♪恋唄 - 内山田洋とクールファイブ/京のにわか雨 - 小柳ルミ子/ブルー - 渡辺 真知子

酔芙蓉
今年の酔芙蓉はやけに豪勢です!
毎日がほろ酔いで羨ましい?(笑)


さてさてTVの歌番組などで70年代の歌謡曲を耳にすることがありますが、それが普段聴いてない曲でもたまたま耳に残っていたりすると「何だ!いい曲だったんじゃないか!」と思うことがよくあります(汗)。ん~やっぱり70年代の作品は肌に合うのかな?そこは理屈じゃないんですよね、きっと(笑)。で、今日は最近出合ったそんな曲をいくつか。



恋唄 : 内山田洋とクールファイブ

前川清:ベスト25 - Best of First Quarter
CD1CD2
01 長崎は今日も雨だった
02 噂の女
03 逢わずに愛して
04 この愛に生きて
05 愛愁路
06 海鳴り
07 国際連絡船
08 そして神戸
09 中の島ブルース
10 恋さぐり夢さぐり
11 愛の旅路を
12 東京砂漠
13 さようならの彼方へ
01 雪列車
02 涙
03 花の時・愛の時
04 愛がほしい
05 恋唄
06 男と女の破片
07 夢一秒
08 潮騒のゆくへ
09 流木
10 哀しみへの伝言
11 別れ曲でも唄って
12 昔があるから
 

ジャケットは前川清の「ベスト25:Best of First Quarter(2CD)」(1993年/レンタル入手)。

クールファイブはほかのコーラス・グループよりは若い人にも親しみやすかったような気がします。ほとんどのコーラス・グループが純アダルト志向だったのに対しわりと全世代向けポップ路線だったような。もしかしたらメンバーのキャラクターが影響しているのかな?(汗)

前川清と言えばそうですねぇ、グループ時代では「東京砂漠」(1976年/作詞:吉田旺、作曲:内山田洋)、ソロでは「花の時・愛の時」(1987年/作詞:なかにし礼、作曲:三木たかし)といったところが印象に残っているんですが、「恋唄」(1972年/作詞:阿久悠、作曲:鈴木邦彦)もいい曲ですね。あらためてそう思いました。クールファイブにはヒット曲がたくさんありましたから聴けば思い出す曲が多いかもしれませんね。






京のにわか雨 : 小柳ルミ子

小柳ルミ子:GOLDEN☆BEST - シングル・コレクション
CD1CD2
01 わたしの城下町
02 お祭りの夜
03 雪あかりの町
04 瀬戸の花嫁
05 京のにわか雨
06 漁火恋唄
07 春のおとずれ
08 恋にゆれて
09 十五夜の君
10 恋の雪別れ
11 花のようにひそやかに
12 ひとり囃子~祇園祭より~
13 冬の駅
14 黄昏の街
15 ひと雨くれば
16 花車
17 桜前線
18 恋岬
19 夾竹桃は赤い花
20 逢いたくて北国へ
21 思い出にだかれて
22 星の砂
23 湖の祈り
01 ひとり歩き
02 夢追い列車
03 泣きぬれてひとり旅
04 雨…
05 スペインの雨
06 恋ごころ
07 来夢来人
08 螢火
09 ジョーク
10 南風
11 たそがれラブコール
12 みだれ髪
13 通りゃんせ帰りゃんせ
14 お久しぶりね
15 今さらジロー
16 乾杯!
17 乱
18 背中でちょっとI Love You
19 泣かないから
20 LEATHERY
 
 
 

ジャケットは小柳ルミ子の「GOLDEN☆BEST:シングル・コレクション(2CD)」(2005年/レンタル入手)。

小柳ルミ子ではなんてったって「お久しぶりね」(1983年/作詞、作曲:杉本真人)が杉本真人節全開のもう忘れがたい作品なんですが、でも今回は70年代ということでちょっとそこは封印で!(笑)

小柳ルミ子と言えばやはり「わたしの城下町」(1971年/作詞:安井かずみ、作曲:平尾昌晃)、「瀬戸の花嫁」(1972年/作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃)あたりが定番の大ヒット曲ですが最近の歌番組で聴いたのが「恋の雪別れ」(1973年/作詞:安井かずみ、作曲:平尾昌晃)。この曲もあの特徴的な美しい高音が魅力的でした。

で、そう言えばそんな曲もあったなぁとこのアルバムを聴いていてさらに懐かしく蘇ったのが「京のにわか雨」(1972年/作詞:なかにし礼、作曲:平尾昌晃)。どうしても渚ゆう子~ベンチャーズ路線の印象はぬぐえないですが(汗)それでもナイス・ソングでしたよね!やっぱり魅力的な声してるわぃ!






ブルー : 渡辺真知子

渡辺真知子:時の贈り物~ベストセレクション
01 かもめが翔んだ日
02 メソポタミア・ダンス
03 哀愁トラヴェラー
04 愛さずにいられない
05 寒い夏
06 たかが恋
07 ブルー
08 アンタ
09 バラードが聴こえる
10 迷い道
11 唇よ、熱く君を語れ
12 愛することだけすればよかった~
13 心の距離

ジャケットは渡辺真知子の「時の贈り物~ベストセレクション」(1995年/レンタル入手)。

この「ブルー」(1978年/作詞、作曲:渡辺真知子)に関しては決して忘れていたわけではなく、私にとっては今でも渡辺真知子の№1ソング。車専用SDカードに入っているので車中が長いと必ず一度はかかります(笑)。まぁこの曲を知ってからというもの何故か彼女の曲はこれしか聴かないと言えるほど好きになっちゃいました!

で、”ブルー”という言葉を人の感情として曲のタイトルにしたのは私が最初だ!みたいなことを番組では言ってましたが実際はどうなんでしょ?まぁそれはそれとして(笑)これも間違いなく名曲ですよね!


渡辺真知子&松岡直也

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント