☆「メリー・ジェーン」が好きならば...:♪闇の彼方へ - Tai Phong

Tai Phong:恐るべき静寂
ジャケットはTai Phongの「恐るべき静寂(Tai Phong)」(1975年:レンタル入手)。

01 Going Away
02 Sister Jane
03 Crest(聖使の羽飾り)
04 For Years And Years(時の流れの中に)
05 Field Of Gold(黄金の草原)
06 Out Of The Night(闇の彼方へ)
[Bonus Tracks]
07 North For Winter
08 Let Us Play
09 Sister Jane(single version)

Tai Phongはベトナム出身の兄弟二人を中心にフランスで結成されたプログレッシヴ・ロックバンド。このアルバムは彼らのデビューアルバム。すでに2nd「Windows」(1976年)は聴いていたのですがレンタル店でこの1stを見つけゲット!

この2枚を聴く限りですが日本人が好みそうな哀愁漂うメロディアスな作品が持ち味の彼ら。プログレとは言え曲はポップで聴きやすい。ハイトーンのヴォーカルは少々ヒステリックな感じですが切ない曲調にはよく合ってますね。美しいコーラス、心地よいオルガン、泣きのギターなどは特徴的。2ndの方が幾分プログレ度は高いかも。とにかくこの1stはプログレ・ファンでなくても大いに楽しめそうな2nd以上に親しみやすい内容ですね。

巷では「Sister Jane」に人気がありそうですが(ボートラを除く)最終ナンバーである長尺の「闇の彼方へ(Out Of The Night)」はプログレ的名曲。その世界はまるで「メリー・ジェーン」(1971年:つのだひろ)のよう。終盤のギターも沁みちゃうしやっぱ70年代っていいな(笑)。このアルバムはSebastian Hardie(オーストラリアのプログレ・バンド)あたりが好きな人にもお勧めですよ~!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント