おヒマなら聴いてね。

アクセスカウンタ

zoom RSS ♪雨の日の恋 - Stephen Bishop

<<   作成日時 : 2018/04/10 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Stephen Bishop/CarelessStephen Bishop/Careless
ジャケットはStephen Bishopの「Careless」(1976年)。

シンガーソングライターStephen Bishopを知ったのはArt Garfunkelがらみ。おそらくここに収められた「ある愛の終わりに…(The Same Old Tears On A New Background)」をArt Garfunkelがアルバム「愛への旅立ち(Breakaway)」(1975年)で歌ったのがきっかけ。とにかく二人は関係が深いらしいですね。

このアルバムはそのArt GarfunkelをはじめAlbert Hammond、John David Southerといったソフトな男性ヴォーカルに入れ込んでいた頃に購入したもの。彼のデビュー・アルバムだそうですが1曲目「On And On」から終始爽やかな歌声が魅力。アコースティック・ギター中心にピアノ、ストリングスなどアレンジもいい感じですね。参加ミュージシャンも豊富で特にギタリストはEric Clapton、Lee Ritenour、Larry Carltonなど豪華。

マイ・ベストは何てったって「雨の日の恋(Save it for a Rainy Day)」。クラプトンがソロで登場するホーンも入った一番軽快な曲で終盤Chaka Khanの少々やかましいバックがまた一興(笑)。「On And On」とともにこのアルバムの代表曲ですね。お勧めだよ〜!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
♪雨の日の恋 - Stephen Bishop おヒマなら聴いてね。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる