☆ドイツ・プログレ!:♪No Place To Go - Embryo

Embryo:We Keep On
ジャケットはEmbryoの「We Keep On」(1973年)。

1 No Place to Go
2 Flute and Saz
3 Ehna Ehna, Abu Lele
4 Hackbrett-Dance
5 Abdul Malek
6 Don't Come Tomorrow

これは以前から気になっていたアルバム。ドイツのプログレッシブ・ロック・バンドEmbryoの傑作と言われているものでこちらもPrime Musicで見つけました。こういったものまであるとは(喜)。

Embryoはアフリカン・テイストを持つSoft Machineのようなテクニカルなジャズ・ロックが持ち味らしい。とにかく彼らを聴くのははじめてで、ん~これがなかなか良かった!

特に12分を超える「No Place To Go」は緊張感溢れるスリリングな展開で強力!疾走するバックを背景にギター、サックス、ピアノなどソロが畳み掛け、久々に長~いプログレ作品を聴きましたが興奮したかも(笑)。かっこいい曲ですね!ちなみにサックスはアメリカのジャズ・サックス・プレーヤーCharlie Marianoが吹いているらしい。お勧めだよん!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント