♪Death Letter - Cassandra Wilson

Cassandra Wilson:New Moon Daughter Cassandra Wilson:New Moon Daughter
ジャケットはCassandra Wilsonの「New Moon Daughter」(1996年)

Cassandra Wilsonもとりあえずこのアルバムしか聴いてないですがこの人も古いスタイルとは無縁の独自スタイルで聴きやすかったです。生音中心で極シブながらディープ、それになかなかポップで美しさも。ハスキーで低い声というのも好みですね。

U2の作品等ポピュラーな曲も多いですが、冒頭のベースとトランペットの伴奏で歌われる「奇妙な果実(Strange Fruit)」は特に印象的。題材が題材だけになかなか強烈ですね (^^; 。

お気に入りはSon Houseの「Death Letter」。オーソドックスなブルース進行なだけにのりやすいというか何かじわじわきます。

ウィキペディアにはある評論家の言葉として「モンキーズの"恋の終列車"と"奇妙な果実"の両方が収録されているアルバムは、恐らく本作だけだろう」とありますが、そういった取り合わせはいまやもう当たり前の時代になりましたね (^^) 。

ジャズ・ボーカルも面白くなってきたわぃ!

奇妙な果実(Strange Fruit)


恋は盲目(Love Is Blindness)


Death Letter











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント