon Daughter」(1996年) Cassandra Wilsonもとりあえずこのアルバムしか聴いてないですがこの人も古いスタイルとは無縁の独自スタイルで聴きやすかったです。生音中心で極シブながらディープ、それになかなかポップで美しさも。ハスキーで低い声というのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆今宵はこんな映像で...♪Live In Paris - Diana Krall

  ジャケットはDiana Krallの【Live in Paris】(2002年:DVD) ついに映像にまで手を出してしまった。日本仕様ではない(リージョン1)というのもあってかごっつ安かった。案の定我が家のプレーヤーでは見られずパソコンで鑑賞 (^^;) 。 ジャズ・ボーカルはイマイチ苦手でこれまであまり聴いてこなかったの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆秋めいて...♪Love Your Spell Is Everywhere - Curtis Fuller

ようやく気持ち玉が復活しましたね。とは言えそれほど手放しでは喜べないかな。 クローラーとかの扱いを変えた関係でアクセス数が激減してます。折しもラグビーW杯で気持ちも高揚している今、盛り下げてどうすんだ!って感じ。より実態に則したリニューアル前の数値に戻したと言うことなんでしょうが、理由がどうあれ数が減るのは何だか寂しい。やけに秋風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆記事別訪問者数を取り出してみた!...♪Morning Dance - Spyro Gyra

リニューアルからほぼひと月。7月分の記事別訪問者数を取り出してみました。かなり原始的な方法なので参考にならないと思いますが (^^;) とりあえず書いてみますね。 編集にはテキストエディタ(VxEditor)、CSVエディタ(Cassva)を使用。もともとエクセルに投稿記事の一覧は作ってあったのでそこに訪問者数を載せます。なお説明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Cry Me A River - Diana Krall

昔はジャズ・ヴォーカルを聴こうなんて思いもしなかったのですが (^^;) 、最近何となく興味がわいてきました。Keiko Leeの影響もあるかな?とにかく今回はこちらのアルバムを!   ジャケットはDiana Krallの「The Look of Love」(2001年)。 カナダのジャズ・シンガー&ピアニストDiana …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪Hide & seek - Chuck Mangione

ジャケットはChuck Mangioneのベスト「Magic」(1980年:LP)。 70~80年代のラッパによるフュージョンではトランペットのHerb Alpertとともに人気だったのがフリューゲルホルンのChuck Mangione。「Feels So Good」や冬季オリンピックのTVテーマ「栄光をめざして(Give It …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪New Native - 菊地雅章(feat.日野皓正)

日野皓正が旭日小綬章に選ばれたということでまずはここ↓から。 ジャケットは菊地雅章の「ススト」(CD選書盤/オリジナル:1981年)。 とにかく日野皓正のオリジナル・アルバムは一枚もないので(汗)彼の演奏しているものが何かないかな?と見つけたのが菊地雅章の名盤とされるこの「ススト」。このCD選書盤はおそらく90年代に初CD化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪孤軍 - 秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンド

ジャケットは秋吉敏子=ルー・タバキンビッグバンドの「孤軍」(オリジナル:1974年/レンタル入手)。 1. Elegy 2. Memory 3. 孤軍 4. American Ballad 5. Henpecked Old Man あまり聴く機会のなかった秋吉敏子でしたが名盤のひとつとされるアルバム「孤軍」を聴いてみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Walking Shoes - Gerry Mulligan

前回に続きGerry Mulliganの演奏から。 ジャケットは「Jazz Collection 6:Gerry Mulligan」(2002年)。 今も通う眼科は予約しても2時間待ったりするので(汗)昔は受付だけ済ませ許可をもらって外出したことも。そんな時暇つぶしに立ち寄った100均で買ったのがこれだった。ネットによればダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Night Lights - Gerry Mulligan

ジャケットはGerry Mulliganの「Night Lights」(録音:1963, 65年)。 これは先日来ちょっとしたマイ・ブームだったボサノバで思い出したアルバム。と言ってもボサノバと言えるのは「カーニバルの朝」(映画「黒いオルフェ」の主題歌)だけですけど(笑)。ジャズ・バリトン・サックスの第一人者Gerry Mulli…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Since I Fell for You - Kenny Burrell

ジャケットはKenny Burrellの「'Round Midnight」(オリジナル:1972年)。 1 A Streetcar Named Desire 2 Make Someone Happy 3 'Round Midnight 4 I Think It's Going To Rain Today 5 Since I…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Harlem River Drive - Bobbi Humphrey

ジャケットはBobbi Humphreyの「Blacks and Blues」(オリジナル:1973年)。 これは女性フルート奏者Bobbi Humphreyによるフュージョン作品。本人を含め内容についてはまったく知らずにいたのですが、以前よりジャケットには見覚えがあり確か名盤と呼ばれていたよな?とこれまた中古でせしめました(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪If It's Love - Keiko Lee

久しぶりに中古盤を大人買い。その中の1枚です。ポップな選曲だったので入手してみました。 ジャケットはKeiko Leeの「If It's Love」(1998年)。 ジャズ、ロック、ソウル、ボサノバなどいろんな要素がからんでいて飽きの来ないアルバムになってます。名曲カバーが中心ですが3曲ある彼女のオリジナルも聴きものになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Stolen Moments - Oliver Nelson

これもいいね! ジャケットはOliver Nelsonの「ブルースの真髄(The Blues and the Abstract Truth)」(録音:1961年)。 これは以前紹介したSonny Rollinsの「Alfie」(1966年)などのアレンジャーとしても名高いサックス奏者Oliver Nelsonのリーダー・アル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆秋めいて...:♪The Truth Will Always Be - Pat Metheny

今日もすこぶる天気はいい。気温もそれなりに高いが陽気はすでに秋模様。風がごっつ爽やかです。秋の気配が感じられるようになると少々節々が痛んだりもするが(汗)心地いいからまぁいいか(笑)。 秋めいて何だかセンチになったらこちら↓がお勧めですよ! ジャケットはPat Methenyの「Secret Story」(1992年)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ワインレッドの心 - Keiko Lee

Keiko LeeのJ-Popカバー・アルバムを聴いてみた! ジャケットはKeiko Leeの「Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection」(2017年:レンタル入手)。 01 あまく危険な香り 02 ラブ・ストーリーは突然に 03 桃色吐息 04 ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Stranger - Shakatak

ジャケットはShakatakのベスト「The Best of」(1982年:LP)。 ジャケットはShakatakのベスト「The Very Best of」(1988年)。 80年代ポップで爽やかなサウンドで人気を博したおしゃれなフュージョン・バンドShakatak。春めく今にはピッタリかと。ただ私にとっては「Night …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Little Black Samba - Grover Washington Jr.

ジャケットはGrover Washington Jr.のアルバム「Winelight」(1980年)、「Come Morning」(1981年)の2in1ミュージック・カセット。 このカセットは聴きまくったのでテープはヘロヘロ(汗)。まともに聴ける状態ではないんですがなぜか捨てられない~。現在Grover Washington J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆な、な、なんと!一流ミュージシャンによる歌入りジャズ・カラオケCDとな!

ジャケットはマーサ三宅ほかによる「ジャズ・ヴォーカル&カラオケ大全集Vol.4」(1985年)。 これは聴いてもよし歌ってもよしの一風変わったカラオケ機能付きジャズ・ヴォーカル・アルバム。購入当時はジャズ・ミュージシャンをあまり知らなかったので感じなかったですが、ご覧の通りこのバックで素人が歌えるのは凄いことですよね(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆PrimeSeatでビッグバンド・ジャズを!:♪La Fiesta - 宮間利之とニューハード

ハイレゾ音源配信PrimeSeatのベルリン・フィル演奏会は残念ながら2/25のラトルによる生ライブまで配信がない...が、しかし、その代わりと言っちゃぁなんですがビッグバンド・ジャズの楽しい音源を発見!宮間利之とニューハードによるライブ。 ニューハードの創立者である宮間利之さんは2016年に94歳で亡くなられたとのことですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪スヌーピー生誕40周年記念オフィシャル・アルバム

ジャケットは「Happy Anniversary, Charlie Brown!」(1989年)。 クリスマス企画のアルバムはそこそこ持っていたような気がしたんですが、結局のところ時期を過ぎればあまり聴かないのでその多くは手放したみたい(汗)。そんなわけでこんなアルバムを取り出してみました。 スヌーピー生誕40周年記念オ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Hard Rock - Herbie Hancock

今日はハデハデで! ジャケットはHerbie Hancockのベスト「Star Box」(1989年)。 Herbie Hancockのリーダー・アルバムはあまり持ってないのですが、ベストはブルーノート盤とこの「Star Box」を所有。とりあえずアコースティックなジャズをやっているブルーノート盤を表ベスト、エレクトリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Joe Pass - How High The Moon

今日のギターはジャズのソロで! ジャケットはJoe Passの「Virtuoso」(1973年)。 このアルバムはジャズ・ギタリストJoe Passによるソロ演奏集ですが正直言うともはやお手上げの1枚。ここまでくるともう私のキャパを超えてます(笑)。テクニックは凄いんだろうけど時折難解なアドリブが出現し原曲が見えなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more