♪My Sentimental Friend - Herman's Hermits

前回からさらに時代はさかのぼり60年代へ。   ジャケットは【The Best Of Herman's Hermits】(1998年) イギリス出身のHerman's Hermitsは1960年代に活躍したポップ・バンド。最近知ったバンドですが本国イギリスはもとよりアメリカ、この日本でもかなり人気のバンドだったらしい。これは国…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード128:♪I Believe In You - Joe

ジャケットに一言「立つんだジョー!」(^^; 本日は優しいバラードを!   ジャケットはJoeの【My Name Is Joe】(2000年) このアルバムも久しぶりに聴いたもの。 例のガイドブックにはR.Kellyフォロワーと書かれているJoeさん。R.Kellyもそんなに聴いているわけではないですが確かに曲調にして…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル128:♪Been So Long - Anita Baker

  ジャケットはAnita Bakerの【Rapture】(1986年) これはクワイエット・ストームの代表作として必ずと言っていいほど名前の上がるアルバム。実際に手にしたのは昨年ですが聴いたのは随分前のこと。ソウルを本格的に聴き始めて間もなくの頃、レンタルで。 第一印象は芳しくなかったですね。そのジャズっぽいヴォーカル・スタ…
コメント:0

続きを読むread more

☆当日限り!無理やりランキング~!...木住野佳子オリジナル作品編

木住野佳子のオリジナル作品のランキング。ベストや企画ものを除けばオリジナル・アルバムはほぼ揃ったので(2013年の【Hope】までですが)やってみようかなと。彼女は演奏も素晴らしいですがオリジナル作品もまた魅力のひとつなんですよね。現状ではご覧の12枚を所有。【You Are So Beautiful】(1999年)と【Timesc…
コメント:0

続きを読むread more

☆何となく目に付いたので...♪One Chance - Eric Clapton

  ジャケットはEric Claptonの【Pilgrim】(1998年) これも随分ご無沙汰な気がする。クラプトンはベストほかほぼ企画ものしか聴いてないのでそんなに詳しくないのですが、打ち込み主体のこのアルバムは少々異色なのかな?と。かすかな記憶ではリリース当時はあまり評価されてなかったような。今はレビューなど見ると人気あるみたい…
コメント:0

続きを読むread more

☆1月の季語は初物づくし...♪夜想曲 - ジュゼッペ・マルトゥッチ

昨年ちょっと話題にした「365日季語手帖」ですが1月の季語には「初」が付くものが多い。「初東風(はつごち)」「初日」「初明り」「初詣」「初春」「初雀」「初笑」など。情緒的にみればどれも正月気分の似たようなものでひとつひとつ別々に俳句を詠むとなると難しい。そんなに発想が浮かびません (^^; 。 表紙は【超カンタン俳句塾】(20…
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウルに燃える...♪Am I Wasting My Time? - Eli "Paperboy" Reed

  ジャケットはEli "Paperboy" Reedの【Roll With You】(2008年) 最近はジャンルを問わず新たにアルバムを入手するにしても既出のものが多くリアルタイムの音楽に対する関心は何気に薄い (^^; 。ただこのアルバムのリリース時は確かまだ情報誌の新譜記事などはそこそこ気にしていた頃でこのアルバムの評価が高…
コメント:0

続きを読むread more

☆ブルースに酔う...♪The Hard Way - Otis Spann

  ジャケットは【Otis Spann Is The Blues】(1960年) 昨年よりお世話になってるプログレ専門のショップ「カケハシ・レコード」さん。盤に問題があればすぐに同じ音源と交換してくれたり返品にも応じてくれるなどなかなか良心的なショップ。昨年がちょうど創業20周年だったようで常連さんのレビュー等を載せた冊子とAnnn…
コメント:0

続きを読むread more

☆今年もよろしく!...♪祈り - グスターヴ・ホルスト&木住野佳子

  ジャケットは【ホルスト:管弦楽作品集】(録音:1996年) 演奏はデイヴィッド・ロイド=ジョーンズ指揮/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団他   ジャケットは木住野佳子の【Hope】(2013年) それにしてもコロナ収束の目途が立ちません。やはり安全、確実なワクチンが必要ですね。それまでは徹底した自己管理で何とか乗り切りま…
コメント:0

続きを読むread more