☆ジャパン強すぎ~!...♪The Final Countdown - Europe

いやぁ~アイルランドに勝ちましたね!\(^^)/ 今回の戦いは第1戦とは見違えるほどミスは少なくサポートも早かった!キックを多用せずボール・キープから継続していったのも良かったんじゃないでしょうか。後半は疲労からか大事なところでミスの目立ったアイルランド。最終的にアイルランドに7点差以内の負けを選択させたのはある意味完勝に近い。と…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード112:♪真実の愛 - Oleta Adams

  ジャケットはOleta Adamsの【Evolution】(1993年) Oleta Adamsはこれを聴くのがはじめて。イギリスのポップ・グループTears for Fearsのメンバーが惚れこんで見出した人らしい。ゴスベル、ソウル、ジャズのフィーリングを生かしたオールラウンドなシンガーという印象。とにかくエモーショナルで恐ろ…
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル108:♪Sleep Talk - Alyson Williams

ラグビーW杯の熱き戦いに気分も高揚。気合の入る1曲を!   ジャケットはAlyson Williamsの【Raw】(1989年) これは元High FashionのメンバーAlyson Williamsのソロ・デビュー・アルバム。彼女は久保田利伸とのデュエット「Forever Yours」でも知られる人ですね。 前半だけ…
コメント:0

続きを読むread more

☆ちょっとはらはらしましたが...♪Straphangin' - The Brecker Brothers

対ロシア戦は何だかはらはらドキドキで。緊張感もあったのかミスが多かったですね。前半は相手のプレッシャーからか息の上がった選手も多かったような。フレッシュなメンバーを投入しつつ後半は何とか主導権を奪い(ロシアも疲れたかな?)結果的にはボーナス・ポイント付き勝利。ほっと一息といった感じ。 それにしても気分的にはジャパンが出てない試合の…
コメント:0

続きを読むread more

☆キタ~!ラグビーW杯開幕~!...♪ターナーの汽罐車 - 山下達郎

もう間もなくラグビーW杯の開幕。まずはロシア戦ですね。わくわくドキドキ! 海外から見たジャパンに対する評価は前回の大会前とはかなり違っているんでしょうね。おそらくどの試合も勝ちきるには前回に勝る力量が必要じゃないかと。ただジャパンのスキルは前回を上回っているはず。ぜひ勝利に向けてがんばって頂きたい。こちらは出てっておっぺするわけに…
コメント:0

続きを読むread more

☆ジャズ・ピアノ20:♪アルバム【La Scala】 - Keith Jarrett

Keith JarrettもPat Metheny同様私の中では復活の兆しあり。ただしPat Methenyほどは手を出しやすい状況にはないのだが。で、今回の音源まとめ買い。ボックスあり駆け込みありで激ヤバの予算オーバー。とどめの「スカラ」ですっからかん!...今日はそれが言いたかっただけ?(^^;) ところで先日の【Methen…
コメント:0

続きを読むread more

☆デュエット・ソング41:♪Make Peace - Pat Metheny & Brad Mehldau

  ジャケットはPat Metheny & Brad Mehldauの【Metheny Mehldau】(2006年) 最近また徐々にPat Methenyを聴き始めている。ある時期からぱったりと音源を買わなくなっていたので気が向くとちょこちょことその埋め合わせを。意外と彼のアルバムは中古市場に求めやすいものがあるんですよね (^^…
コメント:2

続きを読むread more

☆当日限り!無理やりランキング~!...玉置浩二編

またまたちょっと新企画を。 巷ではウェブリブログの存続を危ぶむ声も。もちろんそうならないで欲しいけど... でも万が一のためにやりたいことはやっておこうかなと。好きな音楽のランキング化をやってみたい。 だいたい私は大の気分屋。日毎その思いも変わるもの。音楽をセレクトするだけでも大変なのに順位付けなんてもっての外。なので賞味期…
コメント:2

続きを読むread more

☆誘われてギター...♪さらば、ストロムネス - ピーター・マックスウェル・デイヴィス

  ジャケットは【イギリスのギター音楽集】(録音:2007年) ギター:グレアム・アンソニー・デヴァイン 大のギター好き!とはいえクラシック・ギターによる作品、演奏はあまり聴いていない。 なのでこんなアルバムを入手してみました。英国音楽好きであり名作と言われるウォルトンの「5つのバガテル」を聴いてみたかったのと購入希望リスト…
コメント:0

続きを読むread more

☆ソウル・バラード111:♪Loving you - The O'Jays

  ジャケットはThe O'Jaysの【Let Me Touch You】(1987年)。 バラードもやはりThe O'Jays。鉄板の「Loving you」で。こちらも名作ですね!Eddie Levertのヴォーカルに圧倒されます (^^) 。 このアルバムを聴くのはかなり久しぶりですが、陽気なラテン・ナンバー「True …
コメント:0

続きを読むread more

☆グルーヴィン・ソウル107:♪裏切り者のテーマ - The O'Jays

The O'Jaysの15年ぶりのスタジオ・アルバム【The Last Word】がリリースされたらしい(知らなかった (^^;)。彼らとしてはこれが最終作だそうで、ついにその時が来たかという感じ。彼らの大ファン!であり、そして何よりソウル界№1ヴォーカリストはEddie Levertだ!と自認する私にとってはちょっと複雑な1枚ですが、…
コメント:0

続きを読むread more

☆中古が俺を呼んでるぜ!...♪交響曲第2番嬰ヘ短調「アンタール」 - ニコライ・リムスキー=コルサコフ

音源の主流がCDになってからは中古盤を買うことが多くなった。基本的に音質が劣化することはないので聴くだけなら中古で十分である。一応盤面だけは気にするもののほかの要素はあまり気にならない。付属物やケースに多少問題があってもその分安くなったりしてかえってありがたい (^^;) 。 購入はだいたい興味のあるものは前もってリストアップし期…
コメント:0

続きを読むread more

☆今さら聞けない「タピオカって?」...♪Tapioca Tundra - The Monkees

食の流行にあまり興味がない人で未だタピオカを食したことがない。つい最近までタピオカは木の実?ベリー系の果物?みたいに思ってました (^^;) 。キャッサバとか言う植物の根茎から製造したデンプン(ウィキペディアより)だそうですね。何だ、ジャガイモみたいなもんか (^^) 。 それにしても流行ってますよね。専門店が出来るほどで。ナタデ…
コメント:0

続きを読むread more