☆だからジャニスの何なのさ!

Songs of Janis JoplinSongs of Janis Joplin

ジャケットは、「Blues Down Deep : Songs of Janis Joplin」(1999年)。
ブルース&ソウル・レコーズ:№131

表紙は、「ブルース&ソウル・レコーズ:№131」(2016年10月号)。

昨年は映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』が公開され、雑誌「ブルース&ソウル・レコーズ」でも特集が組まれるなどJanis Joplinが少々話題に。そう言えば最近は見かけなくなりましたがCM(化粧品だったかな?)でも彼女の歌が流れてたような...。本日はそんなJanis Joplinに関連した面白いアルバム「Songs of Janis Joplin」をご紹介!もちろんこれはJanis Joplinのオリジナルではなくカバーもので、ちなみに他にも「This Ain't No Tribute」シリーズとして、 Led Zeppelin、Eric Clapton、The Rolling Stones、Bob Dylanの4組のアーティストに対するものがリリースされているらしいです。

で、その「This Ain't No Tribute」の意味が???自分はジャパニーズ以外まったくだめな人なので当然といえば当然か(笑)。調べてみると”~Ain't No~”がかなり俗っぽい否定表現らしく、訳としては「これはトリビュート何かじゃないぜ!」みたいな感じでしょうか。つまり「トリビュート何てもんじゃないぞ!」という逆にトリビュートを強調したような意味になるんじゃないかと思うのですが、ん~実際はどうなんでしょ。

だからジャニスの何なのさ!(笑)

誰にも真似できない孤高の存在と言えるJanis Joplin。このアルバムに彼女の世界を期待するのはむろん無理なことなので、やはりここは彼女の名作を歌うソウル、ブルース・シンガー個々の個性をじっくりと味わいたいところ。私には馴染みのないシンガーもいますが、結構つくりはポップで聴きやすくもちろん歌声はそれぞれに素晴らしい!何曲か貼っときますので楽しんでね~!

Move Over(ジャニスの祈り) / Tad Robinson


Ball And Chain / Etta James


Piece Of My Heart(心のかけら) / Otis Clay


Me & Bobbie McGee / Syl Johnson


Mercedes Benz(ベンツが欲しい) / Taj Mahal

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント