♪ジ・エンターテイナー - 映画「スティング」より

NHK3万2千人リクエスト:映画音楽大全集
NHK3万2千人リクエスト:映画音楽大全集

ジャケットは、「NHK3万2千人リクエスト:映画音楽大全集(2LP)」(1980年?)。

おそらくこれが最初の映画音楽集。一応リクエスト集計によるものなので人気の名曲は一通り揃っているかと。オリジナル音源ではないですが、この頃はまだオリジナルにこだわってなかった、というよりはあまりよくわかってなかったので(汗)とにかく不満はなかった。

で、その映画音楽を意識するようになったのは、パーシー・フェイスの「夏の日の恋」(1960年)、カーメン・キャバレロの「愛情物語」(1956年)、ビクター・ヤングの「エデンの東」(1955年)といった作品。たぶんポール・モーリアがきっかけだったかな。まぁ今も昔も映画そのものは見ないのでイージーリスニングも映画音楽も似たような存在だったんでしょうね(笑)。

その後惹かれた映画音楽と言えばやはりフランス映画のテーマ。一つ一つその音源を買って聴くようなこともなかったですが、流れてくる「白い恋人たち」(1968年)、「男と女」(1966年)、「巴里の空の下セーヌは流れる」(1951年)、「シェルブールの雨傘」(1963年)といった作品に心躍ったもんです!ストーリーを知らなくても音楽だけでおしゃれな感じが伝わってくるのがいいですね!「エマニエル夫人」(1974年)なんてエグい作品もあったし(笑)。

で、そんな思い出の作品も収めたこのアルバムでもう1曲あげるとすれば映画「スティング」のテーマである「ジ・エンターテイナー」。原曲はスコット・ジョプリンのラグタイムだそうですが、まぁ見てない人が言うのも何ですがこの曲を使うなんてナイス・センス!(笑)さすがアメリカ産、これは楽しい!このアルバムにはオーケストラ演奏が収録されてますがやっぱりピアノ演奏↓がいいっすね!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント