☆今年も紅白は「東京五輪音頭」ってか?

・時事ネタその1

紅白の曲目、発表されましたね。

最近の歌謡界の人気には疎い方なんですが、今更ながらJUJU出演という目はなかったんですかね。結構活躍していたように思うので、個人的には見てみたかったアーティストの1人なんですが...。

まぁ、そんなこんなで毎年のようにいろんな意味で微妙~な紅白ですが、今年は、森進一の引退、高橋真梨子、島津亜矢の復帰、MISIAの出演などあって、(そこだけでも...汗)見ないといけない衝動に駆られているところですが、やっぱり今年も「東京五輪音頭」(1963年/作詞:宮田隆、作曲:古賀政男)なんですね。もしかして次の東京オリンピックまで続くんでしょうか。盛り上げたいのはわかるんですが、どうせなら全員でやったらいいんじゃないでしょうか。個人枠がもったいないですよね。あぁ~、伍代夏子なら「満月」(2000年/作詞:たきのえいじ、作曲:杉本眞人)が聴きた~い(笑)。



・時事ネタその2

先日の「新・BS日本の歌」(NHK-BSプレミアム)のスペシャル・ステージは吉幾三&夏川りみ。

いやぁ~、夏川りみの「雪国」(1986年/作詞、作曲:吉幾三)が新鮮だったですね~。吉幾三が苦笑いするほどの熱唱でよかったなぁ。もともと彼女が演歌デビューだったというのは知っていたのですが、聴くのは初めてだったのでちょっと感動しました。最近は演歌歌手のポップス・カバーが増えてきたので、その逆といえる?のか、彼女のフル演歌カバー・アルバムなどちょっと聴いてみたいところですね。



・時事ネタその3
ワインレッドの心

ジャケットは、安全地帯の「ワインレッドの心」(1983年:シングル・レコード)。

初めて「玉置浩二ショー」(NHK-BSプレミアム)を見ました。

ん~、玉置浩二は見るたびに風貌が違うんですね(笑)。そういえば安全地帯でデビューした当時の出で立ちはなかなかインパクトありました。

それはそうと、安全地帯といえばまずはこの曲「ワインレッドの心」(1983年/作詞:井上陽水、作曲:玉置浩二)。最初にラジオから流れてきた時に、絶対売れる!と思いましたね。速攻買いしました。陽水のまったりとした歌詞がまたこのメロディによく合うんだなぁ、これが(笑)。

ところで、このレコードを自分で買っといてなんですが、この曲がリリースされた頃は、まだレコードが主流だったんですね。安全地帯は完全にCD世代だと思ってました(汗)。ん~、時代感覚がかなり壊れ始めてるようで(笑)。ちなみに、世界最初のCD音源リリースは、1982年、Billy Joelの「ニューヨーク52番街(52nd Street)」と言われているので、この曲の頃から本格的にCD化へ向かっていったということなんでしょうか。





・時事ネタ追加

昨日の「SONGSスペシャル」(NHK)が井上陽水だったらしい...あちゃぁ~(汗)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント