♪Soul Search - Pat Metheny

Pat Methenyは手に入りやすいものを片っ端から聴いているので何の脈絡もなくやって来ます (^^; 。今回はこちらを!

Pat Metheny:Orchestrion Pat Metheny:Orchestrion
ジャケットはPat Methenyの【Orchestrion】(2010年)

「オーケストリオン」とは何じゃらほい?とリリース元ワーナーのサイトを見ると「19世紀末から20世紀初頭に実在した、オーケストラの複数の楽器を同時に演奏させることができる大掛かりな機械のこと」とあります。このアルバムはそんな「オーケストリオン」を今に蘇らせそれをバックにメセニーさんがギターを弾きまくったものらしい。

多くの楽器を使った演奏者一人の作品とは言え多重録音ではなく同時演奏という言わば曲芸的作品 (^^) 。ピアノ、ドラム、ヴィブラフォン等々どうやってコントロールしているのかわかりませんがその演奏にまったく違和感がないのが凄いところ。このシステムを構築するのは大変だったろうなぁというのは想像出来ますね。実質生演奏なので多重録音よりはギターも弾きやすいかも。

曲はメセニー・グループの延長線上のような感じですが「Soul Search」がなかなか面白い。しっとりとした美しい作品で中間部でのノリノリのブルースがどこかKenny Burrellの「Midnight Blue」を思わせ、ん~これにはまいった...。

とにかく、そこまでやるか!的アルバムですね!(^^)











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年12月15日 13:04
パットメセニーには昔嵌っていたころがあります。透明感ある先進的なJAZZが心地よかったですね!
カルロス
2019年12月15日 14:24
ローリングウエストさん、そうでしたか!
実は私も一度離れて今また聴き始めているところです。
いろいろなことに挑戦し先進的でありながらも基本に優しさがあって好きですね!