テーマ:音楽

☆アメリカのシベリウス?...♪交響曲第1番ホ短調「ノルディック」 - ハワード・ハンソン

今回は北欧かぶれ(←私?)には気になる作品かも (^^) 。   ジャケットは【ハンソン:交響曲第1,2番ほか】(録音:1958、1960年) 演奏はハワード・ハンソン指揮/イーストマン=ロチェスター管弦楽団ほか ハンソン(Howard Harold Hanson:1896年~1981年)はアメリカの作曲家。ウィキペディア、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆シンセサイザ~!...♪Ricochet - Tangerine Dream

電子音楽は苦手だ。長い曲はだいたい途中でストップがかかる (^^; 。 でもこれならいけるかも?と思ったのがこちら。   ジャケットはTangerine Dreamの【Ricochet】(1975年) Tangerine Dreamはドイツの電子音楽バンド。実は昨年だったか食わず嫌いな面もあるので初期の5作品(+ボートラ)を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ビオラ~!...♪悲しみのマクドナルド - Wolf

本題の前にちょっと余談。ウェブリブログのアクセス解析のページ別一覧が突然タイトル表示になっていてびっくり!そう言えばそんな予定でしたかね。忘れてました。もちろんわかりやすくなっていいのですが日付で検索できなくなったのが不便だったりして (^^; 。 担当者の方ご苦労様でした<(_ _)>。   ジャケットはWolf…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆メロトロン~!...♪Principe di un Giorno - Celeste

前回とは打って変わって本日はしっとり系プログレを! ジャケットはCelesteの【セレステ(Principe di un Giorno)】(1976年) ※ 当アルバムは曲順の表記が間違っている模様 (T_T) 。動画の曲順が正しいと思われます。 これはイタリアのプログレ・バンドCelesteのデビュー・アルバム。知名…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆プログレメタル?...♪Under a Glass Moon - Dream Theater

先日たまたま見つけた「歴代最高のメタルアルバム100選」という記事。米ローリングストーン誌が2017年に選定した結果らしい。何と100枚もあるのに聴いた経験のあるアルバムが3枚しかなかった。さすがにメタルには縁遠いわぃ。メタルはバスドラムの連打がどうもせわしなく感じるんだよなぁ (^^; 。 ランキング上位は第1位【Paranoi…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ27:♪So Long - 山中千尋

これまでに御大:秋吉敏子、職人:大西順子、クラシカル・ディープ:木住野佳子、イケイケ・イノベーター:上原ひろみ、カラフル・ポップ:国府弘子、クリスタル・タッチ:アキコ・グレースなどいろんなタイプの日本の女性ジャズ・ピアニストを取り上げて来ましたが、本日はもう一人、スタイリッシュ・スウィング:山中千尋をご紹介(思い付きで愛称付けちゃいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆何だかホッとする...♪Longer - Dan Fogelberg

  ジャケットは【Dan Fogelberg:Greatest Hits】(オリジナル:1982年) このアルバムは昨年入手したもの。それまでDan Fogelbergは名前だけの人。確か「Longer」はCMで流れてましたよね。何のCMだか忘れましたけど (^^; 。これ聴くと懐かしい時代が蘇り(コロナは別としても)最近の時間に追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード131:♪ラブ・ソングはお好き? - Manhattans

  ジャケットは【Manhattans:STAR☆BOX】(1993年) Manhattansはこのベスト盤だけのリスナーですが、解説には60年代に結成され70~80年代に活躍したヴォーカル・グループとあり。特にGerald Alstonをメンバーに迎えてからはヒットを連発し、「涙の口づけ(Kiss And Say Goodbye)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル131:♪Shake - The Gap Band

  ジャケットは【Gap Band:Icon】(2011年) 先日紹介したディスコ・オムニバス盤にも登場していたThe Gap Bandはチャーリー、ロニー、ロバートのウィルソン3兄弟を中心としたファンク・バンド。主に70~80年代に活躍しウィキペディアによれば2010年に引退したとのこと。 このベスト盤を聴く限りですが切なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆兼題は揚雲雀(あげひばり)...♪揚げひばり - レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ

久しぶりに俳句ネタで。 誰でも投句できるサイト「俳句ポスト365」がこの4月よりリニューアル。これまでとは違い投句フォームは初級者、中級者以上と2種用意。過去の結果を見ると「天」「地」レベルが中級者以上ということらしい。最初の兼題は「春暑し」。投句でどちらを選ぶかは自己判断。もちろん私は初級者で d(-_^) 。まだリニューアル後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ひと時の安らぎを...♪【弦楽オーケストラのための音楽】 - ジョン・アイアランド

本日は北欧から離れお隣英国からアイアランドの作品集を。 難しい理屈のいらない音楽です!d(-_^)   ジャケットは【アイアランド:弦楽オーケストラのための音楽】(録音:2015年) 1-3.チェロ・ソナタ ト短調 4.夏の夕べ 5.サルニア - 第2曲 五月の朝に 6.独白 7.バガテル 8.子守歌 9.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪恋のサバイバル - 布施明、麻生よう子

  ジャケットは【決定盤 布施明 ベスト・ヒット】(1989年) 前回紹介のディスコの音源に収録されていた「恋のサバイバル/グロリア・ゲイナー」は国内では布施明がカバーしヒットした曲。何となくの記憶しかありませんが (^^; テレビ番組でよく歌っていたような気がします。おそらく当時はカバーとは知らずに聴いていたはず。日本語で歌われて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ディスコ・ミュージックの決定盤?...♪Sky High - Jigsaw

またもディスコ? 何ともはや強力なアルバムを発見してしまったので (^^) 。 ジャケットは【Let's Disco~The Best Of Disco Hits~】(3CD:2018年) このアルバムは「サタデー・ナイト・フィーバー上陸40周年」という国内企画でリリースされたものらしい。40という数字が何となくこじつけっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆北欧のショスタコーヴィチ?...♪交響曲第4番「ノスタルジック」 - エイナル・エングルンド

  ジャケットは【エングルンド:交響曲第2番、第4番、ピアノ協奏曲第1番】(録音:1996年) 演奏はヨルマ・パヌーラ指揮/トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団ほか エングルンド(Einar Englund:1916年~1999年)は、フィンランドの作曲家、ピアニスト。 このアルバムはNaxosの音源に強い関心を寄せていた頃に購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆和田アキラさん逝く...♪One Last Farewell - 松岡直也

  ジャケットは松岡直也の【BAILA MI SON】(オリジナル:1986年) ギタリストの和田アキラさんが亡くなりました、享年64。 音楽活動を含め近況についてはまったく知らなかったのですが病気療養中だったとのこと。 和田アキラはPRISMのギタリストとして有名ですが私はやはり松岡直也グループでの活動が記憶に残る。松岡直…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウル・バラード130:♪Soul Shadows - The Crusaders

実は最近どうもソウル・バラードがネタギレで (^^; 。 バラードの名曲をセレクトしようとするとどうしても歌声の比重が高くなってアーティストが限られてくるんですよね。たまにコンテンポラリーな人たちも聴いてみるのですがなかなか歌唱スタイルが自分には合わない。困ったもんだ (^^) 。 そんなわけで本日はこんな1枚から。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル130:♪Love’s So Far Away - Donald Byrd

  ジャケットはDonald Byrdの【Black Byrd】(オリジナル:1973年) これは先日ジャズのところでちょいと触れたトランペッターDonald Byrdのジャズ・ファンク、フュージョン系のアルバム。メンバーもご覧の通りフュージョン系のアルバムではよく見かける人たちですね。歌入りナンバーもありますが歌声は演奏の一部、添…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆北欧音楽の素敵なガイドブック...♪交響曲第5番変ホ長調(オリンジナル1915年版)- ジャン・シベリウス

以前より欲しいと思っていた北欧音楽のガイドブック。先日素敵な一冊を発見。シベリウス、ニールセンの生誕150年を記念して(同い年だったのね!)出版されたこちら。 書籍は【ポホヨラの調べ】(新田ユリ著:2015年) 「ポホヨラ」はフィン語(フィンランドの言語)で「北国・北のほう」の意味らしい。 著者の新田ユリは現役の指揮者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ディスコ・フィ~バ~...♪セクシー・バス・ストップ - Dr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス

企画物マイブームの中、面白そうなディスコ・ミュージック集を見つけたので入手してみました。   ジャケットは【Disco Fever Vol.1 & Vol.2】(2CD x 2:2005年) ディスコ・ミュージックは単調で長いと感じるものが多く (^^; これまではディープな歌物以外積極的に聴くことはなかったのですが聴けばポッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆トランペットを聴くのは珍しいけど...♪Hollering at the Watkins - Harry "Sw…

  ジャケットはHarry "Sweets" Edisonの【Sweets】(オリジナル:1956年) ジャズ(フュージョン)は圧倒的にピアノ、ギターを聴くことが多い。管楽器はどちらかと言えばサックスを好みトランペットを聴く機会は少ない。とりあえずトランペットはClifford Brownを聴けばいいかみたいな感じ (^^; 。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆情報は芋づる式に...♪One - Harry Nilsson

  ジャケットは【The Best Of Harry Nilsson】(2003年) (Harry)Nilssonを意識するようになったのはおそらくMariah Careyによる「Without You」のカバー。はて?どこかで聴いたことあるなぁという感じだった。たぶんその時はNilssonのオリジナルと思ったんですね。ただその後B…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆続々々・こんなアルバムが出ていたなんて...♪【ピアノ協奏曲第5番ホ短調】 - セルゲイ・ラフマニノフ(ヴァレン…

そろそろ首都圏でも桜が開花しそうだというのに続々々と何か悪寒が走ってそうですね (^^) 。ちょっとしつこいですがもひとつ面白いものを見つけちゃったので!d(-_^) ジャケットは【ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第5番ホ短調】(録音:2007年) ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第5番」は新たに未完の作品が見つかった?とかではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆続々・こんなアルバムが出ていたなんて...♪【緑歌】 - 島津亜矢

  ジャケットは島津亜矢の【緑歌】(2020年) このアルバムはおそらく通常の販売ルートにはないCD。音楽ソフト、映像ソフトを販売しているムジカインドウという会社と生協の共同企画によりリリースされたものらしい。私は生協のカタログで見つけました。島津亜矢はシンガー・シリーズなど数点借りて聴いてはいるのですが、アルバムは持っておらず何か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆続・こんなアルバムが出ていたなんて...♪【Chocolate cosmos】 - 玉置浩二

  ジャケットは玉置浩二の【Chocolate cosmos】(2020年) これは昨年暮れにリリースされた模様。じぇんじぇん知らなかった (^^; 。 セルフカバー・アルバムと言うことらしいですが同じくセルフカバーの【Offer Music Box】とはかなり印象が違いますね。おそらく【Offer~】の方はオリジナルを知って…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

☆ベスト盤は2枚組がベスト?...♪Jolene - Olivia Newton-john

ベスト盤は未知のアーティストを手っ取り早く知るにはいいと思う一方でお気に入りのアーティストにドップリ浸るのにもこれまた最適な企画ですね。選曲の問題と言うのはどうしても付きまといますがほとんどの場合代表曲は収録されているわけだし多少はしょうがないかな。 で、今回はドップリ浸る場合のお話。自分の感覚ではどうもCD1枚では物足りない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウル・バラード129:♪My Dream - The Softones

  ジャケットはThe Softonesの【The Softones/Black Magic】 (2in1CD/オリジナル:1973/1977年) これはファルセットのソロが魅力のボーカル・グループThe Softonesの1、2枚目(間にライブ盤が1枚あり)。彼らはとてもポップなグループで帯の解説にはThe Stylistics…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル129:♪Candlelight Afternoon - Phyllis St. James

  ジャケットはPhyllis St. Jamesの【Ain't No Turnin' Back】(オリジナル:1984年) これは例のガイドブックに掲載はなくどこで興味を持ったか覚えてないですが、ジャケットが記憶に残っていて一度は聴いてみたかったアルバム。昨年たまたま掘り出し物中古を見つけゲット \(^^)/ 。Phyllis S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆なるほど!ザ・カラヤン...♪交響曲第1番ハ長調 - ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

今現在ベートーヴェンの交響曲で好きなのは「第4番変ロ長調」と「第7番イ長調」。多分カルロス・クライバーの影響が大きい。ベートーヴェンの作品に相応しい表現かどうかわかりませんが、クライバーによる演奏のウキウキする感じが楽しいのですね。なので「第5番ハ短調 (運命)」もやはりカルロス・クライバー/ウィーン・フィルがいいのですが、ただなぜか冒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more