♪(Ooh Wee) She'S Killing Me - Johnnie Taylor

Great Soul

ジャケットは、Johnnie Taylorのベスト「Great Soul」(1990年)。

最近は、クラシック音楽を聴くことが多くなってきたのですが、ただ、ブラック・ミュージックだけは、ひとたび火がつくと、なかなかその熱はさめやらないですね。

本日も、熱いソウルでいきましょう!

Johnnie Taylorは、以前紹介したSam Cooke同様、ゴスペル・グループ(The Soul Stirrers)に在籍した人で、ソロ転向後は、いくつかのレーベルからアルバムをリリースしてますが、これは、コロンビア時代のベスト盤。昨年暮れ、このジャケットと同じ写真のオリジナル・アルバム「Eargasm」(1976年)が、リリースされましたが(国内初CD化だそうですよ)、まぁ、インパクトのある写真なので、このベスト・アルバムに使いたくなるのもわかりますね。いい顔してます(笑)。

このコロンビア時代は、ディスコ全盛時代と重なって、このベストにも収録されている「Disco Lady」(←賛否両論あるみたいですね)といった作品があるように、比較的、他の時代より楽曲の作りがポピュラーで聴きやすくなっていると思うのですが、そんな中での一押しナンバーが「(Ooh Wee) She'S Killing Me」(1979年:同名アルバムより)。

とにかく、彼のファンキーな歌唱が味わえる名曲で、ロック調のギター、快調なホーン・セクションなどに支えられ、このジャケットのように、凄みのある、彼のボーカルが冴えます。とにかく、かっこいいので、お勧めですよ~。

それから、スタックス・レーベルで録音された、「Testify」(1969年のアルバム「The Johnnie Taylor Philosophy Continues」より)が、またまた、いかした作品なので、「(Ooh Wee) She'S Killing Me」が気に入った方は、こちらもぜひ!

(Ooh Wee) She'S Killing Me

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント