テーマ:邦楽

♪あこがれ ~ ロマン - 玉置浩二

フィギアスケートも本格的シーズンに突入。グランプリ・シリーズも第2戦のカナダ大会が終わったところですが、これまでのソロの演技からこと表現力だけに絞ってみると宇野昌磨、宮原知子、ジェイソン・ブラウン、エリザベータ・トゥクタミシェワといった人たちは素晴らしかったですね。特にトゥクタミシェワの演技は最高でした。 それにしても彼女のエキジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆ぜんぜん飽きないぞ~!:♪じれったい - 安全地帯

ジャケットは「I Love Youからはじめよう~安全地帯ベスト」(1988年)。 車中で玉置浩二(安全地帯)を聴き始めて3ヶ月ほど。未だずっと同じ選曲で聴き続けているのですがまったく飽きません。曲自体ももちろんいいですがやはり歌唱が素晴らし過ぎ~!(演歌歌手は別として)円熟期を迎えたこれだけディープなシンガーは他になかなか見当た…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪金星のライオン - Pink Cloud

 ジャケットはPink Cloudのベスト「Give You're Best」(1990年)。 先日の新聞のテレビ欄。「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」(BS朝日)という番組に「名ギタリスト」とだけ記述が。誰なんじゃい!と番組を見たらCharでした。日本のロックには疎くCharと言えば「気絶するほど悩ましい」(1977年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪命の別名 - 島津亜矢

ジャケットは島津亜矢の「Singer4」(2017年:レンタル入手)。 01 命の別名 02 最後の雨 03 じれったい 04 Honesty 05 難破船 06 落陽 07 YELL 08 はがゆい唇 09 恋人よ 10 浅草キッド 11 サイレント・イヴ 12 見上げてごらん夜の星を 13 魂のルフラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆「玉置浩二を唄う」より:♪あゝ人恋し - 香西かおり

ジャケットは香西かおりの「玉置浩二を唄う」(2017年:レンタル入手)。 01 あなたに 02 君がいないから 03 メロディー 04 あゝ人恋し(30周年Ver.) 05 標ない道(アコースティックVer.) 06 無言坂(アコースティックVer.) 07 悲しみにさよなら 08 恋の予感 09 すき(アコース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆デュエット・ソング36:♪愛の奇跡 - ヒデとロザンナ

ジャケットはヒデとロザンナの「何にも言えないの/愛の奇跡」(1968年:シングル・レコード)。 今週のうたコン(NHK)は「今夜は胸キュン!コラボナイト」と題しいくつかのデュエット曲が登場。ここでも取り上げた「ふたりの愛ランド」「渋谷で5時」にまじり懐かしい思いに駆られたのがヒデとロザンナの「愛の奇跡」(作詞:中村小太郎、作曲:田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆車中で聴く玉置浩二:♪ともだち - 安全地帯

ジャケットは、「Only You.:松井五郎&玉置浩二バラード・コレクション」(2002年:2CD)。 これまで車中では邦楽、洋楽それぞれ気に入ったもの見繕って気分で切り替えて聴いてたんですが、ここしばらくは玉置浩二一色。ソロにしても安全地帯にしても持っている音源はほとんどがベストものなのでラインアップはこんな↓感じ。まぁ適当です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪南部酒 - 福田こうへい

先日の「新・BS日本のうた」(NHK・BSプレミアム)のスペシャルステージは島津亜矢、福田こうへいというため息も出そうなご両人が主役。 正直言って普段聴かないような曲が多かったのですがそれでもその歌声には圧倒されました。黒人音楽によくみられる声を極限まで絞り出すいわゆるシャウトする歌い方にも興奮する私ですが、民謡(オペラなんかもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪童神 - 夏川りみ

ジャケットは夏川りみの「南風」(2002年)。 前回の中西保志のアルバムと同時購入したのが確かこれ。ミニ・アルバムのようですが「童神」(作詞:古謝美佐子、作曲:佐原一哉)が聴きたくて迷わずゲット!とにかく「童神」が大好きなのである。子守唄とはいえ赤子だけでなく大人も存分に癒してくれる優しさいっぱいの曲です。夏川りみの透き通るような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪最後の雨 & 愛しかないよ - 中西保志

ジャケットは中西保志の「Voice Peaks」(1992年)。 今週の「うたコン」(NHK)に中西保志が出ていたのですが紹介されるまで誰だかわからず(汗)。考えてみればあまり歌っている姿を見たこともなくもちろん顔も印象に残ってないのでわからなくてもしょうがないですかね。20年以上前のこのアルバム・ジャケットだけじゃ想像つかないで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆西城秀樹さん逝く

>ジャケットは「ヒットポップス大全集№9」(1991年)。 70年代より数々のヒットを世に放った西城秀樹さんが亡くなりました。享年63。 歌謡界の70年代と言えば新御三家(西城秀樹、野口五郎、郷ひろみ)、花の中三トリオ(山口百恵、森昌子、桜田淳子)といったアイドルたちが中心の時代。当時の私はアイドルにはあまり関心がなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪天使の情景M2(「傷だらけの天使」より)- 井上堯之バンド

ジャケットは「太陽にほえろ!/傷だらけの天使」オリジナル・サウンド・トラック(LP:1975年)。 元ザ・スパイダースのギタリスト井上堯之さん死去(享年77)。 私にはザ・スパイダースは少々世代が前でどちらかと言えば沢田研二のバックにいた井上さんというイメージが強いです。作品もご自身がメインのものはほとんど知らないのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪君は天然色 - 大瀧詠一

本日たまたま見たTV番組から。 ジャケットは大滝詠一の「A Long Vacastion」(CD選書:1991年/オリジナル:1981年)。 日本のロックには疎いです。このアルバムもあまり聴いてません(汗)。そんな中ですが、今朝TVをつけたら「ここから」というNHKのインタビュー番組に松本隆が出演してたので蒲団たたみながら画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪恋の花 - 永井龍雲

ジャケットは永井龍雲のベスト「ゴールデン☆ベスト」(2012年:レンタル入手)。 01 想い 02 道標ない旅 03 今度 生まれて来るとしたなら 04 母さんの唄 05 同窓会 06 帰郷 07 島風詩想 08 三度目の秋 09 葉桜 10 お前がいれば 11 恋の花 12 砂漠の道 13 お遍路 14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ワインレッドの心 - Keiko Lee

Keiko LeeのJ-Popカバー・アルバムを聴いてみた! ジャケットはKeiko Leeの「Timeless 20th Century Japanese Popular Songs Collection」(2017年:レンタル入手)。 01 あまく危険な香り 02 ラブ・ストーリーは突然に 03 桃色吐息 04 ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆丸ノ内線で~:♪地下鉄にのって - 猫

ここのところほとんど邦楽を聴いてなかったのですがラジオねたから1曲。 ジャケットは猫の「地下鉄にのって」(1972年:シングル・レコード)。 先日たまたま車で聞いたAMでは金澤信幸(存じ上げません(汗)フリー編集者だそうです)著作の「フォークソングの東京・聖地巡礼」という単行本についてご本人を交え盛り上がってました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

☆コードはやっぱりメジャー・セブン!:♪あどけない君のしぐさ - 井上陽水

ジャケットは井上陽水の「陽水II センチメンタル」(1991年:NO SELECTION 井上陽水全集より/オリジナル:1972年)。 ギターを必死にコピーしはじめたのがたぶんこの「陽水II センチメンタル」の頃。このアルバムのギターは魅力的でしたからね。調べてみると1972年には「元気です。」(吉田拓郎)、「春・夏・秋・冬」(泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆「地球劇場」がひとまず終了:♪遠くで汽笛を聞きながら - アリス

ジャケットは「Alice V」(1976年:LP)。 谷村新司がホストを務めるBS日テレ「地球劇場」が先週の放送を持ってひとまず終了。これまでの放送をすべて見たわけではないですがアーティストの興味深い話が聞ける楽しい番組だったので残念です。ただ月1回のレギュラー番組としては終わるものの今後は不定期ながら番組は続けていくらしいので楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆松本隆、玉置浩二、吉田拓郎、萩原健太、豪華ラインアップのアルバム「五木」~♪終着駅

ジャケットは五木ひろしの「五木」(1992年)。 ちょい前になりますが五木ひろしが自身の番組「日本の名曲 人生、歌がある」で歌った「終着駅」がよかった。作曲は玉置浩二。最近何かと注目するようになったせいかいろんなところで目に付く玉置さん(笑)。やっぱりいい曲書きますね!しかし玉置浩二のような人が楽曲を提供するのは罪作りです。どうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆デュエット・ソング35:♪アマン - 菅原洋一&シルヴィア

話題のスキレットを使ってみた!こんな感じでハンバーグをばちょっと。インスタ映え無し!(笑)スキレットは「ニトスキ」とか言ってニトリのものが有名みたいですがこれはイオン製でIH対応だそうです。 で、美味しかったのでそれはそれでよかったのですが、結果的にほとんどスキレットでは調理してない(汗)。作るのは3人前、コンロは2口..…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆デュエット・ソング34:♪ふたりの愛ランド - 石川優子&チャゲ

ジャケットは石川優子の「ポプコン・マイ・リコメンド」(2006年/レンタル入手)。 01 シンデレラサマー 02 レット・ミー・フライ 03 クリスタルモーニング 04 想い出模様 05 Birthday Eve 06 真夜中のラブコール 07 ふたりの愛ランド 08 渚の誓い 09 セ・ラ・ヴィ(それが人生)なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪メランコリー - 梓みちよ

ジャケットは「決定版 梓みちよ 2018」(2018年:レンタル入手)。 01 二人でお酒を 02 こんにちは赤ちゃん 03 恋はボッサ・ノバ 04 ヘイ・ポーラ 05 けんかでデイト 06 忘れな草をあなたに 07 ねむの木の子守歌 08 ポカン・ポカン 09 渚のセニョリーナ 10 愛はルフラン 11 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆あけましておめでとう!:♪屋台囃子 - 鼓童

ジャケットは鼓動の「Best Of Kodo」(1993年)。 あけましておめでとうございます! 今年も精一杯!楽しく音楽にふれてまいりたいと思います。少しでも興味を持っていただけたら幸いですね。紹介が逆効果にならないようがんばります!(笑) ところで昨年の紅白で特に印象に残ったものはと言えば三浦大知と郷ひろみ&大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆印象に残った音楽その2:♪玉置浩二

今年を振り返れば何てったって玉置浩二だった。昨年の邦楽では「悲しみの器」(2010年/歌唱:森進一、作詞、作曲:谷村新司)がずっと耳に残っていたのですが、今年の脳内リピートは玉置浩二の声(笑)。実際によく聴いてましたね。 私にとって玉置浩二はじわじわ来た人。 もちろん安全地帯での「ワインレッドの心」(1983年/作詞:井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪クリスマス・イブ - 山下達郎

今年のイブは直球勝負!(笑) ジャケットは山下達郎の「Melodies」(1983年)。 山下達郎は少々苦手だったこともあり持っているアルバムはこれ1枚。まぁ一家に1枚みたいなアルバムかと。ちなみに多重録音によるアカペラ・アルバム「On The Street Corner」(1980年)も持っていたのですが売っちゃいまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪風 - はしだのりひことシューベルツ

ジャケットははしだのりひことシューベルツの「風」(1969年:シングル・レコード)。 はしだのりひこさんが亡くなったそうです、享年72。 はしだのりひこと言えばザ・フォーク・クルセダーズのメンバーとしても有名ですが、&シューベルツの「風」(1969年/作詞:北山修、作曲:端田宣彦)や&クライマックスの「花嫁」(1971年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

♪そして、それが風であることを知った - 武満徹

やっぱりこれは聴かなかったことにするか...(汗)。 ジャケットは武満徹の「そして、それが風であることを知った 他」(録音:2001年)。演奏は、フルート:ロバート・エイトケン、ニュー・ミュージック・コンサーツ・アンサンブル。 これは武満徹(たけみつとおる:1930年~1996年、日本の作曲家)の室内楽作品集。世界的作曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪生れ昭和です - 天童よしみ

紅白の出場歌手が発表されましたね!初出場では丘みどりの選出は嬉しいところですがその他アルファベット表記の方々はよくわかりません(汗)。毎度のことですね(笑)。今年はあまりサプライズ感はないですが、あとは安室奈美恵のゲスト参加があるかどうかといったところでしょうか。 で、そんな華やかな舞台に一喜一憂する一方、あの「有線大賞」が今年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more