☆沁みる~!...♪Operator - Diana Krall

Diana Krall鑑賞第2弾。ポピュラーな選曲に惚れ借りてみた!

Diana Krall:Wallflower The Complete Sessions
ジャケットはDiana Krallの「Wallflower The Complete Sessions」(2015年:レンタル入手)。

01 California Dreamin'/夢のカリフォルニア
02 Desperado
03 Superstar
04 Alone Again (Naturally)
05 Wallflower
06 If I Take You Home Tonight
07 I Can't Tell You Why/言い出せなくて
08 Sorry Seems To Be The Hardest Word/悲しみのバラード
09 Operator (That's Not The Way It Feels)
10 I'm Not In Love
11 Feels Like Home
12 Don't Dream It's Over

以下 Bonus Tracks
13 In My Life
14 Yeh Yeh
15 Sorry Seems To Be The Hardest Word(Live)
16 Wallflower(Live)
17 A Case Of You
18 If You Could Read My Mind/心に秘めた想い
19 Everybody's Talkin'/うわさの男
20 Heart Of Gold/孤独の旅路

なんじゃこりゃ!マイ・ハートを刺激する曲ばかりじゃないかぃ!\(^^)/

数曲知らない曲もありますが、The Mamas & the Papas、The Eagles、Carpenters、Gilbert O'Sullivan、10cc、The Beatles、Neil Young...と、これだけ身近なアーティストの名作が揃うとやはり心躍りますね。久しぶりに聴いたせいか「悲しみのバラード」(Elton John)、「Operator(That's Not The Way It Feels)」(Jim Croce)にはしびれたなぁ。The Eaglesの2曲も言うことないしBryan Adamsとの「Feels Like Home」もよかったし(どちらが歌っているかわかんないけど (^^) )。

私はオリジナル志向なところがあり(と言っても最初に耳にしたものがオリジナルだ!という身勝手なもの (^^;) )カバー作品集はあまり聴かない方ですが、ただこのアルバムは歌声の魅力に加えその癖のない歌唱と曲のイメージを損なわないアレンジが見事で聴き惚れちゃいました。アレンジはDavid Foster。選曲の妙もありそうですがカバー集でこれだけ感激するのもめずらしい。

これはぜひとも手元に置いておきたいアルバムですね!中古盤探そ (^^;) 。


この記事へのコメント