♪叶わぬ賭け - Van Halen

Van Halen:炎の導火線
Van Halen:炎の導火線
ジャケットはVan Halenの【炎の導火線(Van Halen)】(オリジナル:1978年)

Edward Van Halen逝く。享年65。突然朝のニュースで流れびっくり。ガン闘病の末ということらしいですがまだ65歳とは残念です。

アーティストについては既にいろんなところで情報が出ているし、リアルタイムで熱心に聴いたわけではないのであらためて付け加えて語ることは出来ないのですが、私事を言いますと70'年代はブリティッシュ・ハードばかり聴いていたのでVan Halenをはっきりと認知したのはたぶん「Jump」。それもハード・ロックというよりはポップス感覚でとらえていたはず。たぶんミュージック・ビデオがTVで盛んに流されていたころで、その視覚的な要素からもポップな楽曲に感じたのではないのかと思います。

Van Halenのオリジナルはこれと【1984】 (1984年) を所有。あとベスト盤が1枚。大好きな「Dreams」はそのベストで。このアルバムを聴いていても感じることですが、やはりアメリカン・ロックはトーンが明るく開放的。学生時代は、じめ~としたロックが好きだったので (^^; こういった音楽はあまり聴かなかったんだろうな。今の方が楽しめますね。「叶わぬ賭け(Ain't Talkin' 'Bout Love)」が好きです!


安らかに...













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年10月09日 22:20
エディさんの訃報であちこちで追悼投稿が増えていますね。小生はヴァン・ヘイレンは今まで一度も掲載しておらずいつか書かなきゃと思いつつも数年の歳月が経過していました。、80年代以降のハードロックはリアルタイムに聴いていなかったので、知見ある皆様にエラソーに語る身にはあらずと気後れ感がずっと続いていました。ベスト盤などを聴いてある程度勉強はしているつもりですが、まだまだ未熟であり、自分が取り上げると付け焼刃的・ミーハー的になるので今はやめておきます。まずは9月末に亡くなったヘレンレディさんの方を次回記事にレポートしてから、今年のLAST記事でロックレジェンド物故者を振り返りながらヴァン・ヘイレンの方もジックリと追悼してみたいと思います。
カルロス
2020年10月10日 10:06
ローリングウエストさん、コメントありがとうございます。
80年代に入ってからは徐々に洋楽から離れていったのでヴァン・ヘイレンは「Jump」「Dreams」といったポピュラーなヒット作以外は全て後聴きですがやはりかっこいいですね。
ヘレンレディさんは名前しか存じ上げないですが9月に亡くなったんですか。最近は馴染みのアーティストが一人また一人と逝ってしまって寂しいですよね。
ロックレジェンドにどなたが登場するのか楽しみにしております (^^) 。