テーマ:クラシック

☆老鶯って?...♪交響詩「うぐいすの歌」 - イーゴリ・ストラヴィンスキー

「老鶯」(ろうおう、おいうぐいす)は俳句の季語になっている言葉。老いたうぐいすではなく夏になってもまだ鳴いているうぐいすを表す夏の季語だとか。春から鳴き続け声が老いたということらしい。ただ現実には夏の方が元気に鳴いているという情報も。 歩いて30分ぐらいのところにある公園へはたまに散歩に行くんですが、毎年のようにうぐいすが夏になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ギネス級~!...♪ピアノ協奏曲 - フェルッチョ・ブゾーニ

知る人ぞ知る?   ジャケットは【ブゾーニ:ピアノ協奏曲(ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.22)】 (録音:1999年) 演奏はピアノ:マルカンドレ・アムラン、マーク・エルダー指揮/バーミンガム市交響楽団ほか ブゾーニ(Ferruccio Busoni:1866年~1924年、イタリア出身でドイツで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆たっぷり癒されましょう!...♪英霊記念日のための音楽

  ジャケットは【英霊記念日のための音楽(Remembrance)】(録音:2015年) 演奏はグラハム・ロス指揮/ケンブリッジ・クレア・カレッジ合唱団ほか これはたまたま見つけた格安中古盤。アラウンド300 (^^; 。まずオシャレなジャケが目に留まり、よく見ればデュリュフレの「レクイエム」にエルガーの名も。英霊記念日(Reme…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆交響曲を聴く前に!...『馬あぶ』組曲 - ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

今回もクチャルの演奏からショスタコーヴィチの管弦楽作品を!   ジャケットは【ショスタコーヴィチ:ジャズ組曲、バレエ組曲、映画音楽ほか】 (3CD/録音:2004年) 演奏はテオドレ・クチャル/ウクライナ国立交響楽団 CD1 ジャズ・オーケストラのための第2組曲 ロシアとキルギスの民謡による序曲 ジャズ・オーケストラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪連作交響詩「我が祖国」 - ベドルジフ・スメタナ

  ジャケットは【スメタナ:連作交響詩「我が祖国」】 (録音:2007年/テオドレ・クチャル・ボックスよりCD7) 演奏はテオドレ・クチャル指揮/ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団 スメタナ(Bedřich Smetana:1824~1884年、チェコの作曲家・指揮者・ピアニスト)の代表作、連作交響詩「我が祖国」。第2曲「モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆まもなく桜が咲こうというのに...♪狂詩曲「春の始まり」 - フランク・ブリッジ

写真がへたくそで分かりづらいか (^^; 。昨日近くの公園でここだけ桜の開花を見ました。あと2、3日もすればどっと咲いてくるかも。しかしながらこのウィルス禍で何となく愛でるという気分にはならないのですね...とは言え否応なしに春はやって来るわけで、願わくば早く収束して穏やかな春の朝を迎えたいもんです。   ジャケットは【ブリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪レクイエム - アンドリュー・ロイド・ウェッバー

もういっちょレクイエムを!再び現代に舞い戻ってきました (^^) 。 ジャケットは【アンドリュー・ロイド・ウェッバー:レクイエム】(録音:1984年) このアンドリュー・ロイド・ウェッバー(Andrew Lloyd Webber:1948年3月22日~、イギリスの作曲家)の「レクイエム」ですが、巷ではわりと人気があるにもかか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪レクィエム - ジャン・ジル

「レクィエム」をただボケ~っと聴いていてもしょうがないので (^^; こういったものを入手してみました。 表紙は【レクイエム・ハンドブック】(高橋正平著) 初版は90年代とそこそこ古いもの。私はほぼ送料だけという中古でゲットしましたが (^^; 今でも現役で流通していて「レクィエム」の解説書としてはベストセラー的存在なのかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆心が洗われるぜ!...♪レクイエム - ジョン・ラター

何曲かレクイエムを聴いた。それも3大レクイエムのようなよく知られたものではなく隠れた名曲のような作品を。レクイエムは宗教的側面はさておき (^^; 聴くだけで癒しをもらえるのがいい。声楽作品が少々苦手な私でもそれなりに楽しめちゃう。本日は中でも飛び切り癒された1枚をご紹介。 ジャケットは【ラター:レクイエム、宗教音楽集】(録…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪エレミアの哀歌 - トマス・タリス

  ジャケットは「トマス・タリス:エレミアの哀歌ほか」(録音:1986年) 演奏はヒリアード・アンサンブル トマス・タリス(Thomas Tallis:1505年~1585年、英国の作曲家、オルガン奏者)の代表作である「エレミアの哀歌」。私の虎の巻(「ルネサンス・バロック名曲名盤100(皆川達夫著)」)によれば『旧約聖書にしるされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆今年もよろしく!...♪ローマの松(吹奏楽版)

あけましておめでとうございます! 今年もみなさまの音楽ライフに少しでも貢献できれば幸いです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします! 昨年の台風で崩壊した我が家のベランダも12月末にやっとこさ復活。未だ住むこともままならない家もありなかなか手放しでは喜べない状況ですが、ただこれで超絶高所恐怖症の私も心置きなく雨戸が占められ少し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆今年も何とか年を越せそうだね!...♪鳥は静かに... - 吉松隆

我が家のアイドル、セキセイインコの「モモ」。飛べないのは生まれつき。もう12年目に突入している。 正直もう大分くたぶれました。毛はバッサバサ、感染症を持っているのは以前書いた通り。ほぼ毎月伸びすぎたくちばしを切ってもらっている。最近は右足が弱くなり投薬とリハビリの日々。俺より医療費が...(^^; 。 ただ食欲はあり便も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆「リラ・アンジェリカ」の魅力は絶大だった?...♪ハープのための幻想曲 - カミーユ・サン=サーンス

昨晩、訪問者数を見たら想定を超えていたのでどうして?と調べてみたら、ウィリアム・オルウィン作曲の「ハープ協奏曲『リラ・アンジェリカ』」の記事に集中してました。 あっ、そうか!と。 実は昨日行われたフィギアスケート全日本選手権女子フリーで「リラ・アンジェリカ」で演じた選手がいたんですよ。この作品の美しさに魅了されたみなさんがそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆マリス・ヤンソンス氏逝く

マリス・ヤンソンス氏(Mariss Ivars Georgs Jansons:1943年~2019年、ラトビアの指揮者)の死去を新聞報道で知りました。これまでほとんど演奏に接する機会はなかったのですがたまたまこの映像を持っていたのでちょっとだけ。   ジャケットはマリス・ヤンソンス指揮による「ベルリオーズ:幻想交響曲ほか」 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ショパンを尻込みさせた作品?...♪ピアノ協奏曲第2番イ短調 - ヨハン・ネポムク・フンメル

表紙は【究極のCD200:クラシックの自由時間】(吉松隆構成・編/初版:1995年) 最近は書籍も中古で買うことが多くなった。古いものでも楽しいものは楽しい。当たり前か (^^) 。この本には購入時のレシートが挟まっていた(おいおい検品したのか?(^^;)。とは言え買ったまま読まれてないと言う感じではなく、想像するに(私もよくやる…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆心洗われる作品の数々...♪グリーグ:ピアノ独奏曲集

  ジャケットは【グリーグ:ピアノ独奏曲集(14CD)】(録音:1993-1994年) ピアノ演奏はアイナル・ステーン=ノックレベルグ パソコンとともに私を財政難に陥れたのがこれ。今年はもうCDには手が出せないな (^^; 。ま、とにかくどうしても欲しかったセットです。   ジャケットは【グリーグ:ピアノ曲全集(12CD)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪弦楽四重奏曲変ホ長調 - アーネスト・ジョン・モーラン

本日はほのぼのとするような音楽を。   ジャケットはモーランの【弦楽三重奏曲、弦楽四重奏曲集】(録音:1995年) 演奏はマッジーニ四重奏団 先日、マッジーニ四重奏団の「イギリスの弦楽四重奏曲集(20CD)」がリリースされた。彼らのアルバムは何枚か持っていて重複もあるのですがぜひとも欲しいところ。マッジーニ四重奏団の演奏は好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆誘われてギター...♪さらば、ストロムネス - ピーター・マックスウェル・デイヴィス

  ジャケットは【イギリスのギター音楽集】(録音:2007年) ギター:グレアム・アンソニー・デヴァイン 大のギター好き!とはいえクラシック・ギターによる作品、演奏はあまり聴いていない。 なのでこんなアルバムを入手してみました。英国音楽好きであり名作と言われるウォルトンの「5つのバガテル」を聴いてみたかったのと購入希望リスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆中古が俺を呼んでるぜ!...♪交響曲第2番嬰ヘ短調「アンタール」 - ニコライ・リムスキー=コルサコフ

音源の主流がCDになってからは中古盤を買うことが多くなった。基本的に音質が劣化することはないので聴くだけなら中古で十分である。一応盤面だけは気にするもののほかの要素はあまり気にならない。付属物やケースに多少問題があってもその分安くなったりしてかえってありがたい (^^;) 。 購入はだいたい興味のあるものは前もってリストアップし期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ハルゲンダルの100の旋律 - ゲイル・トヴェイト

    ジャケットはトヴェイトによる【ハルゲンダルの100の旋律:第1、4組曲&第2、5組曲】 (録音/第1、4:2000年、第2、5:2001年)。 演奏はビャルテ・エングスト指揮/ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団。 ノルウェーの作曲家・ピアニストであるゲイル・トヴェイト(Geirr Tveitt:1908年~1981年)は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グリーグが落ち込んだ曲?...♪交響曲第1番ニ長調 - ヨハン・スヴェンセン

  ジャケットは「グリーグ:交響曲ハ短調、秋に」(録音:1981年)。 演奏:オッコ・カム指揮/エーテボリ交響楽団。 これは先日しこたま買い込んだ中古盤の中の1枚。安かったので思わず手が (^^;) 。珍しいものを見つけると何故か聴きたくなるのね (^^) 。 そのグリーグの「交響曲ハ短調」についてウィキペディアにはこんなこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆交響曲第5番が和解の曲へ...♪ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 - ヨハネス・ブラームス

ここのところ巷では、対立、もめごとだらけ。何だか気分も滅入りますね。なので和解のための1曲なんてどうでしょうか。  ジャケットは「ベートーヴェン:三重協奏曲、ブラームス:二重協奏曲」(録音:1969年)。 以下、ブラームスの「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」についてアルバム解説(浅里公三)より抜粋。 ブラームス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪弦楽四重奏曲ト短調 - エドヴァルド・グリーグ(弦楽合奏編曲版)

梅雨も終盤、気温も上昇しかなり蒸し暑くなってきた。あ~涼がほしい...。  ジャケットは「グリーグ:弦楽四重奏曲ト短調(弦楽合奏版)ほか」(録音:2009年)。演奏:ステファン・バラット=ドゥーエ指揮/オスロ・カメラータ、編曲 : アルフ・アーダル。 涼を味わうには...とりあえずビール!じゃなくやっぱり北欧の作品ですよね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪交響曲第5番変ホ長調 - ジャン・シベリウス

ジャケットは「グレート・クラシカル・マスターワークス2(30CD)」よりCD22「シベリウス:交響曲第5番変ホ長調ほか」。演奏はオーレ・シュミット指揮/ロイヤル・フィルハーモニック管弦楽団。 実は今、シベリウスの交響曲がちょっとしたマイ・ブーム。きっかけは昨年購入したバルビローリ盤。交響曲はほぼ第7番オンリーの人だったんですがバル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆異色クラシック09:♪交響曲第10番 - ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ジャケットはベートーヴェンの「交響曲第10番変ホ長調&解説」(録音:1988年)。演奏:ウィン・モリス指揮/ロンドン交響楽団。解説:バリー・クーパー。 何気に中古盤を見ていたら何とも面白いものを発見!ベートーヴェンの「交響曲第10番変ホ長調」。少々マンガチックな外箱から一瞬ジョークかと思ったのですがこれがかなり本気モードの作品。も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆復元 & リメーク:♪カルミナ・ブラーナ

ジャケットは「カルミナ・ブラーナ」(録音:1986-87年)。演奏はフィリップ・ピケット指揮/ニュー・ロンドン・コンソート。 ジャケットはオルフの「カルミナ・ブラーナ」(録音:1960年)。演奏はヘルベルト・ケーゲル指揮/ライプツィヒ放送交響楽団ほか。 「カルミナ・ブラーナ」は11世紀~13世紀頃、ヨーロッパにいたゴリアード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪交響曲ハ長調 - リヒャルト・ワーグナー

ジャケットはワーグナーの「交響曲ハ長調、ジークフリート牧歌」(録音:1978年)。演奏はハインツ・レグナー指揮/ベルリン放送交響楽団。 先日ある方のブログでワーグナーに未完の交響曲があることを知り(Thanks!)こんなアルバムを引っ張り出して来ました。なるほどこのアルバムの解説にも第1楽章だけで破棄された交響曲の存在が書かれてま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆令和と決まったそのときに:♪交響曲イ調 - イルデブランド・ピツェッティ

新元号が「令和」に決まっていの一番にしたことは...単語登録~!「れいわ」と打っても変換してくれないのでね(笑)。一方TVでは手話の表現をどうするか?と。なるほど手話も決める必要がありますね。「令和」は胸の前で上向きにつぼみの如き指を閉じ、腕を前に押し出しながらゆっくりと指を開いていくらしい。 せっかくなので他の元号も調べてみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪シンフォニア・ダ・レクイエム - ベンジャミン・ブリテン

ジャケットはBBC Radio Classicsシリーズからの1枚で「ブリテン:シンフォニア・ダ・レクイエムほか」。 4/12に東京芸術劇場コンサートホールで開かれた天皇陛下ご即位30年奉祝コンサートでは皇紀2600年奉祝曲(1940年に当たる日本の紀元2600年を祝うために作曲された曲)のひとつ「交声曲『海道東征』」が演奏された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆パイプオルガンを聴く

ジャケットは「トッカータとフーガ」(1995年)。演奏はパイプオルガン:松居直美。 先日のノートルダム大聖堂の火災。ニュースでは演奏家のパイプオルガンを心配する声が。なるほどパイプオルガンは聖堂の顔と言える存在なんだなぁと。そのオルガンは消火時の事故による損傷はあるものの焼失は免れ復旧は可能らしい。その他の文化財、美術品もほぼ無事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more