☆「ブルース&ソウル・レコーズ」の付録CDがご機嫌だ!

ブルース&ソウル・レコーズ №149 ブルース&ソウル・レコーズ №149
表紙、曲目リストは「ブルース&ソウル・レコーズ №149」(2019年10月号)。

今回の「ブルース&ソウル・レコーズ」はこの6月に亡くなったブルース界の重鎮、ニューオリンズ出身のDr. Johnの追悼記事が中心。正直Dr. Johnは名前を知るだけなのであれなんですが (^^;) とにかく今回の付録CDが楽し過ぎ~!\(^^)/

Dr. Johnと縁のあるニューオリンズR&Bの偉大な4人、Earl King、Snooks Eaglin(以上ギタリスト、シンガー)、Tommy Ridgley(シンガー)、Henry Butler(ピアニスト、シンガー)による演奏を収録。こちらも全員未聴の人なんですが (^^;) ニューオリンズと言えばジャズ発祥の地、ディキシーランド・ジャズが育ったところ。楽しさは折り紙つき。いずれも演奏はモダンで録音も比較的新しいもの(再録ものが多いようです)ばかりで聴きやすく、歌はもちろんギター、ピアノ、オルガン、ホーンなど演奏はめっちゃ楽しい!

今回の音源はブルース・ファンのみならず音楽なら何でもござれ!な人なら絶対に楽しめるはず。その一端をぜひこちらで!

No City Like New Orleans / Earl King


Lets try and talk it over / Tommy Ridgley

※CDには再録音源が収録されてます

Travellin' Mood / Snooks Eaglin


Baby Let Me Hold Your Hand / Henry Butler with Steven Bernstein & The Hot 9(ライブ)

※CDにはスタジオ音源が収録されてます


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント