☆驚異のデビュー盤...♪【自由への叫び】- Area

Area:Arbeit Macht Frei Area:Arbeit Macht Frei
ジャケットはAreaの【自由への叫び(Arbeit Macht Frei)】(オリジナル:1973年)

本日はイタリアン・プログレ界のスーパー・バンドArea。過激でメッセージ性が強く演奏はフリージャズ的な超絶技巧。何かごちゃごちゃしてますが確かなテクニックで一切乱れなし!

最初に聴いたのは彼らの最高傑作と言われるアルバム【1978】(1978年)。正直はじめは難しくてとっつきにくかったです。特にその中心人物であるヴォーカル、キーボード担当のDemetrio Stratos(デメトリオ・ストラトス)の超個性的な歌い方になかなか馴染めませんでした。白血病により34歳で亡くなったと言われるデメトリオはエジプト生まれのギリシア人。17歳でイタリアに渡りその後Areaを結成(デメトリオ以外のメンバーはすべてイタリア人)。その歌唱はギリシアの民族音楽由来のものらしいですがいやぁ~強烈(何とかなれましたけど (^^; ) 。

本日のアルバムは彼らのデビュー盤。【1978】よりは幾分ポップなので聴きやすい...かな?(^^; デビュー盤としては驚くほどの完成度。もう凄すぎて笑っちゃう!(^^) とりあえずご存じない方はこちらで。

7月、8月、9月(黒)(Luglio, agosto, settembre (nero))


自由への叫び(Arbeit Macht Frei)


自覚(Consapevolezza)











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2020年08月13日 16:36
イタリアとドイツのプログレに詳しい方ってそうはいませんね。小生はやはり英国プログレにどっぷり・・!今年の秋にピンクフロイド原子心母50周年をやろうかなと思っています。
カルロス
2020年08月13日 20:22
ローリングウエストさん、こんばんは。

プログレは何故かイタリアが好きなんですよね。広く浅くいろいろ聴いてますけど。

なるほど「原子心母」は50周年なんですね。昔、学校で流したら嫌がられました。 私は大好きなんですけどね!(^^)
2020年08月16日 08:03
お好みじゃないかもしれませんが、1970年代中期に2枚のアルバムだけで解散した隠れたスーパーバンド「アメリカン・フライヤー」を公開しております。初期イーグルスの雰囲気タップリの美しきメロディのウエストコーストサウンド、猛暑の中で一服の清涼感・癒し感を得られると思いますので是非とも聴いてみて下さい。
カルロス
2020年08月16日 13:21
ローリングウエストさん、こんにちは。
立ち寄らせていただきますね!