テーマ:ロック

☆グレイテスト・ヒッツ 1971-1975が売上歴代トップに!:♪呪われた夜 - Eagles

ジャケットはEaglesのベスト「グレイテスト・ヒッツ(Their Greatest Hits)1971-1975」(オリジナル:1976年)。 米レコード協会(RIAA)がこのアルバムの累積売上が歴代トップになったと発表したらしい。それまでトップだったあのMichael Jacksonの「Thriller」(1982年)を抜いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆終わらないで欲しい...:♪Every Day - Steve Hackett

ジャケットはSteve Hackettの「虹色の朝(Spectral Mornings)」(オリジナル:1979年)。 Genesisをあまり聴かないこともありSteve Hackettのアルバムはこれがはじめて。過去にGTRのアルバムを持っていたのですがこの人の存在は記憶がない(汗)。このアルバムはオリエンタルな雰囲気も感じさせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪明日なき暴走 - Bruce Springsteen

ジャケットはBruce Springsteenの「Video Anthology / 1978-88」(1989年:LD)。 先日、BS-TBS「Song To Soul〜永遠の一曲〜」で取り上げられた「明日なき暴走(Born to Run)」。懐かしさも手伝ってちょっとだけ思い出を。 思い起こせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪White Room - Cream

ジャケットはCreamの「White Room:Cream Best 6」(1972年:コンパクト盤)。 ブルース・ロックの聴き始めはたぶんこの辺から。かと言って以降Creamを聴き込んだということもなく、彼らのベスト盤CDも持ってますが結局聴いたのはこのレコードの収録曲ぐらい。それでも「White Room」は好きでギターをコピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪East-West - The Butterfield Blues Band

ジャケットはThe Butterfield Blues Bandの「East-West」(1988年国内盤CD/オリジナル:1966年)。 オリジナルは古いですがこのアルバムはこのCDで聴くのがはじめて。CDのリリース当時(1990年前後)はブルース・ロック熱はあまりなかったような気がするんですが、ソウル、ブルースといったブラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Me And My Baby - Ten Years After

Ana Popovicに感化されこんなものを聴いてみた!  ジャケットはTen Years Afterのベスト「Portfolio:A History」(1988年)。 Ten Years Afterはこれしか知らず、当然彼らをリアル・タイムで聴いたわけではないです。このアルバムのリリース時期にはあまりハードなものは聴いてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Run to You - Bryan Adams

ジャケットはBryan Adamsの「Hits On Fire」(1988年:2CD)。 このアルバムはBryan Adamsの当時の新譜「Into the Fire」(1987年)とベスト盤を合わせたどうも日本で企画されたものらしい。はじめて彼を聴くには一石二鳥ですね(笑)。 あまり詳しくないBryan Adamsですが西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪悲しきサルタン - Dire Straits

ジャケットはDire Straitsの「Alchemy Live(LD)」(1983年:London, Hammersmith Apollo)。 a-haの「Take On Me」と同じく80年代を代表するPV曲「Money For Nothing」(1985年)が懐かしいDire Straits。このライブはその少し前のものでど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪青空のヴァレリー - Steve Winwood

ジャケットはSteve Winwoodのベスト「Chronicles」(1987年)。 Traffic、Blind Faith等名グループに在籍したSteve Winwoodですが、彼の音源はEric Claptonのボックス・セットに収録されたBlind Faithの音源とこのベスト1枚。 Steve Winwoodと言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪同じことさ! - The Band

オリンピック始まりましたね!でもスノーボードはよくわかりません。解説で連呼される技のひとつひとつが理解不能(汗)。「スタイリッシュです!」とか言われてもねぇ...。 ジャケットはThe Bandのベスト「軌跡(The Best of)」(オリジナル:1976年)。 先日はアメリカとイギリスの混成チーム(Foreigner)だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪A Love In Vain - Foreigner

ジャケットはForeignerの「Agent Provocateur」(1984年)。 アメリカのロック・グループForeigner。その名前はアメリカ、イギリス出身の混成メンバーだったことによりつけられたとか。何となくイギリスのグループのように感じてしまうのは曲作りの中心人物Mick Jonesがイギリス出身だからでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆有名TV番組でも使ってた?懐かしの駅売りCD

ジャケットは「The Beatles:1962-1970(3CD)」(?年)。 先日The Monkeesをしこたま聴いたのでThe Beatlesもちょっと聴いてみました。これ、昔流行りましたね、いわゆる駅売りCD。こういったものは結構持ってます(笑)。純粋に聴きたくて買ったものももちろんありますが車載用として買ったものがほとん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Pleasant Valley Sunday - The Monkees

ジャケットは「The Monkees:Pack20」(1970年代:LP)。 ジャケットは「The Monkees:Original Album Series(5CD)」(2009年)。 久しぶりにThe Monkeesを聴きました。上が懐かしのマイ・デビュー盤。「Tapioca Tundra」とか「D.W.Washburn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪クリスマス・イブ - 山下達郎

今年のイブは直球勝負!(笑) ジャケットは山下達郎の「Melodies」(1983年)。 山下達郎は少々苦手だったこともあり持っているアルバムはこれ1枚。まぁ一家に1枚みたいなアルバムかと。ちなみに多重録音によるアカペラ・アルバム「On The Street Corner」(1980年)も持っていたのですが売っちゃいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪While My Guitar Gently Weeps - Santana

クリスマスにはやっぱりサンタ...ナ? ジャケットはSantanaの「Guitar Heaven:The Greatest Guitar Classics of All Time」(2010年:レンタル入手)。 寒さを吹き飛ばそうとSantanaのカバー・アルバムを聴いてみた!...なんのこっちゃ(笑)。ロックの名曲集と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Cry For The Moon - 浜田麻里

浜田麻里を聴いてみた! ジャケットは浜田麻里のベスト「mari hamada - greatest hits」(2000年/レンタル入手)。 Tカードの更新だったので何か1枚と借りたのがこれ。近所のTSUTAYA店舗は小規模で正直あまり借りるものがなく(汗)未経験な人にしようと浜田麻里を借りてきました。日本の女性ロックと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪afternoon - 松原正樹

ジャケットは「松原正樹 ゴールデン☆ベスト」(2011年:レンタル入手)。 01 S.O.S.(Society Of Soul) 02 Hunch 03 I Remember 04 Shining Star 05 You Babe 06 Make It With Me 07 Stand! 08 Silly Cru…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪From Another Time - James Gang

うひょ~かっこいいギターですね! ジャケットはJames Gangの「Bang」(オリジナル:1973年)。 James Gangを聴くのはこれがはじめて。せっかくなのでTommy Bolinが参加したアルバムを選んでみました。Tommy Bolinは少々苦手にしていたスライド・ギターを多用する人なのでそれほど熱中したわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Deacon Blues - Steely Dan

Steely DanのメンバーWalter Becker死去、享年67。 ジャケットはSteely Danのベスト「A Decade Of Steely Dan(The Best Of)」(1985年)。 Steely Danと言っても聴いたのは「彩(Aja)」(1977年)とこのベストぐらいであまり詳しくはないです。ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Missing city - 柳ジョージ

うぅぅ...泣ける...。 ジャケットは柳ジョージのライブ「Willow's Gate Tour」(録音1988年)。 今週のBSジャパン「あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち~」は「1979年:実力派シンガー達の時代」と題して、布施明、桑名正博、柳ジョージ、八神純子、渡辺真知子、大橋純子、上田正樹、松崎しげるといった錚々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪身も心も - 宇崎竜童、 玉置浩二

先日、散歩がてらに近くの公園に行き、ふと目にとまった樹木のネーム・プレートには「ソメイヨシノ」。見上げると青々と生い茂ってました。いやぁ~、今まで考えたこともなかったですが、桜の木って本当は今が一番生き生きしている時かもしれませんよ。もちろん春の美しさには遠く及びませんが、遠めに見る青き桜並木はなかなか見事なもんでした。どうです?たまに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Waiting for the Thunder - Helloween

ジャケットはHelloweenの「Straight Out Of Hell」(2013年)。 プログレ目当てに何かめぼしいロックの中古盤を探していたらこのアルバムが。「Helloween」?ん~確かフランスのプログレじゃなかったっけ?それは「Halloween」ですよ~!(笑)こちらはドイツのヘヴィ・メタルらしい。 ヘヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆サンタナ・ファン必見ですよ~!♪Corazon Live - Santana

昨年、Santanaの最新アルバム「Santana IV」がレンタル解禁になったのを機に未聴だった「Corazon」ともども借りてみた。 「Corazon」は最近ではよく見られるようなゲスト・ヴォーカルを交えたラテン色の強いポップな作り。特に後半が気に入っていて「愛しのマルガリータ(Margarita)」「永遠の愛(Amor Co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Baby Come Back - Player

「1978年:Billboard №1 Hits」(FM誌付録のカセット・レーベル)。 ジャケットは、Playerのベスト「The Best Of ...」(1998年)。 昨日に続いて洋楽の棚を漁っていて見つけたのがこのPlayerのベスト。「Baby Come Back」もよく聴きましたね~!とは言っても、実際に聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Nick Of Time - Bonnie Raitt

先日車中のラジオでかかったSpandau Balletの「True」(1983年)。懐かしい...。で、そう言えば80年代はロック・バラードをよく聴いたなぁと家へ戻ってCDラックとにらめっこ。 「Waiting for a Girl Like You」(1981年:Foreigner)、 「Open Arms」(1981年:Jo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Tempest

ジャケットは、Tempestの「Tempest」(1973年)、「Living In Fear『眩暈』」(1974年)のカップリングCD。 名ギタリストAllan Holdsworth死去。享年70。 70と聞くとちょっと驚きもしますが、でも自分の歳を考えるとそうだよなぁと納得したりもします。Allan Holdswor…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Killer - Cozy Powell

ジャケットは、Cozy Powellの「The Best Of ...」(1997年)。 Gary Mooreのアルバム「Still Got the Blues」(1990年)を聴きながらやっぱギターいい音すんなぁ(笑)と思い出したのがこのアルバム。確か何曲かでGary Mooreがギターを弾いていたはず。でも、実はあまり聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Moonchild - Rory Gallagher

ジャケットは、Rory Gallagherの「Calling Card」(1976年)。 ブルースを聴きはじめると必ず頭をもたげてくるのがRory Gallagher。確かこのアルバムが私のRory Gallagherデビュー盤。もちろんLPだったですけど。きっかけはRoger Gloverのプロデュースで、要するにDeep …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪Hitch a Ride - Boston

癒し系ロック、華麗なるギター・サウンド! ジャケットは、Bostonの「幻想飛行(Boston)」(1986年/オリジナル:1976年)。 Bostonといえば私には究極の癒しソング「Livin' for You」(1994年:アルバム「Walk On」より)が最高傑作としてあるわけですが、傑作アルバムといえばやっぱりこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more