☆丸ノ内線で~:♪地下鉄にのって - 猫

ここのところほとんど邦楽を聴いてなかったのですがラジオねたから1曲。

猫:地下鉄にのって
ジャケットは猫の「地下鉄にのって」(1972年:シングル・レコード)。

先日たまたま車で聞いたAMでは金澤信幸(存じ上げません(汗)フリー編集者だそうです)著作の「フォークソングの東京・聖地巡礼」という単行本についてご本人を交え盛り上がってました。

運転中だったし聞いたのは途中の10分程度だったので話の内容はよくわからなかったのですが(汗)その時「高円寺」(1972年/歌唱、作詞、作曲:吉田拓郎)、「池上線」(1976年/歌唱:西島三重子、作詞:佐藤順英、作曲:西島三重子)とともに楽曲として話題に上っていたのが猫の「地下鉄にのって」(1972年/作詞:岡本おさみ、作曲:吉田拓郎)

猫と言えばまずは「雪」(1972年/作詞:岡本おさみ、作曲:吉田拓郎)が思い浮かびますがこの「地下鉄にのって」もそこそこヒットしたんじゃないかなぁ、よく覚えてないんですけど。とにかくこのシングルはよく聴いてました。「♬丸ノ内線で~」などリードとコーラスの絡みが面白く「雪」とはまた違ったほのぼのとした雰囲気も好きでしたね。懐かしい~!


この記事へのコメント

2018年05月05日 10:49
この曲は、僕も好きで、車で聴きますね。
拓郎さんバージョンも、いいですよ。
2018年05月05日 21:08
mickさん、どもども。
拓郎さんバージョンは聴いたことないんですよね。
いずれは聴いてみたいです!