♪Kyrie - Mr. Mister

久しぶりに80年代ヒット・ポップスから。   ジャケットはMr. Misterの【Welcome to the Real World】(1985年) これが登場した頃からちょうどリアルタイムの洋楽を聴かなくなったので余計に印象に残るアルバムですね。当時3,200円もしたんですよ。高過ぎ~!(^^) Mr. Misterの…
コメント:0

続きを読むread more

♪天国への道 - Pat Metheny

本日もメセニーさんで!   ジャケットは【映画「天国への道(Passaggio Per Il Paradiso)」サウンドトラック】 (1996年) これも先日の「今年最後のまとめ買い~!」で入手したもの (^^) 。Pat Methenyのソロによるサウンドトラック盤。ソロもソロ、ギター、ピアノ、シンセ等何から何まで演奏は…
コメント:2

続きを読むread more

♪Country Roads - Gary Burton

実はPat Methenyのランキングをやろうと思っていたのですが、よせばいいのに確認のため音源を聴いてたら収拾がつかなくなっちいました (^^; 。自身のグループ、ソロ、コラボ、複数のユニットなど演奏スタイルもそうですが、ジャズ、フュージョン、映画音楽、ヴォーカル・サポートなど作品のコンセプトも違うなど、すべてひっくるめてランキング化…
コメント:2

続きを読むread more

☆マリス・ヤンソンス氏逝く

マリス・ヤンソンス氏(Mariss Ivars Georgs Jansons:1943年~2019年、ラトビアの指揮者)の死去を新聞報道で知りました。これまでほとんど演奏に接する機会はなかったのですがたまたまこの映像を持っていたのでちょっとだけ。   ジャケットはマリス・ヤンソンス指揮による「ベルリオーズ:幻想交響曲ほか」 (…
コメント:0

続きを読むread more

☆ショパンを尻込みさせた作品?...♪ピアノ協奏曲第2番イ短調 - ヨハン・ネポムク・フンメル

表紙は【究極のCD200:クラシックの自由時間】(吉松隆構成・編/初版:1995年) 最近は書籍も中古で買うことが多くなった。古いものでも楽しいものは楽しい。当たり前か (^^) 。この本には購入時のレシートが挟まっていた(おいおい検品したのか?(^^;)。とは言え買ったまま読まれてないと言う感じではなく、想像するに(私もよくやる…
コメント:4

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル112:♪Use Me - Demetrius Perry

タワレコさんより広告メールが届き「◆SOUL名盤 SUPER PRICE 980円(税抜)〈全202タイトル〉が発売」との情報が。覗いてみたら懐かしのこのアルバムを見つけたので本日はちょっと予定変更!(^^)   ジャケットはDemetrius Perryの【Another World】(1990年) 解説によればDemetr…
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル111:♪Last Night In My Dreams - Karin Jones

  ジャケットはKarin Jonesの【Under The Influence Of Love】(オリジナル:1982年) Karin Jonesも例のガイドブックで興味を持った人。とは言え制作にEddie Levertがかかわっているのが大きなポイントだったかも (^^; 。 これは彼女の唯一のアルバム。今も手軽に入手でき…
コメント:2

続きを読むread more

♪Turn Me On - Norah Jones

最近新たに聴くポップ・ミュージックは80年代後半~現在に至るヒット作が中心。その間リアルタイムな音楽をほとんど聴いてこなかったのでどうしてもそこに集中しますね。今回はNorah Jonesで!   ジャケットはNorah Jonesの【Come Away with Me】(2002年) ウィキペディアを見て思い出しましたがそう…
コメント:0

続きを読むread more

☆音楽ブルーレイを作ってみた!...♪アントニオの歌 - 木住野佳子

パソコンの移行作業が思いのほか順調なので余裕こいてちょいと遊んじゃいました (^^) 。 トップ画面 タイトル・リスト画面 再生画面 パソコンのスペックが上がったらぜひやって見たかったのが音楽用ブルーレイディスク(BD)の作成。もちろん私的観賞用に。お気に入りのアーティストを聴いているとアルバムをまたいで聴きたく…
コメント:0

続きを読むread more

☆大は小を兼ねる?...♪Big Love - Fleetwood Mac

来年1月のWindows7サポート終了に向けてただいまパソコンの移行作業中( Windows7 [32ビット] → Windows10 [64ビット] )。 実は作業前は少々ブルーな気持ちに。それは新環境では愛用の32ビット版ソフトが使えないと思ったから。 最初のパソコンがWindowsMe。その作業環境はWindows7に…
コメント:0

続きを読むread more

☆心洗われる作品の数々...♪グリーグ:ピアノ独奏曲集

  ジャケットは【グリーグ:ピアノ独奏曲集(14CD)】(録音:1993-1994年) ピアノ演奏はアイナル・ステーン=ノックレベルグ パソコンとともに私を財政難に陥れたのがこれ。今年はもうCDには手が出せないな (^^; 。ま、とにかくどうしても欲しかったセットです。   ジャケットは【グリーグ:ピアノ曲全集(12CD)…
コメント:2

続きを読むread more

♪Death Letter - Cassandra Wilson

  ジャケットはCassandra Wilsonの「New Moon Daughter」(1996年) Cassandra Wilsonもとりあえずこのアルバムしか聴いてないですがこの人も古いスタイルとは無縁の独自スタイルで聴きやすかったです。生音中心で極シブながらディープ、それになかなかポップで美しさも。ハスキーで低い声というのも…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード114:♪That'll Be the Day - Big Jim

  ジャケットはBig Jimの「Commitment Episode 1」(2003年) これはあのIII Frum Tha SoulのメンバーのひとりJimmy JohnsonことBig Jimのソロ・アルバム。III Frum Tha Soulはなんてったって1stが凄すぎてその他の関連アルバムはなかなか聴く機会がないのですが…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル110:♪Changes - King Curtis

本日はインストで!   ジャケットはKing Curtisの「Live at Fillmore West」(オリジナル:1971年) これはアメリカのR&Bサックス奏者King Curtisのソウルフルな傑作ライブ。 ボーカル・レスとは言えサックスをはじめソロはよく歌い、Procol Harumの「青い影(A White…
コメント:0

続きを読むread more

☆おめでとう!南アフリカ!...♪Cherry Bomb - The Runaways

大方の予想はイングランド有利だったかな?でもやっぱり南アフリカは強かった! とにかく鬼のようなディフェンスでしたね (^^) 。あれだけ勢いのあったイングランドを実質シャットアウトは凄すぎ!これでジャパンの健闘も立証されたかな。あ~でも終わっちゃいましたね。寂しいですがしばらくは録画見てその余韻を味わいたい。 本日の音楽はた…
コメント:0

続きを読むread more

♪弦楽四重奏曲変ホ長調 - アーネスト・ジョン・モーラン

本日はほのぼのとするような音楽を。   ジャケットはモーランの【弦楽三重奏曲、弦楽四重奏曲集】(録音:1995年) 演奏はマッジーニ四重奏団 先日、マッジーニ四重奏団の「イギリスの弦楽四重奏曲集(20CD)」がリリースされた。彼らのアルバムは何枚か持っていて重複もあるのですがぜひとも欲しいところ。マッジーニ四重奏団の演奏は好…
コメント:0

続きを読むread more

☆当日限り!無理やりランキング~!...プログレ編

プログレッシブ・ロックも意外と馴染みの曲が決まっているのでランキング化してみた。 いわゆる5大プログレと言われるグループではPink Floyd、King Crimson以外はあまり聴かないかも。私的にはもっとイタリアン・プログレを入れたいところですがバランスを取ってこんな感じで (^^) 。1位は生涯不動、2~3位と4~10位が…
コメント:0

続きを読むread more

♪Who Else - Poco

イングランドつよ!エディー・ジョーンズ恐るべし!ジャパンvsイングランドもまんざら夢でもなかったか...。 ところで今回のラグビーW杯での印象的な出来事のひとつはやっぱりスコットランド戦を前にしたリーチ主将の「ボコりたい!やっちゃいます!」発言。結構衝撃的でしたよ。主将がそんなこと言っちゃっていいの?みたいな。気持ちは良くわかりま…
コメント:0

続きを読むread more