☆平尾昌晃さん逝く...♪荒野の果てに - 山下雄三

作曲家、歌手の平尾昌晃氏死去。享年79。

ちょんまげ天国ちょんまげ天国

ジャケットはTV時代劇音楽集「ちょんまげ天国」(2002年)。

子供の頃は音楽と言ってもTVのアニメや歌番組で聴くぐらいだったのでまぁほとんどが歌謡曲などの歌もの。なので作品の一つ一つは「曲」というより「歌」という意識が強く当然ながらその作品は歌手のものであり、(そこそこの年齢に達するまでは)作詞家、作曲家に思いが至ることはなかったですね。

で、作曲家:平尾昌晃を意識した最初の曲は何だったかと思い返してみるとやっぱり「夜空」(1973年/歌:五木ひろし、作詞:山口洋子、作曲:平尾昌晃)かなぁと。レコード大賞も取っているし、また演歌を聴きはじめたのもこのあたりからだったのでたぶんそんなとこだろうと。当時五木ひろしが歌っていた曲はポップス調のノリのよいものが多かったのでまぁこういう演歌なら楽しめるよなぁとその頃から何となく平尾昌晃を意識するようになって行ったような気がします。ちなみに私はロカビリー時代は知らないのでもちろん作曲家としての存在だけでしたけど。私にとって「ミヨチャン」はドリフターズの曲だし(汗)。そう言えばゴルフ番組でもよくお見かけしたかなぁ...。

じゃぁ特に印象に残っている曲はなにかと考えるとまずは「カナダからの手紙」(1978年/歌:平尾昌晃・畑中葉子、作詞:橋本淳、作曲:平尾昌晃)かな。あたりまえか、ご本人が歌ってるんだから(笑)。とにかく大ヒットしましたよね!

そしてもう1曲は何てったってあの必殺シリーズ第1作「必殺仕掛人」の主題歌「荒野の果てに」(1972年/歌:山下雄三、作詞:山口あかり、作曲:平尾昌晃)が印象深い!実はこの曲、2度目の登場です(汗)。無類の時代劇好きだった私は「遠山の金さん」(中村梅之助主演が好きでした)、「銭形平次」(大川橋蔵と香山美子は理想の夫婦だったなぁ...笑)、「破れ奉行」(萬屋錦之介かっこいい~!)など再放送も交えよく見てました。特に初期の必殺シリーズはお気に入りで、悪党を成敗するそれも恨みを晴らす復讐劇仕立てが好きだったんですよね。ほぼ同じストーリー展開のマカロニ・ウェスタンが好きになったのもある意味必然かも(笑)。

必殺シリーズの平尾作品としては第4作「暗闇仕留人」のテーマ「旅愁」(1974年/歌:西崎みどり、作詞:片桐和子、作曲:平尾昌晃)がよく知られるところですが私は断然「荒野の果てに」押し。この行け行け感と男の哀愁が何とも言えないんですよね。とにかく他にも布施明への作品など忘れられない平尾作品は多いですが私は心の1曲として「荒野の果てに」を上げさせていただきます...ご冥福をお祈りいたします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2017年08月02日 10:20
カルロスさん
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
平尾昌晃さんの追悼番組を、BSで観ました。
作曲家としては、「霧の摩周湖」布施明が印象的です。
それと、必殺シリーズですね。
この「ちょんまげ天国」アルバム持ってますよ。
「荒野の果てに」のイントロのトランペットがすごく印象的ですね。
梓みちよ「二人でお酒を」小柳ルミ子の作品や、五木ひろし、中条きよし「うそ」、西崎みどり「旅愁」などヒット作品いっぱいですね。
2017年08月02日 20:06
うぉぉぉ~~~!「ちょんまげ天国」お持ちでしたか!
昔はTVの時代劇と言えば一般的な娯楽でしたからね。
こういったアルバムも聴きたくなりますよね(笑)。

やはり「霧の摩周湖」は傑作ですよね!