☆ジャズ・ピアノ1:♪Sometimes I'm Happy - Walter Bishop Jr.

今年から何か新たに始めようかと思いつつもう2月も終わりに(汗)。結局始めたのは「冷やし中華」じゃなく「ジャズ・ピアノ」ってか(笑)。ジャズではピアノ・トリオを好んでいたこともあり、ピアノ演奏で気に入った音源を紹介することにしました。本来ならトリオに限定にしたいところですが、すぐに息切れしそうなのでとりあえずジャズ・ピアノで。自分もジャズの大ファンとは言えず、まぁちょっとジャズの名演からは少々ずれた視点になるかもしれませんがそれもまたいいんじゃないでしょうか。作品の解説などは出来ませんが聴いて楽しんでいただければと思います。出来るだけジャズ・ファンのみならず音楽ファンなら誰でも楽しめそうな作品を紹介したいですね。

第1回はこちら↓から。

Speak Low + 3Speak Low + 3

ジャケットは、Walter Bishop Jr.の「Speak Low + 3」(1994年/オリジナル:1961年)。

Walter Bishop Jr.はあまり有名なピアニストではないかもしれませんが、この「Speak Low」はピアノ・トリオの名盤としてはよく取り上げられるアルバム。ダイナミックでゴージャスなピアノとびんびん響くベースが心地いい!

特に「Sometimes I'm Happy」はその名のとおりリズミカルでハッピーな演奏であり、普段ジャズを聴かない人でも十二分に楽しめるんじゃないでしょうか。ぜひ一度!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント