おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ブラームスの「高らかにハープの音が響く」とは?

<<   作成日時 : 2018/06/05 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブラームス:合唱作品集ブラームス:合唱作品集よりCD4
ジャケットは「ブラームス:合唱作品集(5CD)」よりCD4(録音:1978年?)。演奏はリチャード・ヒコックス指揮/シティ・オブ・ロンドン・シンフォニアほか。

先週のベルリン・フィル アワー(PrimeSeat)のメインはマーラーの「交響曲第3番ニ短調」。いつ聴いても最終楽章には感動する。やはりこの作品はここだけでいい?(汗)で、その前に演奏されていた1曲がブラームスの「高らかにハープの音が響く」。ちょっといいけど、なんじゃこりゃ?調べてみると「4つの歌(Vier Gesänge)」という2つのホルンとハープ、女声合唱という面白い構成の作品の第1曲らしい。

第1曲:高らかにハープの音が響く(作詞 : フリードリヒ・ルペルティ)
第2曲:いざ来たれ、死よ(作詞 : ウィリアム・シェイクスピア)
第3曲:花作り(作詞 : ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ)
第4曲:オシアンの「フィンガル」からの歌(作詞 : ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー)

「4つの歌」は詩の内容はそれほど穏やかなものではないようですが聴いた印象ではなかなか愛らしい15分ほどの作品で長閑な雰囲気のホルンと雅な響きのハープという癒やし効果抜群の伴奏と女声合唱は魅力的。なるほど第1曲は単独で取り上げられただけあって美しさもひとしおです。

この作品はこちらのアルバムにも収録されてました。
愛の歌〜ブラームス合唱曲集
ジャケットは「愛の歌〜ブラームス合唱曲集」(録音:1990年/レンタル入手)。演奏はジョン・エリオット・ガーディナー指揮/モンテヴェルディ合唱団ほか。

・愛の歌−ワルツ(全18曲)
・4つの歌
・3つの歌
・4つの四重唱曲
・5つの歌

いつ借りたんだか(汗)。とにかくこれは現役盤らしいので聴くならこちらですかね。あまり取り上げられることは無いと思われるのでぜひこちら↓から!


ジョン・エリオット・ガーディナー指揮/モンテヴェルディ合唱団ほか
第1曲 00:00〜
第2曲 03:14〜
第3曲 05:11〜
第4曲 08:20〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆ブラームスの「高らかにハープの音が響く」とは? おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる