☆グレイテスト・ヒッツ 1971-1975が売上歴代トップに!:♪呪われた夜 - Eagles

Eagles:グレイテスト・ヒッツ 1971-1975
Eagles:グレイテスト・ヒッツ 1971-1975
ジャケットはEaglesのベスト「グレイテスト・ヒッツ(Their Greatest Hits)1971-1975」(オリジナル:1976年)。

米レコード協会(RIAA)がこのアルバムの累積売上が歴代トップになったと発表したらしい。それまでトップだったあのMichael Jacksonの「Thriller」(1982年)を抜いて№1になったそうで、ならばこのアルバムは超絶モンスター・アルバムと呼べそうですね(笑)。アメリカの音楽事情はよくわからずこの結果には合点がいく部分も意外な部分も両方あるのですが、Eaglesのベストと言えば既にオールタイムなものも出ている中、初期のこのベストがトップということは、やはりカントリー色の強い初期の作品に人気があるということなんでしょうか。「Hotel California」が入っていないベストが№1というのは日本では考えにくいですけどね。ただ3位には同じくEaglesのアルバム「Hotel California」(1976年)が入っているので、アメリカのリスナーも「Hotel California」と「グレイテスト・ヒッツ 1971-1975」をそろえるとそれなりに落ち着くということかも(笑)。

ところでグレイテスト・ヒッツは1、2両方持ってますがどちらを選ぶかと言えば私も断然この1枚目。軽快な「Take It Easy」にはじまり魅惑の「魔女のささやき(Witchy Woman)」、美しすぎる「いつわりの瞳(Lyin' Eyes)」、珠玉のバラード「ならず者(Desperado)」、初の№1ソング「我が愛の至上(Best of My Love)」など名作が目白押し。その上私にとって彼らの最高傑作である「呪われた夜(One of These Nights)」が収録されているのがその理由。曲もいいし歌もセクシーだし「Hotel California」ももちろん好きですが彼らのベストはやっぱこれ!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント