☆美しくポップなプログレを!...♪Isadora - Illusion

Illusion:醒めた炎/幻想の翼 Illusion:醒めた炎/幻想の翼
ジャケットはIllusionの【醒めた炎(Out of the Mist)/幻想の翼(Illusion)】
(2in1CD/オリジナル:1977、1978年)

Illusionはイギリスのプログレ・バンドRenaissanceのオリジナル・メンバーを中心として1977年に結成されたバンド。バンド名はRenaissanceの2ndアルバムのタイトルからとったもので自身の2ndアルバムのタイトルにも...紛らわしい (^^; 。彼らは2001年にRenaissance Illusion名義のアルバムを出しているようですが(さらにややこしい (^^;)未発表音源集を除けばこの2作品がIllusion名義の全オリジナル・アルバム。

程よくプログレッシブなフォーク・ロック的作品が主体のIllusion。「Everywhere You Go」などに見る女性ヴォーカルJane Relfはまるで山本潤子(赤い鳥、ハイ・ファイ・セット)の如き美声で大いに魅力的。男性ヴォーカルJim McCartyとのハーモニーも絶妙でどちらのアルバムも魅惑のヴォーカル・アルバムとなってます。

両アルバムともそれぞれの冒頭曲「Isadora」「Madonna Blue」が名品。聴くべし!(^^) 他にも軽快な「Roads To Freedom」、カントリー・ロックで聴かれるような美しいコーラスが映える「Never Be The Dame」やピアノをバックにJane Relfがしっとりと歌う「Beautiful Country」「Face Of Yesterday」「Louis Theme」など親しみやすい曲が多い。全体としてはやはり紅一点Jane Relfの存在が際立つ作品集と言えそうですね。ジャケットもいかしてます!

Isadora


Everywhere You Go


Madonna Blue


Never Be The Same


Louis' theme










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2020年03月06日 08:29
プログレは大いに嵌っていましたがこのバンドは知りませんでした。奥が深いなあ・・!今度聴いてみます。
(PS)第62回グラミー賞主要4部門を含めた5冠受賞の大偉業を達成した18歳になったばかりの女性歌手「ビリー・アイリッシュ」特集を公開ましたので興味あれば覗いてみて下さい。気怠そうに淡々と歌い上げる透明感溢れる美声、宙を虚ろに見ながら歌う不思議な妖艶さ(ホラー的雰囲気も)、オーラに満ちたカリスマ性と独特の世界観に満ちており「天才的な音楽センスを持っている子だな~」と本当に驚き、聴いてみて一発で還暦過ぎのオヤジは悩殺されちゃいました。
カルロス
2020年03月06日 20:32
ローリングウエストさん、どうも!

プログレと言ってもいろいろありますよね。聴いてみたら「何だ、単なるブルース・ロックじゃん!」みたいのもあったりして (^^) 。プログレはほんと奥深く面白い世界ですね。

ビリー・アイリッシュは残念ながらまったく...(^^; 。また拝見させていただきます。