テーマ:演歌

♪石狩挽歌 - 北原ミレイ

ジャケットは、北原ミレイの「ゴールデン☆ベスト」(2004年)。 ちょっと前に、「BS日本の歌」で北原ミレイが出演していて、「サバの女王」(歌:グラシェラ・スサーナ)と「かもめの街」(歌:ちあきなおみ)を歌ってましたね。というより、(台所にいたので)背中でその「サバの女王」を聴いていたのですが、梓みちよだとばっかり思ってました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪夢吹川 - 堀内孝雄

ジャケットは、堀内孝雄の「Super Best」(1994年)。 先週、五木ひろしの歌番組で、堀内孝雄の特集があって...。 どうもこういった番組を見ると、感化されてしまいますね。何を隠そう、堀内孝雄の作曲した作品が好きです。 アリス時代のアルバムは、「ALICE V」(1976年:LP)しか持っていないのですが、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪おゆき - 福田こうへい

ジャケットは、福田こうへいのアルバム「響 ~南部蝉しぐれ~」(2013年)。 2年連続、紅白出場を果たした福田こうへいでしたが、ん~、「東京五輪音頭」(1963年/歌:三波春夫他、作詞:宮田隆、作曲:古賀政男)ですかぁ~。まぁ、適任者といえばそうかもしれませんが、もうちょっと、違う歌が聴きたかったなぁ...。 ショータイムで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪おもいで岬 - 新沼謙治

ジャケットは、新沼謙治のアルバム「特選集 渋谷ものがたり」(1990年)。 以前、松原健之という美声アーティストを取り上げましたが、私にとって演歌、歌謡界の元祖歌声アーティストと言えば、新沼謙治です。よく響く深い低音、張りがありよく通る高音と、話す言葉(声)とのギャップが楽しい人でもありますが、その歌声は魅力的ですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪満月 - 伍代夏子

ジャケットは、伍代夏子の「全曲集2014」(一目瞭然ですね...笑)。 「満月」(2000年/作詞:たきのえいじ、作曲:杉本真人)は、以前、杉本真人の作品を紹介した時に、紹介し忘れた大好きな作品です。 「杉本真人作品ベスト・セレクション(2CD)」(2008年)やウィキペディア(杉本真人)をもとに、自分の記憶を含めてセレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪哀恋記 - 五木ひろし

ジャケットは、五木ひろしの「-40周年記念盤-BEST40 1971~2010(4CD)」(2010年)。 五木ひろしで思うことは、とにかく作品のイメージを大切にする、いや、大切に出来る人だなぁ、ということ。 デビュー以来、数多くの、それもこれだけ音域の広い作品を歌い続けているにもかかわらず、リリース当時の歌唱を保ち続け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

☆作曲家杉本真人:♪チョー・ヨンピル - ごめんな 他

杉本真人の作曲した作品が好きです。 杉本真人の作品だから積極的に聴いたというよりも、気に入った作品を集めてみたら、杉本真人の作品だった、という感じで、あまりご本人のことを知らずに、自然と好きになったといえる作家さんですね。 彼の作曲した作品としては、すでに、ここで登場した、 ・ちあきなおみ  「冬隣」「TOKYO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪紅灯の海 - 島津亜矢

ざっくりとした質問になりますが、「現在、日本で一番歌がうまい人は誰?」なんて聞いたら、何人かの答えに出てきそうなのが、島津亜矢ですね。歌のうまさは天下一品でしょう。ただ、彼女お得意の、あのセリフ付きの「ど」のつく演歌が苦手な私は、あまり聴く機会がありませんでした。「夜桜挽花」(2002年/作詞:荒木とよひさ、作曲:杉本真人)は好きな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

♪荒野の果てに - 山下雄三

ちょっと前に、BS-NHKの歌番組を見ていたら、西崎みどりが出ていました。必殺シリーズの「暗闇仕留人」のテーマ「旅愁」(1974年/作詞:片桐和子、作曲:平尾昌晃)、懐かしいですね。当時見ていたドラマの情景が思い浮かびました(シリーズ第2作「必殺仕置人」好きだったなぁ)。 ジャケットは、その歌を含む時代劇のテーマ・ソング集「ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪神の領域 - ちあきなおみ

私事で恐縮ですが、やっと50回目の更新です。とりあえず目標100回更新ですから、まだ道半ば、がんばりたいと思います。本日は、50回更新記念ということで、神様、仏様、なおみ様で。 ちあきなおみは、私にとって、神の領域に達した存在です。すでに人ではありません。ですので、以前ここで書いた、「日本で一番好きなアーティストは、井上陽水(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪化粧 - 安田一葉

安田一葉は、大阪出身の演歌歌手。私は、この「化粧」(2001年)で初めて知りましたが、実際、あまり知名度は高くないかもしれません。ただ、中島みゆき作詞・作曲のこの歌は、リリース当時、結構話題になってました。 実は、後になって作者本人の歌を聴いたのですが、まったく世界が違うんですね。良くも悪くも芝居がかった中島みゆきの歌に惚れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪転がる石 - 石川さゆり

石川さゆりは、ねちねちとしつこくなく、からっと、どこか気っ風のよさがあって好きです。情念、艶っぽさを求めたら、今の演歌界では№1じゃないでしょうか。 今年リリースした、椎名林檎:作詞、作曲の「暗夜の心中立て」でも、その不思議な世界を、粋に、艶やかに表現していました。それにしても難しい曲ですね。カラオケで歌えないと、(特に演歌は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ありがとうの唄 - 吉幾三

これまで、吉幾三といえば「酔歌」ばかり聴いていたのですが、最近、いい曲を発見したのでご紹介します。 ジャケットは2003年の「ベスト・コレクション~男ってやつは~」で、この中の「ありがとうの唄」が最高です。 この曲は、「感謝の気持ち」、「家族への想い」など、いつものテーマというか、いわば幾三節といえるもので、フォーク調で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪アメリカ橋 - 山川豊

「アメリカ橋」(1998年)は、作詞:山口洋子、作曲:平尾昌晃という黄金コンビによる山川豊の歌。 平尾氏によると、なんでも、カラオケに行くと、五木ひろしのポップス調演歌ばかり歌うので、「そんなに好きなら作ってあげようか?」ということで出来上がった曲らしいです(人に聞いた話なので真偽のほどは?)。 確かにそれまでの山川演歌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ローリング・ストーン - 山本譲二

山本譲二の「みちのくひとり旅」は、(これも数少ないシングル・レコード・コレクションにもあるほど)好きな楽曲ですが、たまたま買ったベスト盤CDに入っていたのが、この「ローリング・ストーン」(1983年)という曲。 横山やすしや伊東四朗なども出演していた任侠映画「唐獅子株式会社」の主題歌だそうです。その手の男の心意気を歌った曲なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more