♪レクイエム - アンドリュー・ロイド・ウェッバー

もういっちょレクイエムを!再び現代に舞い戻ってきました (^^) 。 ジャケットは【アンドリュー・ロイド・ウェッバー:レクイエム】(録音:1984年) このアンドリュー・ロイド・ウェッバー(Andrew Lloyd Webber:1948年3月22日~、イギリスの作曲家)の「レクイエム」ですが、巷ではわりと人気があるにもかか…
コメント:2

続きを読むread more

☆ソウル・バラード117:♪Love At Second Sight - Dionne warwick

  ジャケットはDionne warwickの【Friends】(1985年) このアルバムを手にした頃はまだDionne warwickをよく知らなかったはず。なのでお目当ては楽曲「愛のハーモニー(That's What Friends Are For)」でありElton John、Stevie Wonderといったアーティストだ…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル115:♪Shotgun - Jr. Walker & The All Stars

  ジャケットはJr. Walker & The All Starsの【Shotgun】(オリジナル:1965年) このアルバムも例のガイドブックに掲載され以前から気になっていたもの。昨年暮れ入手。 そのガイドブックによればJr. Walker & The All Starsはヴォーカル&インスト・グループのハシリでファンキー…
コメント:2

続きを読むread more

☆ザ・ロック・レクイエム...♪Gypsy Soul - Tommy Bolin

先日ジャズの本を探していたらこんなものが出てきました。   表紙は「The Rock'n Roll Requiem」(1991年/監修、訳:宝島編集部) これはイギリスのプレクサス社が出版した「The Day The Music Died」を翻訳、再編集したものだそうです。内容は英米の著名な評論家が夭折したロック、ソウルの天才…
コメント:2

続きを読むread more

♪レクィエム - ジャン・ジル

「レクィエム」をただボケ~っと聴いていてもしょうがないので (^^; こういったものを入手してみました。 表紙は【レクイエム・ハンドブック】(高橋正平著) 初版は90年代とそこそこ古いもの。私はほぼ送料だけという中古でゲットしましたが (^^; 今でも現役で流通していて「レクィエム」の解説書としてはベストセラー的存在なのかも…
コメント:0

続きを読むread more

☆こりゃたまらん!...♪朝日のようにさわやかに - Keiko Lee

  ジャケットはKeiko Leeの【Fragile】(2009年) 昨年ちょっと話題に上げたこのアルバムですが私が聴いたKeiko Leeの作品(5枚ほど)の中ではひときわ味わい深い1枚に。ヴォーカルが魅力的なのはもちろんのこと選曲とともにバックがまた良ろしい!ワンホーン(サックス)カルテットにパーカッションというほぼアコースティ…
コメント:0

続きを読むread more

♪Love, Peace, Happiness - The Isley Brothers & Santana

CDをレンタルするようになってからは何かと借りただけで済ますケースが多い。ここにきて借りっぱなしのアルバムをぼちぼち買い直している。特にSantanaは新しいものでもお手頃価格の中古が出回っているので購入が進む。ただ、ありがたいことはありがたいですが嬉しいかどうかはビミョーですな (^^; 。   ジャケットはThe Isley…
コメント:2

続きを読むread more