☆ソウル・バラード123:♪It's Too Late, She's Gone - Freddie King

  ジャケットは【Freddie King is a Blues Master】(オリジナル:1969年) 今回はバラードもブルース、Freddie Kingで。いわゆるブルース界の3大キングの一人ですね。今回グルービンで紹介したコンピ盤では一人だけ仲間外れだったので (^^; 。 最近になってまた古典的な作品にも手を出すよう…
コメント:2

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル123:♪Mojo Hand - Lightnin' Hopkins

本日はブルースのコンピ盤から!   ジャケットは【ブルース入門(The Introduction To The Blues)】(1997年) これは過去にPヴァイン・レコードからリリースされた編集盤。先日たまたま中古で見つけたもの。確認しようと現在のPヴァインのページで検索したが出てこない (^^; 。どうも「ブラック・ミュ…
コメント:0

続きを読むread more

♪水の戯れ - モーリス・ラヴェル

  ジャケットは【ラヴェルほかピアノ作品集(Martha Argerich The Collection 1 より)】 (録音:1960年) ピアノ演奏:マルタ・アルゲリッチ 連日暑いので今日は涼し気なラヴェルの「水の戯れ」。 ウィキペディアにはこの曲についてサン=サーンスが「まったくの不協和音」と酷評したとあります。結構…
コメント:0

続きを読むread more

♪Evening Tide - 松岡直也&ウィシング

忘れた頃にやって来たシャープマスクの当選通知。 そういえばいつだったか応募したっけ (^^; 。 マスクが手に入らない時期だったので念のためにと応募したんだけど。 品質は良さげですが今やマスクも十分あるしどうしようか...。 今年は夏らしい音楽を取り上げてなかったのでここはやはり松岡直也で!   ジャケットは松岡直也…
コメント:0

続きを読むread more

☆驚異のデビュー盤...♪【自由への叫び】- Area

  ジャケットはAreaの【自由への叫び(Arbeit Macht Frei)】(オリジナル:1973年) 本日はイタリアン・プログレ界のスーパー・バンドArea。過激でメッセージ性が強く演奏はフリージャズ的な超絶技巧。何かごちゃごちゃしてますが確かなテクニックで一切乱れなし! 最初に聴いたのは彼らの最高傑作と言われるアルバム…
コメント:4

続きを読むread more

♪Wunderschatzer - Novalis

ここ最近プログレを聴く機会が多くなっている。本日はジャーマン・プログレを!   ジャケットはNovalisの【Sommerabend】(オリジナル:1976年) Novalisは80'年代まで活躍したドイツのプログレッシブ・ロック・バンドでドイツのロマン主義作家Novalis(これをバンド名にしたもよう)の詩を作品に取り入れて…
コメント:0

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ24:♪Libido ~ Mediterranean Sundance - Akiko Grace

ジャズというとボーカル、ピアノは圧倒的に女性が多いですね。日本だけ?メディアの取り上げ方の問題?とにかく今時の日本のジャズ誌を見ると女性しかいない感じ (^^) 。   ジャケットはAkiko Graceの【Manhattan Story】(2002年) Akiko Graceもはじめて聴く人。れっきとした日本人だそうでアーテ…
コメント:2

続きを読むread more