♪Country Roads - Gary Burton

実はPat Methenyのランキングをやろうと思っていたのですが、よせばいいのに確認のため音源を聴いてたら収拾がつかなくなっちいました (^^; 。自身のグループ、ソロ、コラボ、複数のユニットなど演奏スタイルもそうですが、ジャズ、フュージョン、映画音楽、ヴォーカル・サポートなど作品のコンセプトも違うなど、すべてひっくるめてランキング化するのには少々無理がありましたね。才能ありすぎ~!(^^)

それと最近またいろいろと入手したもんだからあれもこれも気に入ってしまい結局撃沈。何かでくくらないとまとまらないかもしれません。こちらのメセニーさんも外せないし...。

Gary Burton:Like Minds Gary Burton:Like Minds
ジャケットはGary Burtonの【Like Minds】(1998年)

これはGary Burtonのリーダー・アルバムでいいのかな?名手5人のユニットによる作品でガーシュインの1曲「Soon」を除き3人のソリスト(Gary Burton:vibraphone、Chick Corea:piano、Pat Metheny:guitar)が曲を持ち寄って作られたオーソドックスなジャズ・アルバム。それなりの個性集団だとは思いますが、いい按排のスウィンギーな演奏が気持ちいいです。さすが名手の皆さん、聴きはじめると最後までいっちゃいますね (^^) 。

お気に入りはGary Burton作「Country Roads」。私の大好きなブルースで皆さんの快演はもちろんですがヴィブラフォンが入るとさらに色気が加わりぞくぞくしますね (^^) 。最高!











"♪Country Roads - Gary Burton" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント