テーマ:ロック

☆今さら聞けない「タピオカって?」...♪Tapioca Tundra - The Monkees

食の流行にあまり興味がない人で未だタピオカを食したことがない。つい最近までタピオカは木の実?ベリー系の果物?みたいに思ってました (^^;) 。キャッサバとか言う植物の根茎から製造したデンプン(ウィキペディアより)だそうですね。何だ、ジャガイモみたいなもんか (^^) 。 それにしても流行ってますよね。専門店が出来るほどで。ナタデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆訪問者数について:自分がアホだったのね...♪アキレス最後の戦い&哀しみの恋人達 - 王様

先日、2019/8/16の記事で訪問者数について認識不足から間違った記述をしてしまったので訂正させていただきます。 訪問者数についてはウェブリブログサポートに以下のようにあります。 ・各時間の訪問者数を足したものと一日の合計値について 「一人の訪問者が一日にブログを複数回訪問した場合、各時間の訪問者数を手動で足したもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆訪問者数どれが正解?...♪深紫伝説 - 王様

リニューアル後の何を今さら!な気になる点を2つほど。 何となく違和感を覚え訪問者数を調べてみました。これがもうむちゃくちゃで。日毎のページ別の加算合計数、時間別の加算合計数、あらかじめ表示されている合計数(全ページ、全時間は同数)が三者三様。ページ別、時間別をそれぞれ加算合計しても数が合いません。何日分か調べましたが結果は同じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆こりゃ傑作だ!...♪The Judas kiss - The Flower Kings

やっと手に入れたぞ~!\(^^)/   ジャケットはThe Flower Kingsの【Retropolis】(1996年)。 スウェーデンのプログレッシブ・ロックバンド、The Flower Kingsを聴くのはこれがはじめて。所有のガイドブックでは比較的大きく扱われている割には音源が稀少でなかなかお手軽に入手出来ないバンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆異色な1曲...♪Spanish / A Minor - Mick Taylor

  ジャケットはMick Taylorの「Mick Taylor」(オリジナル:1979年)。 Mick Taylorは過去にLPを1枚だけ聴いている。学生のころ「Mick Taylorはギターうまいんだぜ!」と聞きそれじゃぁと買ったもので、誰かのライブにゲスト参加したアルバムだったかと。確かAB面で別のギタリストが参加していたと記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆こちらも便乗リニューアル...♪I'm Not In Love - 10cc

当ブログは提供されたデザインをそのまま利用しただけなので見かけ上今回のリニューアルによる影響はほとんどなかったのですが、1点気に入らないところがあったので気分転換も兼ねデザインを変えてみました。 実はリニューアル前の当ブログの仕様をはっきり覚えておらず (^^;) 確か本文の背景は薄めのイエローにしてたんじゃないかと。自分なりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆梅雨空は派手なロックで吹き飛ばせ!...♪Dreams - Van Halen

鬱陶しい梅雨空に加えまるで牛歩の如き進行のリニューアル作業(昨晩もばたばたしてましたね)。なかなかスカッ!としませんね。そんな時は派手なロックで憂さ晴らし!(笑)   ジャケットはVan Halenの「Best Of Volume 1」(1996年)。 何となくブログに集中できないので気分転換に「Dreams」を聴いてみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆とりあえず投稿してみる...♪Let It Be - The Beatles

ついにリニューアルされましたね。正直使い方がよくわかりません(汗)。 ブロガーたちの反応を見るとまだまだ手直しも必要な感じだし(そんなレベルじゃないような気もしますが...汗)、しばらくは様子を見るしかないですね。 とにかく一度投稿してみることにします。音楽は何となく「Let It Be」。はたしてうまくいくかな?  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Big Bad Bill Is Sweet William Now - Ry Cooder

ご機嫌なナンバーを! ジャケットはRy Cooderの「Jazz」(1990年/オリジナル:1978年)。 解説によるとこのアルバムは1920年前後のポップスを中心にジャズ、教会音楽などをRy Cooderなりのジャズ感覚で演奏したものらしい。なるほどオールド・ジャズ風味の楽しい曲が並んでます。 穏やかなインストが多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ザ・懐メロ:♪青い影 - Procol Harum

昨年のシルバー川柳に「懐メロが新し過ぎて歌えない」と。なかなか実感ですね。安室ちゃんが懐かしいとか言われてもピンと来ないです(汗)。やっぱり懐メロはここ↓までこないと(笑)。 ジャケットはProcol Harumの「青い影」(1978年LP/オリジナル:1967年)。 オルガン・ロックの金字塔。たとえロック・ファンじゃなくて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Slave To Love - Bryan Ferry

ジャケットはBryan Ferryのベスト「The Ultimate Collection」(1988年)。 自分にとってBryan FerryはCMで流れていた「Slave To Love」と「Don't Stop the Dance」が全てと言ってもいい存在。Roxy Music時代、ソロ時代ともにオリジナル・アルバムは未聴で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪炎の欲望 - Kansas

本日はネアカ・プログレで(笑)。 ジャケットは「The Best Of Kansas」(1984年)。 Kansasはアメリカのプログレッシブ・ロックバンド。さすがアメリカのバンド、曲調は明るくストレートな楷書の演奏といったところ。彼らの一番のヒット曲が「全ては風の中に(Dust in the Wind)」(1977年のアル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Yes Man - Affinity

イギリスのプログレ・バンドAffinityを聴いてみた! ジャケットはAffinityの「Affinity」(1970年)。 01 I Am And So Are You 02 Night Flight 03 I Wonder If I Care As Much 04 Mr. Joy 05 Three Sisters…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Out To Get You - Grand Funk Railroad

ジャケットはGrand Funk Railroadの「熱い激突(Good Singin', Good Playin')」(1976年)。 これも今回まとめ買いしたアルバムの中のひとつ。ほぼリアル・タイムでこのアルバムを聴いたはずですがあまり熱中した記憶はなく、そのLPは手元にないのでたぶん売ったんでしょう(汗)。学生時代Grand…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Turn to stone - Joe Walsh

このジャケットどうなんでしょ...。 ジャケットはJoe Walshのベスト「The Best of Joe Walsh & The James Gang(1969-1974)」(1997年)。 ジャケットはJoe Walshのライブ「You Can't Argue With A Sick Mind」(オリジナル:1976年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Black & White Night - Roy Orbison and Friends

ヴェルヴェット・ヴォイスとロックンロールとバラードと! ジャケットはRoy Orbison他によるライブ「Black & White Night」(1988年:LD)。 このライブは前回紹介したJ.D.Southerのアルバム解説でも紹介されていたもの。そう言えばあったなぁと探し出してきました。当時はRoy Orbisonの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Mexico - Firefall

ジャケットはFirefallの「Firefall」(1976年)。 Firefallはアメリカのウェストコーストロックバンドでこのアルバムは彼らの1stアルバム。学生の頃、誰だったか「これいいぜ!」と薦めてくれたのですが当時は興味が沸かずその後かなりの年月を経てからの購入。内容を知らなかったこともあり半分ジャケ買いだったかも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Joanne-Michael Nesmith & the First National Band

今朝は何だか肌寒かったですね。今週関東地方は最高気温が30℃には達しないらしいです。もう体感的にも秋なりましたかねぇ。本日はそんな今にちょっとお勧めしたい味わい深いカントリー・ロックを。 表紙は雑誌「これが最高!英米編(Critics' Choice Top 200 Albums)」(1979年)。 先日Eaglesの初期ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪金星のライオン - Pink Cloud

 ジャケットはPink Cloudのベスト「Give You're Best」(1990年)。 先日の新聞のテレビ欄。「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」(BS朝日)という番組に「名ギタリスト」とだけ記述が。誰なんじゃい!と番組を見たらCharでした。日本のロックには疎くCharと言えば「気絶するほど悩ましい」(1977年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グレイテスト・ヒッツ 1971-1975が売上歴代トップに!:♪呪われた夜 - Eagles

ジャケットはEaglesのベスト「グレイテスト・ヒッツ(Their Greatest Hits)1971-1975」(オリジナル:1976年)。 米レコード協会(RIAA)がこのアルバムの累積売上が歴代トップになったと発表したらしい。それまでトップだったあのMichael Jacksonの「Thriller」(1982年)を抜いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆終わらないで欲しい...:♪Every Day - Steve Hackett

ジャケットはSteve Hackettの「虹色の朝(Spectral Mornings)」(オリジナル:1979年)。 Genesisをあまり聴かないこともありSteve Hackettのアルバムはこれがはじめて。過去にGTRのアルバムを持っていたのですがこの人の存在は記憶がない(汗)。このアルバムはオリエンタルな雰囲気も感じさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪明日なき暴走 - Bruce Springsteen

ジャケットはBruce Springsteenの「Video Anthology / 1978-88」(1989年:LD)。 先日、BS-TBS「Song To Soul〜永遠の一曲〜」で取り上げられた「明日なき暴走(Born to Run)」。懐かしさも手伝ってちょっとだけ思い出を。 思い起こせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪White Room - Cream

ジャケットはCreamの「White Room:Cream Best 6」(1972年:コンパクト盤)。 ブルース・ロックの聴き始めはたぶんこの辺から。かと言って以降Creamを聴き込んだということもなく、彼らのベスト盤CDも持ってますが結局聴いたのはこのレコードの収録曲ぐらい。それでも「White Room」は好きでギターをコピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪East-West - The Butterfield Blues Band

ジャケットはThe Butterfield Blues Bandの「East-West」(1988年国内盤CD/オリジナル:1966年)。 オリジナルは古いですがこのアルバムはこのCDで聴くのがはじめて。CDのリリース当時(1990年前後)はブルース・ロック熱はあまりなかったような気がするんですが、ソウル、ブルースといったブラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Me And My Baby - Ten Years After

Ana Popovicに感化されこんなものを聴いてみた!  ジャケットはTen Years Afterのベスト「Portfolio:A History」(1988年)。 Ten Years Afterはこれしか知らず、当然彼らをリアル・タイムで聴いたわけではないです。このアルバムのリリース時期にはあまりハードなものは聴いてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more